ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ダイエット中の間食はあり?なし?腹八分目を心得て間食なしを目指すススメ

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ダイエット中の間食はあり?なし?腹八分目を心得て間食なしを目指すススメ

ダイエット中は食事制限をしているため、いつも以上に空腹に陥りやすくなるもの。

あぁ”~、、、おながずいだよ”お”お”ぉ”お”ぉ”~・・・

という感じの腹の虫を聞いた時は、自分どんだけお腹すいてるんだよ・・・と、ちょっと引きますよね。

そこで気にしたいのが、間食。
間食は行わない方がいいという意見もありますし、間食してもいいという意見があり、はっきりとどうすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここではお腹が空いて来きた時の対処法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも間食が必要になるほどの食事制限はNG

Ð0Ä0n0Ý0ü0º0’0Y0‹0sY'`

ダイエットというと食事制限を思い浮かべますよね。
私も現在ご飯の量を半分にしてダイエットに取り組んでいる最中なのですが、いくら大事だからといっても食事制限をやりすぎてはいけません。

ご飯を今までの半分程度にしておかずはそのままの状態をキープすればお腹がすくことはほとんどありません。
しかし、ご飯だけでなくおかずの量まで減らしてしまうと空腹感が満たされず、食後も空腹感にさいなまれることになってしまいます。

また、炭水化物=ごはんの減らしすぎもダメ。
炭水化物は吸収されると糖質となって身体のエネルギーとなるわけですが、この糖の量が減りすぎると身体は筋肉を分解してエネルギーにしようとします

筋肉が減るということは当然基礎代謝も下がるので脂肪燃焼のスピードが落ち、結果的にダイエットに悪影響を及ぼします。

どうしても間食したいときは低カロリーの食品がおすすめ

026b84a568a76006d9abbb50ee0e892a_s


とはいっても、食事制限をしていると間食はどうしてもしたくなってしまうもの。
そういう場合にはカロリーの低いモノを食事のつなぎにするとよいでしょう。

たとえば、各種果物類。代表的なものでいえば、バナナやりんごなどがお勧めです。
バナナは1本(120g)あたり103kcal、りんごは1個(300g)162kcalとかなりカロリーが低く満腹感が高いのが特徴。
りんごは半分食べるだけでも十分お腹がいっぱいになりますからダイエット中の間食にはちょうどいいんです。

あとは、個人的によく食べているのが寒天を使ったゼリー。
寒天は100gあたりたったの3kcalしかありません。

私はよくコーヒーゼリーを自分で作ってお腹が空いた時に4分の1くらいを食べますが、十分満腹感を感じることができます。ただし、コーヒーフレッシュはかけずにそのまま食べるのが大事です。

一番いいのは腹八分目を心得て食事を摂ること

「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるように、食事制限をし過ぎると基礎代謝の減少につながってダイエットの効果が落ちます。

ですから、最も良いのは腹七分目~八分目を目安に食事をすること。
食べ過ぎでもなく、少なすぎでもない量を目指すのです。

こうすることで突発的な空腹感を防ぐことができると同時に食後の眠気も最小限に抑えることが可能。
時と場合によっては突き抜けることも必要ですが、実際は何事も程々が大事なのです。

あとがき

以上、腹八分目を心得て間食なしを目指すススメについてお伝えしました。いかがだったでしょうか。
誰しもダイエットをしていると必ず間食したいなと思う時が来ます。

そのとき、カロリーの高いものを食べて一時的な満足感を得てしまうのか、それともローカロリーのものを食べる、あるいは食べないようにするなどやり方によって結果は異なってきます。

一番いいのは食べないように毎食の食事量を適切に調節することですが、どうしても食べたくなったらカロリーの少ないフルーツやガムを噛むなどの対処法で乗り切ると良いでしょう。

突発的な空腹が来た時にドカ食いしてしまうとあとが怖いですよ・・・?

気をつけてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top