ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

金剛筋HMB口コミレビュー!クレアチンやBCAAで更に筋トレ効率化!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
金剛筋HMB口コミレビュー!クレアチンやBCAAで更に筋トレ効率化!

HMBサプリといえば、筋トレを効率的に行うためのサプリメントですよね。色々な種類のHMBサプリが販売されていますが、大まかに分けて2種類あるんですよね。

「筋トレ効率化のためだけの成分に絞ったタイプ」と「ビタミンなどバランスよく摂取できるタイプ」がそれなんですが、個人的には前者の「筋トレ効率化のためだけの成分に絞ったタイプ」が好きなんですよね。

というのも、ビタミン群ってプロテインに含まれている事が多いですし、食事である程度は摂取できますからね。せっかくサプリメントという形で飲むのであれば、サプリでしか摂取できない成分をたくさん摂りたいというのが本音です。

なので、個人的にはHMBサプリにはHMBとその他クレアチン、BCAAあたりが含まれていれば十分。ここで紹介する金剛筋HMBは目安量を飲むことでHMBを2000mg摂取でき、かつクレアチン、BCAAも摂取できるため、効率良く筋トレ向け成分を摂取できます。

運動前に金剛筋HMBを飲んでおき、運動後にはビタミン入りのプロテインを飲むことで栄養的にはほぼパーフェクトな状態でトレーニングが完了します。

定期縛りはなく、初回のみお試しすることもできるんですけど、本気で鍛えたいと思うのであれば最低でも3ヶ月は続けたほうが効果が期待できますよ。

金剛筋HMBの公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

HMBってなんぞや?働きと摂取方法

HMBは筋トレを効率化する成分なのですが、具体的に言えば筋肉の分解を抑制する成分です。運動のやり方によっては筋肉(タンパク質)も必要に応じて分解・消費されてしまうのですが、HMBを目安量程度摂取しておくことで筋肉減少の抑制に繋がります。

また、筋肉量を増加したり修復の促進・耐久性の増加といった大きなメリットがある成分…ってのが、HMBなんですね。

推奨量は3000mgですが、これは相当ハードなトレーニングをする人向けですので、一般的なHMBサプリだと1500mg~2000mgを目安量としていますね。

金剛筋HMBも9粒あたりで2000mgのHMBが摂取できるようになってます。

このHMBという成分は別にHMBサプリ以外では摂取できないということはありません。ロイシンの中間代謝物なので、プロテインを飲んだり肉や魚、卵、大豆などタンパク質を含む食事からも摂取できるわけですが…

その量があまりにも少なすぎる!っていうんで、じゃあサプリメントとして凝縮してやるか!というのがHMBサプリなんですよね~。HMBの推奨量を食事とかで摂取しようと思ったら、プロテイン20杯とかステーキ数十枚とかになってしまいますからね…。

流石にそれでは非効率過ぎるので、じゃあ効率的に摂取しようぜ!っていうことでサプリとして活用されているわけです。

こうすることで、体作りに特化した栄養摂取ができるんですよね。

HMBを摂取してガチ筋トレするとこうなった

とりあえず、私がHMB摂取しながらガチで筋トレしたらこうなりました。

これ大体半年ほどトレーニングした結果なんですが…
この間やってたのは腕立てと腹筋ローラーくらいだったんですけど、それだけでもこのくらいには鍛えられましたからね。

当然さらにハードなトレーニングを積めばもっと鍛えられていたと思います。つっても、ホームトレーニーの私にはこのくらいでも十分すぎるくらいでした。

で、ごく最近の700日目(2018/6月下旬)あたりの体型はこうです。

色々ありまして微妙にリバウンドしちゃってるんですが、それでも筋肉が残ったままその上に脂肪が乗ってる感じなので、有酸素運動してけば落ちるかな?という感じです。なので今現在絶賛ランニング中。もちろん軽めの腕立てと腹筋ローラーも継続中です。

とりあえずHMBを活用して、時間を掛けてでも筋トレすればこの程度にはなれるので諦めずに頑張って欲しいところ。

金剛筋HMBの公式サイトはこちら!

金剛筋HMBをレビューしてみるぞ!

