ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ペット用(猫用)ミルクは人間が飲めるのか?余ったので飲んでみたら美味すぎた

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ペット用(猫用)ミルクは人間が飲めるのか?余ったので飲んでみたら美味すぎた

猫に人間の牛乳を与えるのは止めたほうがいいというのは知られた話ですが、猫用ミルクを人間が飲むのは大丈夫?っていうの、気になりませんか?

そこで今回は私が人柱となって、余った子猫用ミルクを実際に飲んで体当たり調査してみることにしました。

スポンサーリンク

子猫用ミルクはすぐ余る

子猫って思っていたよりもすぐに成長して、ミルクから離乳食に切り替わります。

切り替わる過程でもまだミルクとふやかしたフードを半々で与えていたのですが、ウチの子猫様はもうミルクを飲む必要すらないレベルでしっかりとふやかしフードを食べてくれるようになりました。

食べてくれるようになったのはありがたいんですが、そこで問題が発生。ふやかしフードを食べない時用に子猫用ミルクを買っていたのですが、もう必要なくなってしまったんですよ。しかも開封しているため、早めに飲みきってしまわければならない状態。

しかし子猫も無理には飲んでくれません。流石に捨てるのももったいないので、どうしたもんかと適当にググってみたところ…。

一応飲んでみた系の記事はありました。しかし、読んでみると美味しくないと書いてあり、止めておいたほうが良いのかなぁ…とも思ったんです。

【実験】ペット用の牛乳を人間が飲んでみた!

でもよくよくみると、これ犬用だし記事書いたのも2015年と古いです。また、犬用(成犬)なので事情がちょっと違います。

下の知恵袋記事も読んでみると、私と似たような状況でした。しかしやっぱり味についてはなんとも言えない、という回答で拍子抜け。

というわけで、わからなければ飲んでみるしかねぇな!と自分を奮い立たせ飲むことにしました。

飲んだのはドギーマンの国産牛乳-1歳までの成長期用

既にお気づきでしょうが、今回飲んでみたのはキャティーマン(ドギーマン)の1歳までの成長期用牛乳です。

このミルク、ウチの子猫は飲むときはガンガン飲んでました。先住猫にもちょっと与えてみたところ普通に飲んだので、猫にとって十分美味しいミルクなんだろうなぁとはおもっていたんです。

パッケージを確認してみても、「全猫種用スナック」とは書いてありますが人間が飲んではダメ、なんてのは一言も書いてありません

原産国 日本/MADE IN JAPAN の表示が神々しい…しかも九州産の生乳です。
上の記事のやつは原産国オーストラリアでしたね。

これはワンちゃんあるな…と思い、とりあえずコップに注いでみます。

参考にした記事では普通の牛乳と色が違う!と書いてあったんですが…

どうみても人間の牛乳と一緒の色です。ありがとうございました。

普通に白い。ニオイもただの牛乳です。参考記事では味も違う!と書いてあったので、ちょっと慎重に口をつけてみたのですが…

ん?…おいこれ普通の牛乳よりちょっと美味しい牛乳だぞ!どうなってんだ!

そうです、人間が飲んでも普通の牛乳よりも美味しいと感じられるくらいにはおいしい牛乳でした。

低脂肪乳ならではのあっさりした舌触りでありながら、多少甘みを感じられるというなんとも贅沢な味わい…くそ、あいつらこんないい牛乳飲んでやがったのか!(呆)

口をつけるのを戸惑っていたのがバカに思えるくらい普通に飲めます。
冷蔵庫で冷やしていたので、より一層美味しく感じたのか、ごくごくと一気に飲み干してしまいました…。

ごちそうさまでした!捨てるなんてもったいないし、飲んでみるか!という変な気を起こした人はぜひチャレンジしてみてください。

人間の牛乳とペット用牛乳はなにが違うのか

猫用牛乳うまい!人間がのんでもええぞ!で終わっても別に良いんですけど、やっぱり人間用の牛乳とペット用の牛乳、なにが違うのかちょっと知りたいですよね。

ドギーマンのページでも同じQ&Aが掲載されていたので引用しておきます。

Q.ペット用の牛乳と人間用の牛乳の違いは?

A.ドギーマンのペット用牛乳は、製造過程で乳糖を完全に分解。牛乳のおいしさをそのまま生かしながら、乳糖ゼロに仕上げた「お腹にやさしい牛乳」です。

※愛犬・愛猫は離乳後、牛乳や乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素が徐々に減少するため、乳糖を含む人間用の牛乳を飲むと軟便が出たり下痢を起こす場合があります。また、人間の牛乳よりも高温で殺菌することで、おいしさを保ったまま長期保存が可能です(未開封時)
※開封後は、冷蔵保管し、早めにお与えください。
※開封直後、時間の経過等の理由により、ごくまれに牛乳の成分が分離・凝固したり、色が濃い場合がございますが、品質に問題ありません。良質なたんぱく質を含み、栄養バランスに優れる点は人間用の牛乳と同じです。ぜひご利用くださいませ。

なるほど、猫も犬も離乳後に乳糖を分解する酵素が減少するため、乳糖が含まれた人間用の牛乳だと下痢や軟便の原因となってしまうと。

そして犬猫用牛乳だと乳糖を完全に分離しているから与えても問題なく、しかも人間の牛乳よりも高品質となっている…と。気になる部分をもう一度引用します。

「良質なたんぱく質を含み、栄養バランスに優れる点は人間用の牛乳と同じ」だそうです。

なんじゃそりゃ!

結局乳糖が入っていないということを除けば、人間用の牛乳とほぼ同じなんだとか。そりゃ人間もおいしく飲めるわなって話だよ!

結論:子猫用ミルクは人間の牛乳とほぼ同じ味だった(しかもウマい)

結果的に言えば、人間用の牛乳とほぼ一緒の味でした。むしろ水で薄めたようなうっすい味の牛乳を飲んでいる人からすると、ものすごくおいしい牛乳だな!と感じるレベルではないかと思います。

なんかyoutubeでも猫用牛乳を飲んでいた人がいましたが、その人も原産国オーストラリアのもので、やっぱり外国産だったから美味しくなかったのかなと思います。

最近販売されている猫用牛乳は国産ばかりなので、子猫が飲んでくれないとか、もう必要がなくなった…という場合、もったいないと感じる方は捨てずに自分で飲むことも考えてみると良いかもしれません。

別に私はお腹も壊していないし、美味しく飲めたので大丈夫だと思いますよ!

Let’s チャレンジ!

※なおこの記事は2018/6/17時点で書いたものなので、それ以降原産国や成分が調整された場合味が変わっている可能性もあるのでご了承ください。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top