ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

【比較】ダイエット用プロテインはザバスウェイトダウンを選ぶべき理由

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
【比較】ダイエット用プロテインはザバスウェイトダウンを選ぶべき理由

ダイエットのために運動している方はプロテインもしっかりと摂取しているんじゃないかと思います。

最初はドラッグストアとかネットで見つけた評判の良さそうなものをテキトーに使ってるんじゃないかと思うんですが…

ちょっと待った!運動とかガッツリしてるなら、ちょうどピッタリのプロテインがあるんですよ。ウェイトダウンというタイプのプロテインがそれです。

このウェイトダウンプロテインは大豆タンパク質が原料になっているものがほとんどで、飲みやすくビタミン・ミネラルをしっかり含んでいるのが特徴です。

予め結論を言ってしまいますが、ダイエット用プロテインはザバスウェイトダウンを使うのがベスト。その理由は含有成分でわかります。後ほど一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ウェイトダウンプロテインはダイエットに特化したプロテイン

まずはじめに、ウェイトダウンプロテインはジョギング/ランニングなどある程度強度の高い有酸素運動を取り入れたダイエットに向いています。

繰り返しになりますが、大豆を原料にしたソイプロテインである上にビタミンやミネラル(カルシウムや鉄は重要)が豊富に含まれているためですね。

普通のソイプロテインではだめなのか?と思う方もいると思いますが、以前私はザバスのウェイトダウンとソイプロテインの成分比較をしたことがあり、どっちが良いのか検証しました。

その中で成分含有量のデータをまとめたのがこの表ですね。

※1食分(21g)あたりの含有量をまとめています。
seibunhikaku

ザバスの場合、ウェイトダウンとソイではこのように栄養成分の含有量や種類に差異があり、数値だけ見ると圧倒的にウェイトダウンが上位互換という結果になりました。

では、そのウェイトダウンプロテインを他ブランドと比較するとどうなのか?というのがこの記事の趣旨になります。

ウェイトダウンプロテインの種類と栄養成分

さて、現状ウェイトダウンプロテインはいくつかあるのですが、その中でも割と人気のものをピックアップし、比較量を21グラムにしてまとめてみました。

今回ピックアップしたウェイトダウンプロテインは、

・SAVASウェイトダウン ヨーグルト風味

・Kentaiウェイトダウン ココア風味

・Weiderウェイトダウン フルーツミックス風味

・Alpronウェイトダウン レモンヨーグルト風味

の4種類です。

それぞれの特徴をまとめてみます。

アルプロンウェイトダウンは安価に栄養バランスの良いウェイトダウンを使いたい人向け

まず2018/6/26現在のAmazonでの価格を元に、21グラムあたりの値段を見てみると最も安価なのがアルプロンですね。

21グラムあたりの値段は60円で、ザバスのウェイトダウンと同じ量なのに12円ほど安いですし、きちんとビタミン・ミネラルが含まれているのでバランスとしては悪くありません。

カルシウムの量は比較的多めの配合になっています。

しかしその反面、21グラムあたりに含まれているたんぱく質の量が少ないですね。比較した4種類の中では最も少なくなっています

なので、アルプロンのウェイトダウンでたんぱく質をしっかりと摂取したいのなら目安量より少し多目に摂取する必要があります。あるいは食事から摂取していくのも大事になってくるでしょうね。

しかしウェイトダウンの中では価格が安く栄養素のバランスも良いので結構おすすめ。

ウィダーウェイトダウンはたんぱく質の量が少ないがビタミンやカルシウム量は圧倒的

これまた特徴的なウェイトダウンがウィダーです。ウィダーウェイトダウンは結構いい値段する割に、たんぱく質の量がアルプロンと同じくらい少ないです。

21gあたりの値段は104円と4つの中では最も高価なのがちょっとネック。そしてマグネシウムが含まれていません。

ただしそれらのデメリットを押しのけるくらい、圧倒的な量のビタミン、カルシウムを配合しているのがウィダーのウェイトダウンです。

もう一度上の表を見てもらいたいんですが、カルシウムの量は他の3種と比較してずば抜けて多いです。さらにビタミン群もほとんどが最低値でもほかのプロテインと同等かそれ以上の値となっています。
問題はきちんとした量がわからないというのが困るところでしょう。21グラムあたりに含まれているビタミンは最低量なのか最大量なのか、振れ幅がでかすぎてちょっとわからないのがちょっと怪しいかなぁと。