ざっとおさらいをしたところで、金剛筋HMBについて見ていきましょう!
パッケージはこんな感じです。ビーレジェンドとかDNSプロテインあたりと同じセンスを感じますね…。

原材料などはこのようになってます。

「カルシウムHMB」ってのがHMBですね。「クレアチンモノハイドレート」はクレアチンをより水に溶けやすく改良した成分。

クレアチン自体も筋肉増強の働きがありますし、運動パフォーマンスアップも期待できる成分なのでHMBと一緒に摂取できるのは嬉しい限り。

あとはBCAA(ロイシン、バリン、イソロイシン)くらいがメインの成分となりますね。

まとめると、HMB、クレアチン、BCAAAの3種類が金剛筋HMBで摂取できる成分となります。実に潔い(笑)

当然このサプリだけでは筋肉の元となるタンパク質やビタミン群は摂取できないため、プロテインや食事からもしっかりと栄養補給が必要ですよ!

早速パウチを開けてみます。中身はこんな感じでした。

白いサプリでほとんどニオイはありません。これは他のHMBサプリと同じですね。

全部で180粒ですから、毎日目安量の9粒飲む場合は21日で終了してしまいます。もちろん毎日飲む必要はなくて、筋トレする日だけ、とかでも全然オッケーです。

ただ個人的には継続した筋トレや有酸素運動が必要かなと思っているので、HMBの摂取量は多少は減りますが一日6粒(HMB-1332mg程度)を目安に使っていくのがおすすめです。

ガッツリ時間を取って筋トレするぞ!という日には9粒飲む、というのもアリだと思います。

いずれにしても、HMBを摂取しながら継続的にトレーニングするということが一番大事ですからね~。

手にとってみるとちょっとゴロゴロして見えますが、飲むのに差し障りがあるほどでもありません。

ほかにもカルニチンやクレアチンなどのサプリを摂取している方は、トレーニング前にまとめて摂取しておくと良いでしょう。飲むときはサッと水で流し込むと飲みやすいです。

あえて金剛筋HMBを使う理由を考えてみる

はい、ざっくりとですがレビューをしてきました。既に色々なHMBサプリがあるなかで、あえて金剛筋HMBを使う理由を考えてみると、まず1つはクレアチンが配合してあることですね。

クレアチンは単体でサプリとして販売されていていますが、いいものはMBサプリと同じくらいの値段なんですよね。もちろん安価なクレアチンサプリもあるのですが、飲むサプリが増えるのは正直面倒くさい。

なので一つでまとめて摂取できるというのは、既に飲むべきサプリが多い人にはありがたいところ。

そしてもう一つは余計な成分がほぼ入っていないこと。ビタミンや美容向け成分を含めるとどうしてもHMBやクレアチンの含有量は少なくなります。

なので、筋トレ向け成分オンリーの金剛筋HMBはガッツリトレーニングに励みたい人にこそおすすめです。

ただ、やっぱりちょっとなーと思うところもあって、例えばバイオペリン(栄養吸収促進)とか黒胡椒抽出物(ポリフェノールやアミノ酸が豊富)なんかの成分くらいは入れてても良かったような気はします。

まあなければないで食事やプロテインから摂取すればOKですからね。食事で補えない栄養はサプリで、サプリで補えない栄養は食事で、という具合に上手に補完していくことが大事です。

金剛筋HMBの公式サイトはこちら!

HMBを使って鍛えるための5つの心得!

最後に、どうやってHMBを使いながら筋トレしてけば良いんだ…という筋トレ初心者の方向けに、どうやって鍛えていくべきかという指南的なアレをまとめておきます。

これから細マッチョにしたいんです!という方は参考にしてみてくださいね。

ホームトレーニーの方向けにまとめているので、ジムで頑張るという方は流す程度で読んでもらえればと思います。

1.運動不足なら軽めの筋トレ、ウォーキングやジョギングから始めよう

そもそも運動とか数年間全くしてないという方は、まずは軽い運動を2週間~1ヶ月ほどやってみるのがおすすめ。しっかりとした筋トレはその後からでも全然大丈夫です。

ちなみに、ウォーキング/ジョギング/ランニングといった有酸素運動と筋トレは併用したほうが効果が大きいです。

有酸素運動は脂肪を落とす事が目的で、筋トレは筋肉を大きくすることが目的。一見すると関係ないように思えますが並行して行うことで、より早く脂肪が落ち、かつ筋肉の付いた体型になることもできるわけで。

時間効率を重視する方なら、ぜひとも両方行ってみてください。
運動強度ですが、有酸素運動はウォーキング/スロージョギング(20~30分程度)、筋トレは腹筋ローラー+腕立て(どちらも10~20回程度)から始めればOK。慣れてきてから徐々に強度を高めていけばいいです。

腕立てはプッシュアップバー、腹筋は腹筋ローラーを使うことでより効率的に鍛えることができますよ。

2.運動後は必ずプロテインを飲もう

上の方でも書いたのですが、筋肉の元となるタンパク質はHMBサプリだけでは補えません。タンパク質の摂取量が少なすぎると、しっかり運動しているのに筋肉が全然大きくならない、体型が変わらない…という結果になってしまうかも。

だからこそ、運動後にはしっかりとプロテインを摂取してタンパク質を筋肉に合成できるようにしておきましょう。加えて、しっかりと睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌も増えますから筋肉も付きやすくなりますよ。

3.筋肉痛や疲れが残る日はムリに運動しないこと!

