ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ウォーキングを長く続けつつダイエット効果を高めるコツとは?

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ウォーキングを長く続けつつダイエット効果を高めるコツとは?

ウォーキングを長く継続的に続ければ、必然的にダイエット効果は高まっていくもの。
ですが、そもそもウォーキング自体が続かないという人もいるんじゃないでしょうか。

ここでは、ウォーキングをいかに継続するかという継続のコツについてお伝えしていきたいと思います。
私も今ではランニングばかりですが、初めの頃はウォーキングだけで息が上がってしまうほど体力がありませんでした。

誰しも続けていれば体力が付きますし、徐々に体重が減ってウエストも締まってきます。
そのためのコツをお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

友人知人、家族と一緒に頑張る

walk

誰でもはじめは運動に慣れていなくて、歩いたりしているとなんだか場違いに感じてしまうもの。
あれ?なんで自分こんなことしてるんだろう・・・・?というふうに感じてしまうかもしれません。

それだけでなく、一人で歩いていると面白くありませんしただの散歩になってしまいがち。
そこでおすすめしたいのが、人と一緒に歩くことです。

一人で歩くのはつまらないものですが、二人や三人出歩くとおしゃべりができて楽しく歩くことができます。
そして、いつの間にかコースを一周していたという感じでウォーキングを終えることが可能。

友人知人や家族を巻き込んで誰かと一緒にウォーキングを始めれば、一人で歩くよりも続けやすくなるはずです。

続けているうちに一人で歩くのに抵抗が無くなってきます。
そうなったらそれぞれのペースで歩いたり走ったりするのがいいかと思います。

私の場合、はじめは友人と一緒にウォーキングしていて、気がついたらいつの間にか私一人でランニングをしていたという感じです・・・。

友人はというと、こっちはこっちで一人でウォーキングをしています。
それぞれのペースがあるので無理に合わせる必要もないということですね。

毎日の記録をつける

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s


何度も口を酸っぱくして言っていますが、とにかく毎日の記録を付けることが重要です。
私の場合は体重や体脂肪率、基礎代謝などたくさんのデータを計測できる体重計を使ってデータをエクセルに残しています。

それからウエストもきちんとメジャーを使って測っているので、面倒ではありますが毎日の記録を見て過去の自分と比較できるようにしています。

過去の自分と比較することで、

現在の自分のがどのくらいの地点にいるのか
目的のゴールまでどの程度離れているのか

といったことが俯瞰できるようになるんです。

このようにすれば、かなりモチベーションを維持できるだけでなく、どのように工夫すればいいのか?と色々考えられるようになるのでオススメですね。

ウォーキングの時からきちんと記録を取っていれば・・・と、最近ではちょっと後悔しています。
これから始める人は必ず記録を撮っておくようにしましょう。
なお、お腹まわりの写真を撮っておくのも非常に有効なので試してみてくださいね。

まずは1日10分から始める

ウォーキング初心者の人はダイエットのため!と気合を入れてしょっぱなから30分くらい頑張って歩くわけですが、結構キツイはずです。

何年も運動していない状況だと筋肉は衰えていますし、体力もないのですぐに息切れしてしまうわけです。
ですからまずは一日10分程度のウォーキングから始めると良いのではないでしょうか。

10分というとなんだか短いと感じるかもしれません。
ですが、体力のない初めの頃はこれくらいがちょうどいいんです。

それから、ちょっときついかな?くらいのペースで歩くことが重要です。
心肺機能を向上させて体力を付けるには、ある程度の負荷が必要になります。

ですから、少しずつでいいので歩くスピードをあげて、体力をつけていくとよいでしょう。
そうすれば一日30分のウォーキングもラクに乗越えられるようになるはずです。

無理して毎日歩く必要はない

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s


毎日10分と決めたら毎日歩くのが一番なのですが、時と場合によってはウォーキングができないこともありますよね。
仕事が長引いたりすると、時間を作れないということもあるはずです。

また、疲れ果てて寝てしまいたい・・・なんてことも。
そういうときは、遠慮せずに休めばいいんです。

毎日の習慣になっていれば1日や2日休んだくらいどうということはありませんし、疲れを残したまま運動しても体調を崩したりケガをしてしまう原因になります。
ですから、頑張る気持ちはわかりますが、無理に歩く必要はないのです。

2ヶ月歩き続けたらランニングを始めよう!

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s


2ヶ月ほど1日30分歩き続けたら、初めに比べてかなり体力がついてきているはずです。
これ以上歩く速度を上げられない!というところまできたら、今度はランニングをしてみましょう。

2ヶ月ほどしっかりと歩いていると体重も少し減っているでしょうし、足も鍛えられているはずなので膝を痛める心配も少なくなります。

当然ですが、ランニングはウォーキングよりも足にかかる負荷が大きいので、焦らずゆっくり、そしてのんびり走るのがコツです。

「ランアンドウォーク」と言う感じで、少し走って歩く、少し走って歩く・・・を繰り返すのがいいですね。
それに慣れたら「ラン」の比率を上げていくとよいでしょう。

「ランアンドウォーク」を1ヶ月ほど続ければ、20分~30のランニングに耐えられる体力がついてきますし、足も鍛えられます。ためしにゆっくりのスピードで30分走ってみて、問題なく走れるようであれば次の日からランニングを本格的に始めるといいと思いますよ。

あとがき

以上、ウォーキングを長く続けつつダイエット効果を高めるコツについてお伝えしました。
いかがだったでしょうか。

ウォーキングはただ歩けばいいというものではありません。
自分なりの続けるコツを見つけなれば悲しいくらい全然続きません。

3日坊主で終わったという人は大勢いるはずです。
ウォーキングを続けていれば徐々に体重も落ちてきますから、焦らずにしっかりと続けることを目標にして頑張ってみてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top