まあ最大量入っていると性善説で考えれば悪くはないウェイトダウンだと思いますが、なにぶんたんぱく質含有量が少ないので良いとも悪いともコメントしづらいです。

ちなみにこのウェイトダウンは一度使ったことがあります。爽やかなフルーツミックス風味で非常に飲みやすいのが特徴でした。

Kentaiウェイトダウンは安価にたんぱく質をしっかり摂取したい人向け

アルプロンもウィダーも特徴的でしたが、Kentaiのウェイトダウンはいい意味で無難です。裏を返せばあんまり個性がないウェイトダウンと言っても過言じゃないですね。

たんぱく質の量はサバスに次いで多いですし、価格も安価なので非常に使いやすいウェイトダウンではあると思います。

ビタミンの配合量は平均的ですが、ミネラルはちょっと少なめですね。取り立ててこう、という個性があるわけではありませんが、アルプロンと同じくらいの価格でより多くのたんぱく質を摂取したい!という方にはおすすめできるんじゃないかなと思います。

ザバスウェイトダウンは価格も安価でたんぱく質豊富、ビタミン・ミネラル配合量も優秀

ザバスのウェイトダウンは比較した中では最もたんぱく質含有量が多く、価格も概ね安価です。
鉄、マグネシウムは他よりも多いですが、カルシウムはウィダーやアルプロンよりも少ないですね。

ビタミン群は他3つよりも多い、あるいは中間的な配合量となっています。
したがって、ウェイトダウンでもたんぱく質をしっかりと摂取したい方はザバスのウェイトダウンを選ぶのがベストな選択肢でしょうか。

また、独自成分としてザバスのウェイトダウンにはガルシニアエキスが含まれています

個人的に一番注目したいのはこの成分なんですよね。

ザバスウェイトダウンはダイエットに最適なヒドロキシクエン酸(ガルシニアエキス)含有

ガルシニアとは、カレーのスパイスなどに使われる果実なのですがこの乾燥果皮にはヒドロキシクエン酸という成分が含まれています。

ヒドロキシクエン酸なのですが、以下3つの働きがあります。

・脂肪の蓄積抑制
・脂肪の分解促進
・グリコーゲン(糖)の蓄積促進

これにより、運動による脂肪燃焼を促進しより効果的にダイエットができる…というわけなのです。

運動開始直後は筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンをエネルギーとして使用するのですが、それではダイエットにならないですよね。ダイエットのためには脂肪をエネルギーとして消費しなければなりません

でも、脂肪をエネルギーとして使うにはある程度長い時間の運動が必要といった話もありますが、それだとダイエット初心者の方は脂肪を使う前にグリコーゲンを使い切ってバテてしまいかねません。

脂肪をエネルギーに変換するにはグリコーゲンが必要ですので、グリコーゲンを早い段階で使ってしまうと、どれだけ頑張って運動してもあまり意味がない…という話になってしまうのです。

ヒドロキシクエン酸は上で書いたように脂肪分解を促進し、かつグリコーゲンの蓄積を促進するため、運動するほど脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれるのです。

グリコーゲンは食事により蓄えられますが、ヒドロキシクエン酸を予め摂取しておくことでエネルギーを優先的にグリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えつつ、脂肪として溜め込まない、という状態が作れるのですね。

ガルシニアエキス含有という大きなメリットにより、数あるウェイトダウンプロテインの中では個人的にザバスウェイトダウンを選ぶのがベストかなと思っている次第です。

余談:プロテインの美味しい・マズイという評価はあまり当てにならない説

プロテインの味って美味しいとかマズイとかまあ色々とあると思うんですけど、人間の味覚って大抵は個人差があります。

なので、あまり他人のマズイとかウマいという評価は気にしなくてもいいですよ。ぶっちゃけ最初はマズくても慣れれば無心で飲めるようになりますし、美味しくても別のプロテインを一度飲んで、もう一度飲むと甘ったるく感じたりすることは頻繁にありますから。

実際私も最初はクソ不味いなと思っていたプロテインでも今では普通に飲めますし、美味しいな!と思っていたプロテインも今ではただ甘いだけじゃねーか!なんて思ったりしますし。

なので、とりあえずAmazonとかの口コミにはあまり惑わされず、運動のためという気持ちでプロテインを飲めばいいと思います。美味しければ儲けもの、まずければ無心で飲む。それだけでいい話なんですよね。まあマズイと損した気分になりますが(笑)

ウェイトダウンは大豆が主原料なので基本的に粉っぽいし大豆臭いというのがベーシックな評価ですが、大手が出しているプロテインは基本誰もが美味しく飲めるように味を調整してありますから、そんなに怖がらずに飲んでほしいなぁと思いますね。

いずれにせよ成分的にみたウェイトダウンプロテインの王者はザバスウェイトダウンだと個人的に思っていますので、ダイエットのための運動をしているという方にはぜひとも活用して欲しいところですね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top