仕事や筋トレの疲労が撮れていなかったり、筋肉痛が続いてしまった日はムリに運動しないことです。ムリに運動するとケガをしてしまったり運動パフォーマンスが低下する恐れもあるので、そういった日こそしっかりと休息を取りましょう。

しっかり休むというのもトレーニングの一環です。

4.「運動する習慣」を作ることで1ヶ月~半年は筋トレを続けよう

HMBを使いながら筋トレやジョギングなどの運動をするにしても、そもそも続かなきゃなんの意味もないよなって話です。

運動を習慣化できないとHMBサプリを使ってる意味が全く無いんですよね。なので、とにかく運動する習慣を身につける、というのがかなり大事になってきます。

どうやって習慣化するかというと、運動時間を確実に確保して規定時間にトレーニングする。これだけです。

これだけ!っていっても最初は思っている以上にキツイ!キツイんですが、なんとか最初の3日間は続けましょう。ここがスタートライン。3日続けられたら1週間なんてあっという間!1週間が続けられるなら2週間も3週間も変わらん!

そして3週間続けられたら、もう1ヶ月も2ヶ月も変わらなくなります。そして3ヶ月目までしっかり運動を続けると、そこには今までとは違う引き締まった体型の自分が…!

というのは実際にあった私の話。とりあえず運動開始前の写真を残しておき、10日ごとくらいの間隔で写真を残しておくようにしましょう。

そうすることで体型変化の過程がわかりやすくてモチベーションアップに繋がりますよ!

あとはご飯の量を半分に減らす、天ぷらなどの油もの、甘味、間食は意識して控える、お肉を食べるなら脂身の少ない部位を選ぶ、納豆などから植物性タンパク質を摂取する…などの食事改善も多少は意識したほうが良いです。

とはいえ、最初から全部やるのはムリなので、とりあえずごはんを半分にして間食は控える、程度でも食事制限としての効果は十分ありますからね。

5.すぐに結果を求めるな!筋トレはやれば必ず結果につながる

ダイエットや体型改善って、正しい方向で努力すれば誰でもほぼ100%結果につながるんですよね。

結果を出せば自然と自分に自信を持てるようになってきますから、筋トレなどの運動以外にも積極的に頑張ろう!という気持ちが出てきて、体を鍛えることで色々なことがうまく回り始めるということもあるようです。

仕事も私生活もうまくいかなくて、自分って何やってもだめなんじゃないか…と感じる人は、とりあえず筋トレしようぜ!筋トレは裏切らない!しっかりやれば確実な結果を体型改善という形でもたらしてくれるのです。

なので、3日やってムリとか1ヶ月じゃ変わんねぇのかよ!とか、すぐに結果を求めるのはやめよう!最低でも3ヶ月はしっかりとHMBを活用しながら運動してみてください。

マジでかなり変わりますから。

結論:金剛筋HMBは筋トレ初心者にもおすすめできるHMBサプリだぞ!

筋トレとかランニングとか最初は超きついと思うんですけど、やればやるほど結果に結びつくのがダイエットや筋トレの醍醐味です。そしてそれを効率化させるためのサプリがHMBとかクレアチン、プロテインといった栄養サプリメントなんです。

どれだけトレーニングしようが、体が求めている栄養素を供給できなければ効果は最大化できません。特に体型改善のための筋トレや運動の初心者という方ほど、運動するための体を早く作るべきなんです。

HMBサプリは高いものから安いものまでピンきりで、金剛筋HMBはどちらかと言うと高い方に分類されるでしょう。ですがより効率的に筋肉をつけるためには、効果が期待できる成分をまとめて摂取できる方がいいんです。

そういう意味では金剛筋HMBにはHMB以外にもクレアチン、BCAAが入っているので筋トレの効率化を図れるはず。

筋トレや有酸素運動でだらしない体型を引き締めたいと思っている方におすすめできるHMBサプリかなと私は思いますね。

金剛筋HMBの公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top