ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

アレルギーでもないのに湿疹?急性湿疹と診断されたときの話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
アレルギーでもないのに湿疹?急性湿疹と診断されたときの話

アレルギー持ちでもなく今まで湿疹なんか滅多に出たことがない人でも、稀に湿疹ができることがあります。というのも、数日前に私自身数年ぶりくらいに顔にひどい湿疹ができたんですよね。

症状はというと、両目の周りを覆うくらいの範囲で赤みが広がりかゆみが出る、というものでした。

湿疹ができた原因について心当たりのあることも全く無く、食事や生活習慣は今までと全く変わらずだったのでわけがわかりませんでした。ただ数年ぶりと言っても以前もできてキレイに治っているのだから、今回も何日か放っておけばきれいに治るだろうと分ではいたんですよ。

しかし身内が「跡が残ったら困るから皮膚科にいってこい」と言うので仕方なく皮膚科に行くことに。診て貰った結果、急性の湿疹だろうと判断されステロイド軟膏を渡されました。

スポンサーリンク

急性湿疹の原因ってなんなのさ?

急性湿疹で原因不明ということを考えるとちょっと腑に落ちないので、少し調べてみたところストレスで湿疹が起こることもあるようですね。まあ原因がわからないからとりあえずストレスのせいにしておこうみたいな掃き溜め感はありますけど。

私の場合湿疹ができる前もできてから治るまで全く変わらない生活習慣でしたので、まさしく原因不明という状態でしたね。

私自身アレルギーやアトピーはなく、自分のなかで心あたりがあることと言えばやはりストレスくらいしかなかったです。(有機溶剤を使った作業をしていたのですが、それは前から行っていることなので恐らく無関係)

ストレスがどんなものかというと、食事の好みの違いによって食べたいものが食べられないと言ったことくらいですかね。恥ずかしいことに思い当たるのは家庭内ストレスです。高齢者との生活では高齢者の好み方が優先されるので、毎日精進料理のようなものばかり食べてるんですよね…。別に自分で好きなもの作って食べればええやんって思うかもしれませんが、そうすると「私の作ったものは食べないのか」とグチグチ嫌味を言われるので、仕方なく何もしないのです…。一言で言うのは簡単ですが、ここでは説明しきれません。

食事を作っているのが昔の人なので好みが全く違うのです。なんかもう精進料理でもここまでしねーぞってくらい品数が少なく、お肉も食べられない。(ほぼ毎食魚)おまけに食事中の空気は超悪く文字通りメシマズ…という状態が長く続いているのでストレスが溜まるのもしゃーないわけですが。作ってもらっている身で文句言うなって話かもしれませんが、自分で作るとなっても文句を言われるのです。「お前が作ったものは肉が入っているからいらんわ…(普通の野菜炒めでも)」とかね、ひどすぎじゃないの?と。

うちのお年寄はなぜかお肉が大嫌いなんですよね。健康を悪くする諸悪の根源みたいに捉えているフシがありますが、栄養素をバランス良く摂取するために肉も必要と説明しても考えが変わらなかったのでもうお手上げなんですよ…。

こういうところから現在の家庭内ストレスにつながっているので根深く、改善することは難しいでしょう。

なので今後も似たような肌トラブルとか健康トラブルは起こるんじゃねぇかな…とは考えています。「健康的な食事でも雰囲気や内容が最悪だと健康を崩した」って内容でブログ書けそうな予感がします。いや、駄目なんですけどね。

湿疹が治るまでの期間

皮膚科で診てもらい「5日間ステロイド軟膏を朝晩塗って様子を見て下さい」と言われたので実際にそうしてみたところ、4日目には多少赤みは残るものの、ほとんど治ってしまいました。1週間後にはもう完治していましたね。赤みや跡も全く残っていません。

5日目に再度皮膚科で診てもらったところ「もう大丈夫そうなので処方した軟膏は一切使わないで下さい」と言われました。ステロイドには副作用がある(皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張する、塗ったところの免疫を抑えてしまう)のでとのこと。

再発した時は別の薬で試してみようというお医者さんの方針というのもあるのでしょうね。

使ったステロイド軟膏は?

今回私が処方されたのはロコイド軟膏です。皮膚科で処方される中では弱い薬で、軽いアトピー性皮膚炎などに使われているようですね。

上でも書いたように、ステロイドには副作用があるのでなにもない時に常用しては駄目です。私が処方された軟膏は半分以上残っている状態なので捨てるのももったいない…ということで、とりあえずは薬箱に入れておきます。また皮膚科に行くほどでもない程度の湿疹が出た時に使えますからね。まあ本当は良くないんですが、病院に何度も行くのは面倒くさいので…。

ステロイド軟膏も最初は弱いものから使い、それでも治らなければ強いものに変えていくのだそうです。もし皮膚科で出されるステロイドの強さが気になるのならその場でどのくらいの強さなのか効いてみるのも良いでしょう。

まとめ:急性の湿疹は1週間もすれば完治した!

湿疹は顔にできるとひどい見た目になってしまうため、早めの対処が必要になります。私の場合は皮膚科で処方されたステロイド軟膏を使うことで1週間で完治しました。

もちろんそううまくはいかない場合もあるため、早めに治したいのであれば最寄りの皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

1週間なんて忙しくしていればあっという間ですから、薬をつけながら気にせず日常生活を過ごすように心がければ、気がついたら治ってたってことも十分あり得る話です。あまり憂鬱な気分にならず普段通りにしていれば問題ないので、さっさと治してしまいましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top