ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

飲むだけで燃焼サポート!WINZONEエナジーエナジータブレット口コミレビュー!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
飲むだけで燃焼サポート!WINZONEエナジーエナジータブレット口コミレビュー!

WINZONEエナジーエナジーにはスティックタイプとタブレットタイプ、そしてジェルタイプの3種類があります。

ジェルタイプは運動中に飲むタイプで、スティックタイプは運動前、運動後に飲むことで、脂肪をエネルギーとしての有効活用が期待できるわけですが、ではタブレットタイプはというと?

実はタブレットタイプもスティックタイプと同じよう運動前後に飲むことで、効率の良い脂肪の燃焼が期待できます

というのもエナジーエナジータブレットは6粒あたりで500mgのヒドロキシクエン酸(ガルシニアエキス由来)が摂取できるから。

なので、ヒドロキシクエン酸を摂取するという意味ではタブレット6粒とスティック1袋、どちらでも同じ効果が期待できるのです。

だったらタブレットの方がコスパもいいしお得じゃん!と思うかもしれません。タブレットなら毎日6粒飲んでも31日分あります。

対してスティックは15本だけなので、コスパを考えるとタブレットの方に軍配が上がります。

問題は飲みやすさと持ち運びのしやすさでしょうか。

タブレットタイプはそのまま大きい袋で持ち運ぶには不便ですし、水がないとすぐに飲めないといった弱点があります。対してスティックタイプは手軽に持ち運べますし、水なしでもそのまま飲めるのでものすごく便利なんですよね。

なので、使い方を考えておすすめできる人を振り分けるとするなら、

■スティックタイプ
運動前に即飲めるので、長時間の運動で脂肪をエネルギーとして燃焼したいハードな運動がメインの方や、マラソンなどの大会で記録を残したい方向け

■タブレットタイプ
とりあえず好きなタイミングで飲んで、日常生活のなかの小さな動きでもより効率よく脂肪をエネルギーとして消費したい方など、軽い運動や日常生活のなかで気軽かつ効率的にダイエットしたい方向け

…といった具合になるんじゃないかな~と個人的には感じました。

もちろん人によっては組み合わせて使うのもいいと思いますが、費用対効果を考えるとダイエットが主目的の方はこのタブレットだけでも問題ないんじゃないかなと思います。

WINZONEエナジー×エナジータブレットの公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

WINZONEエナジータブレットを使ってみたぞ!

というわけで、よくわからなければ実際に使ってみるか!と思いたち、タブレットも用意しました。

原材料や栄養成分は以下の通り。

このサプリのメインは、ガルシニアエキス由来の「ヒドロキシクエン酸」という成分で、脂肪をエネルギーに変換する働きがあります。

最初に書いたとおり、6粒あたりに含まれるヒドロキシクエン酸は500mgでスティックタイプと同量。それでいて、目安量を毎日飲んでも31日分あるということを考えればコスパはかなり高いです。それについては後半でまとめますね。

中身はというとこんな感じです。1袋に186粒入っていますから、結構な量ですよね。こう言うとあれですが、運動時にこれを持ち運んで、よっしゃこれから走るぞ!という直前に飲むのは正直面倒くさいです。なので、予め自宅で飲んでおくといった必要がありますね。

一粒あたりの大きさなのですが、かなり小粒のサプリメントですね。去年あたりによく飲んでいたHMBサプリは一粒がものすごくデカかったのですが、それと比較すると豆粒のような(笑)小ささ!

小さいということは当然喉に引っかかって気持ち悪くなる、ということも少ないですからストレスなく飲めると思います。

クエン酸と言う割には味やニオイは全く無いので、その意味でもスルッと喉を通るはず。

WINZONEエナジー×エナジータブレットの公式サイトはこちら!

WINZONEタブレットのコスパは高いのか?

手軽さ、飲みやすさの面では一般的な粒タイプのサプリと変わらないのですが、ダイエット系サプリとして見るとどうでしょうか。

認知度の高い酵素系のサプリだと、平均的には3000円~5000円程度ですよね。これってぶっちゃけ高くないですか?

