ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

数年間夜ランニングしている俺が「継続」するための秘訣とコツを伝授するぞ!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
数年間夜ランニングしている俺が「継続」するための秘訣とコツを伝授するぞ!

ダイエットや体型維持のためには不可欠なのが有酸素運動。ウォーキングよりも効率的に行おうと思ったらまず思い浮かべるのはランニングですよね。

私もダイエットの時期になると毎年有酸素運動を取り入れるのですが、メインとなるのはランニング/ジョギングです。

ダイエット目的でランニングをする上でもっとも注意したいことってなんだかわかりますか?

正解は、続けることです。

でも意外とこれが難しい!数日走ってもう無理だ!となるのはランニング初心者や再開した人に多く当てはまることでしょう。てか私もそうですし。

夜間のランニングは意外と続けやすいのですが、それでも音を上げつつある人に向けて、夜ランニングを続ける秘訣をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

夜ランニングはそもそも継続しやすいもの

まず最初に主張しておきたいことなんですが、夜のランニングは基本的に続けやすいんです。

その理由を端的に箇条書きで説明しよう!

・暗いので顔や体型を見られる心配がない
・仕事や家事が終わったあとなので時間を確保しやすい
・あとはお風呂に入って寝るだけだから汗が出ても問題ナッシング
・日中よりも涼しく運動しやすい

これらのメリットにより、夜ランニングは継続しやすいんです。朝にランニングしようと思っても、早朝に起きるのはキツイし、汗でベタベタするとシャワーしなきゃいけないし、そんなことしてると時間もないし…となるので、まず継続して行うのは無理でしょう。

従って、平日にランニングするなら迷わず夜するのがベストな選択なのです。
にもかかわらず、なぜ継続できないのか?

夜ランニングが続けられない理由

夜のランニングが続けられない理由は人によって様々だと思います。

が、私が以前続けられなかった理由は以下でした。自分にも当てはまってるじゃん!と思う方はそれぞれの対処法を見て、走り方を変えてみましょう!

食事直後に走ってしまって気持ち悪くなる

はーご飯食べた食べた、よっしゃ走ろう!と威勢よく飛び出してきたは良いものの、いざ走ってみるとめっちゃ苦しくて胃の中のものが喉まで上がってきた…って経験のある人、居るんじゃないですか~?

夜走ると毎回気持ち悪くなる…という場合、食事の直後に運動を始めているケースがほとんどです。継続して夜ランニングをしたいのであれば、食事量と休憩時間には必ず気を配りましょう

夕食を食べてから走るのであれば、腹八分目を目安にして食後から30分~1時間後を目安に走るのをおすすめします。

ランニングの参考書などをみると、「食後から1時間後~2時間後」と書いてあるものもありますが、腹八分~六分くらいで控えめの食事量にしておけばそれほど時間の間隔を開ける必要はありません。

食事量と運動までの時間間隔を上手くコントロールすることが、夜ランニングの最も重要な秘訣です。

運動時間にとらわれすぎている

そして次に注意したいのが運動時間です。巷では30分程度運動しないと脂肪は落ちない(実際はそうでもない)と言われていたから、「最低でもそれくらいは走らなきゃいけないのか…」と思って走るとしましょう

でも実際30分て最初の頃はキツイんです。それに、走った後にまだやらなきゃいけないことが残っている場合は疲労感からやる気を失ってしまったり、やっぱり時間が足りない!となって諦めてしまうことも考えられます。

現実的に考えるとランニングは続けることに意味がありますので、時間がない、あるいは体力的に厳しいという理由で毎日30分走れないのであれば無理に30分走る必要は全くありません。というか無理して走らなくていいです。

無理に走ろうとするとストレスが生じてしまい、無意識のうちにランニングそのものを避けるようになったりやらない理由を作ろうとしてしまいます

そうなると継続云々の話ですらなくなるので、夜ランニングを苦痛にならないようにすること、これが重要です。

なので、夜に予定があるなら別に時間にとらわれず、20分や10分など短めで切り上げてもいいんです。続けることに意味があるのですから。

疲れすぎて走る気力も起こらない

連日忙しくて夜時間があっても走る気力が起きない…そんな場合は、まずは自分がどうしてランニングしようと思っていたのかを思い出したほうが良いですね。

もちろん疲れているのであれば休めば良いのですが、休みグセがつくと継続できなくなります。なので、連続して走っていないなと思った時は、今一度自分がなぜランニングを始めたのか?を思い出すようにしてほしいです。

理由は様々でしょう。痩せて格好良くなりたい、好きな人に振り向いてもらいたい、太りすぎてヤバイ…そういった気持ちを思い返して、モチベーションを高めてほしいな~と思います。

走っている場所が真っ暗過ぎて怖い、人通りがなさすぎる

ランニングをするにしても、真っ暗な場所で行うのは得策ではありません。下手するとケガをしたり事故に巻き込まれたりする可能性もあるから。

夜にランニングをするのであれば、可能な限り自分以外のランナーがいる場所や、街頭があり人通りも少なくない場所で行うほうが安全です。

人通りのないところとか真っ暗なところを走るのはマジで怖いです。ランニングなんかする気起きないですよ。自分の家の周辺がそんな具合なら別の場所で行うようにしたほうが良いです。

個人的なオススメはスポーツ施設の周辺、夜間でもそれなりに人がいる公園の周辺あたりが穴場スポットだと思います。

夜ランニングは基本続けやすいので、続かない原因を一つずつ取り除こう!

ランニングを続けるのは大変か?と聞かれれば、別にそうでもないと個人的には思います。日中にランニングするのが当然という状況であればそりゃ大変ですよ、だって暑いしヘロヘロになってる姿を明るい場所でみられてしまいますし。

でも夜ランニングであればそういった恥ずかしい姿は暗がりで見えないですし、涼しいので運動環境的にはバッチリなんですよ。

自分がなぜ続けられないのか?という原因をつぶしていけば、いかにズボラなヤツであろうと夜ランニングは続けられると私は思ってます。もちろん無理は良くないですけどね。

自分でダイエットや体型維持の目標を立てたのなら、無理のない範囲で夜ランニングを続けてみてください。きっと3ヶ月後くらいには見違える体型になっているはずですからね!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top