ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

WINZONEホエイプロテインをレビュー!水にすぐ溶けあっさりと飲みやすいぞ!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
WINZONEホエイプロテインをレビュー!水にすぐ溶けあっさりと飲みやすいぞ!

プロテインて必要摂取量をきっちり飲もうとすると、思っているよりも沢山水が必要になる場合がありますよね。
水の量が少ないと味が濃ゆすぎたりうまく溶けてくれなかったりするため、しゃーなしで多めの水で混ぜたりするんですが、水の飲み過ぎで頻繁にトイレに行くハメになる…てのはよくあること。

特に就寝前の一杯のせいで、夜中にトイレに行くのが習慣になると質の良い睡眠とは程遠い生活となってしまいます。できれば必要な水の量が少なめでも多くの栄養成分を摂取できれば最高なわけですが、今回レビューしてみるWINZONEのホエイプロテインはビタミン、ミネラルがバランス良く配合されているプロテイン。

ここでは他社プロテインとの栄養成分比較を行いつつ、私が実際に使用してみたWINZONEホエイプロテインの感想をお伝えしていきます。新しいホエイプロテインを使ってみたいけど何が良いかな?と探している人の参考になれば嬉しいです。

WINZONEホエイプロテインの公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

WINZONEホエイプロテインは栄養価が優れている

まず最初に注目しておきたいことなんですが、最初に書いたようにWINZONEのホエイプロテインは他社のプロテインと同様にバランスよくビタミン・ミネラルが配合されています。

とりあえず他社プロテインとの比較用に栄養成分を独自にまとめてみました。

WINZONE以外のプロテインですが、

・SAVASホエイココア
・SAVASウェイトダウンヨーグルト
・DNS ACTIVEホエイ

の3種類との比較です。21gあたりの栄養価を見てみるとウェイトダウンヨーグルトが最も高いのですが、栄養素の種類を見るとウェイトダウンヨーグルトとほぼ同じなんですよね(ウェイトダウンヨーグルトにはもうひとつガルシニアエキスが含まれていますが)

ビタミンA、ビタミンEは他のプロテインよりも多く含まれています。
ただ、ビタミンB1、B2、B6あたりは誤差の範囲ではありますがやや少なめの配合となっています。

また、ミネラルも鉄、マグネシウムとも少なめの配分となっていますので、激しく汗を流す運動よりもLSDを意識したジョギング/ランニングや筋トレなど遅筋を鍛えるトレーニング向けなんじゃないかなと感じました。

とはいえ、どんなトレーニングでも活用できるように十分バランス良い栄養成分の配合となっているので、微妙な栄養成分の違いよりもいコスパを気にする方はWINZONEホエイを選ぶのが正解だと思います。

他にはない必須アミノ酸、非必須アミノ酸の数値を明記!

SAVASなどでは「必須アミノ酸9種類を配合!」とは書いてあるものの、どの成分がどの程度配合されているのか?についてはパッケージにもウェブにも全く記載がありません。まあ実際には特に知る必要もない情報なのですが…。

「アミノ酸スコア100」と書いてあるのでとりあえず9種類の必須アミノ酸が基準値以上では含まれている…というのはわかるんですが、それ以上は不明だったのです。WINZONEのホエイプロテインは、9種類の必須アミノ酸、9種類の非必須アミノ酸それぞれの含有量を記載しています。

(※右の表のビタミンB4はビタミンB6の記述間違いのようです。アルギニンやシスチンなどの非必須アミノ酸がかつてはビタミンB4とされていましたが、現在は別物として扱われています。)

もちろんこれらの表示は絶対必要というわけではないのですが、やはり書いてあると安心して使えるんじゃないでしょうか?

同封のパンフレットの最初のページには、WINZONEホエイの特徴を簡単にまとめてあります。

この中で個人的にすごいなと思ったのは、水への溶けやすさですね。これはほかのプロテインを使ってきた人なら実際にすごいなと実感できると思います。

プロテインって冷たい水だと結構ダマになりやすかったりして意外と溶けないことも多いんですが、WINZONEのホエイプロテインは冷たい水でもサクッと溶けてくれるので、運動後に冷たいプロテインを飲みたいという場合でも美味しく飲めるのがいいなぁと感じました。

WINZONEホエイは少ない水の量でもすぐ溶けてダマにならないぞ!

では実際にどれくらい溶けやすいのか、見ていきましょう。

WINZONEホエイはとにかく粒子が細かいのが特徴で、シェーカーに注ぐときにゆっくり移さないと粉塵が舞い上がるくらいには細かいです。

ホエイプロテインは溶かす前からベタッとした質感だったり脂っぽいのが特徴なのですが、このプロテインにはそれがなくものすごくサラッとしているんですよね。

とりあえず250mlの水に付属スプーンすりきり2杯を入れます。このときダバっと入れるとめっちゃ粉が舞うのでゆっくり移しましょう

とりあえずシェーカーの蓋を締めて、適当に混ぜます。

この時点で混ざりにくいプロテインは何かしら固まりができているものなのですが、WINZONEは全然固まりにならず250mlという少なめの水でもサラッとした質感をキープしたままでした。

混ぜ終わった状態です。まあ普通に直後は泡立ちがそれなりにあるんですけど、1分ほど置いとけば消えますし、別にそのまま飲んでも構いません。

WINZONEホエイはソイプロテインのようなあっさりした飲み口かつ甘すぎない味付け

飲んだ感想なんですけど、とにかく飲みやすい!その一言がまずでてきます。

色々とプロテインを飲んできて、最終的に薄味のプロテインが好きになったから思うんですけど、一番人気のプロテインと思われるSAVASって、薄味に慣れた今飲み返してみるとかなり甘いんですよね。味も濃い。

もちろんまずいというわけではないし、むしろ美味しい部類のプロテインなんだけど、薄味のプロテインに慣れてしまった現在ではあまり進んで飲みたいとは思わないんですよね。

その点WINZONEのホエイプロテインはマイルドチョコ風味でかなりあっさりとした味付けで、SAVASホエイやソイのココア味と比べると8割は薄い味だと思って構いません。

濃い味が好きな人にはピンとこないかもしれませんが、甘ったるかったり濃すぎるプロテインが苦手って人にはちょうどいい塩梅の味だと思うので、そういう方には文句なくおすすめかなと感じますね。

WINZONEホエイプロテインの公式サイトはこちら!

WINZONEホエイは公式通販でまとめ買いするとちょっと安くなる

WINZONEブランドはなにげに上場企業である日本新薬という会社が出しているスポーツブランドなんです。だからかわかりませんが、Amazonでも取扱いがあるんですよね。

Amazonでの価格は1kgあたり3,350円なんです。SAVASあたりと比較すると安価ですね。公式サイトで3袋まとめ買いなら送料も無料になり、一袋あたりの値段も地味ですが安いです。

まあ費用的なことは置いておいても、実際に飲みやすいプロテインであることは変わりませんし、お試しで使ってみるのも全然悪くないかな~と個人的には思います。

・いつも同じプロテインばかりで飽きた
・濃い味のプロテインよりも薄味の方が飲みやすく感じる
・少ない水の量でも美味しく飲めるプロテインを使いたい
・ダマになるプロテインはもういやだ

今使っているプロテインに上記のような、ちょっとした不満があるのなら、きっと満足できるはず。

なので、まずは一度使ってみてどんな味・質感なのかを自分でしっかり試してもらいたいなと感じるプロテインでした。

WINZONEホエイプロテインの公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top