酵素系のサプリも実際には運動しなきゃ意味がない!ってのが大半ですしね。そう考えると飲んでも飲まなくてもあまり変わらない…ということも考えられます。なんか販売してる会社も知らないところばかりだしイマイチ信用出来ないかな…ということも。

それに対しWINZONEエナジーエナジータブレットを販売しているのは東証一部上場企業の日本新薬。100年ほどの歴史があり医薬品など多数販売している実績がある会社なんですよ。それだけでも全然印象が違いますよねぇ。

価格も一袋あたり2480円(税込)で、公式サイトの定期購入だと1980円(税込)とかなりお得になりますからね。

WINZONEタブレットは脂肪をエネルギーに変換するヒドロキシクエン酸の働きに注目し、普段どおりの日常活動の中でも脂肪を燃焼できないか?と考えられて設計されているようです。

ヒドロキシクエン酸は摂取するだけで脂肪のエネルギー変換が始まりますから、運動や運動に値する活動のサポートになるんです。脂肪がエネルギーとして活用できるというのはダイエットの観点から見ても嬉しいですね。

じゃあ脂肪が変換されたエネルギーはどこで消費すればいいの?というと、日々の家事や仕事など日常活動の中で消費すればいい、というのがWINZONEタブレットの考えなんです。

公式サイトを見てみると、ジョギングなどの運動を30分するのと家事や仕事を1時間程度こなすのはほぼ同程度のエネルギー消費となるというのがまとめられています。

エネルギーの消費時間だけを見ればジョギングしたほうが早いのですが、効率性を考えると運動しなくても日常活動で運動と同程度のエネルギー消費となるならそっちのほうが良いですよね。

特に、「運動しても続かない」とか「家事も仕事も忙しくて運動時間を確保できない!」という方ほど、このエナジータブレットを活用することでより効率的にダイエットできることが期待できるわけです。

あ、もちろん運動した方が更にダイエット効率アップに繋がるのは言うまでもありません。

WINZONEエナジータブレットはどうやって使えばいい?

ではこのWINZONEのエナジータブレット、どうやって活用してやれば良いのか?ですけど、2つのケースを考えてみました。

運動する時間がない、運動するのが面倒くさい場合

運動時間を確保できないとか、そもそも運動が面倒くさいという方は最も活動量が増える時間帯の前に飲む習慣をつけると良いでしょう。

家事や仕事が忙しい場合は朝食後に飲んでおくことで、より効率的に脂肪燃焼につなげることができると思います。

また、食前に飲むことでガルシニアエキスの働きにより摂りすぎた糖質が脂肪として蓄積されるのを防ぎます。余った糖質はグリコーゲンとして体に蓄えられるので、忙しい日々でも疲れにくくなることが期待できますね。

これらを鑑みて、朝食前に3粒、夕食前に3粒程度飲むというのも良いかもしれません。

適度に運動する時間を確保できる場合

運動する時間が確保できるよーという方は、運動前に摂取しておくのが望ましいですね。ヒドロキシクエン酸の働きにより、燃焼しにくい脂肪を素早くエネルギー変換してくれるため、通常よりも効率よくダイエットにつなげることが期待できます

この場合は運動前に6粒摂取し、運動後にしっかりとプロテインを飲むというのを習慣づけるだけで自然と脂肪が落ちてきて引き締まったウエストになってくるはずです。

まとめ:WINZONEエナジータブレットは運動が面倒くさい人にこそ使って欲しい

運動なんかする時間ない!とか、毎日の家事で運動どころじゃない!
…そりゃごもっともです。そんなあなたには、運動ではなく日常活動で消費するエネルギー量を増やす、というのが最適解かもしれません。

それに加えて多少の食事制限と週末に軽い運動を習慣づけるだけでも、数ヶ月後にはウエストにかなりの違いがでてくると思いますよ。

女性の場合は運動するよりも食事改善などの方がうまくいく、という話も聞きますので自分には運動でダイエットとか向いてない!という方はこのWINZONEエナジーエナジータブレットを活用することで、うまく脂肪を燃焼できるかも!?

気になる方はぜひチェックしてみてもらえたらと思います。

WINZONEエナジー×エナジータブレットの公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top