ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ウォーキング・ランニングでUVケア、サングラスが絶対必要な理由

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ウォーキング・ランニングでUVケア、サングラスが絶対必要な理由

ウォーキングやランニングをしているとついつい忘れてしまいがちなのが、UVケア。

女性の方は普段からUVケアしていると思いますが、男性もできればUVケアをしてウォーキング・ランニングを行うほうが望ましいといえます。

どうしてUVケアに敏感にならなければならないのか?ということについてここでは解説していきたいと思います。

読むのが面倒という方は、恥ずかしいとか四の五の言わずにとりあえず、

日中はサングラスを必ずかけるようにしてください。

そうすれば紫外線は防げます。もっと知りたい方は続きをどうぞ。

スポンサーリンク

これだけ走っておきたい!紫外線の基礎知識

2d3143ba024c3c79f0659a53837d3ab0_s

日光は波長の長さによって

可視光線
赤外線
紫外線

の3種類に分けることができます。
日光のエネルギー内訳では可視光線が50%、次に赤外線が45%、残りの5%が紫外線ですね。

紫外線ってもっと強いイメージがあるかもしれませんが、日光のエネルギーの中ではたった5%程度でしかありません。

しかし、侮っていると肌の老化やシミ、シワの原因になってしまいますし、最悪の場合皮膚がんになってしまうケースもあるのです。

紫外線は一言でまとめられることが多いのですが、実は3種類あり、それぞれを

UVA(A波)
UVB(B波)
UVC(C波)

と呼びます。UVCはほとんど地上に届かないため、実質はUVAとUVBが私たちの生活に関わる紫外線と思ってよいでしょう。

UVAは紫外線の90%を占めています。
エネルギーそのものは弱いのですが雲やガラス、薄手の服や皮膚を透過し真皮に到達する性質のため、知らないうちに皮膚を老化に追い込んでしまいます。

UVBは紫外線のうち10%以下のみですが、エネルギー自体がとても強く、やけどのような日焼けや皮膚がんの原因となる紫外線です。

ガラスや雲で遮られるので、普通にしていれば浴びることはありません。
ただ、夏のレジャーで水着を着たりするときは皮膚の露出が多くなるため、UVBの影響を受けやすいといえます。

どちらの紫外線も蓄積することによって、シミやシワといった皮膚老化の原因につながりますし、皮膚がんを起こすこともあるのです。

せっかく健康やダイエットのためにウォーキングやランニングを頑張っていても、シミやシワが増えてしまうのでは台無しですよね。

最近では男性もスキンケアに気をつけている方が多いので、紫外線に関しても注意しておくとよいでしょう。

紫外線が肌の老化(光老化)を早め、シワ、シミの原因となる

さて、紫外線の肌への影響について更に具体的に解説してきましょう。

まずどうして紫外線によってシワが出来てしまうのかということについてです。
紫外線は皮膚の中にあるコラーゲンを破壊する酵素を生み出し、コラーゲン生産能力低下をまねきます。

このコラーゲン破壊酵素は、たった2分紫外線を浴びただけで発生するとも言われているんです。

ということは、全く紫外線対策をしていない状態でアウトドアスポーツを何年もしていると、

実年齢よりも老けて見える

といった悪影響を引き起こしてしまいかねないのです。

紫外線は肌にシワの原因を作る他に、シミをできやすくする作用もあります。
紫外線が原因でできるシミのことを「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と呼びます。

頬骨を中心にしてまるい形のシミができるのですが、初期はぼやけているものの時間が経つにつれて徐々に濃いシミとなって現れます。

紫外線によってシミが出来る過程ですが、まず紫外線が肌に触れるとメラノサイトの数が増え、情報伝達物質によりその活動が活発になります。

そして、表皮全体も厚くなります。メラニン色素を生成するメラノサイトが増え、さらに表皮も厚くなるため、シミがより黒く目立つようになってしまうのです。

日焼け止めクリームだけでなくサングラスが必要な理由

b11c42fadf3a4bc0e861c15f7449e27a_s


ここまで読めば、なんとなく紫外線がシワやシミの原因になるということはわかって頂けると思います。

「日焼け止めクリームが必要そうだな」と感じたかもしれません。
でも、サングラスが必要な理由についてはいまいちわからないですよね。

どうしてサングラスが必要なのかというと、目から紫外線を受けてもシミやシワはできてしまうから

目から紫外線を受けると、脳に紫外線が入ってきたという情報が伝わり、脳は全身にメラニン色素の生成を促す指令をだします。

このため、肌に日焼け止めクリームをバッチリ塗っていても、目から紫外線を受けるとシミやシワができてしまうことがあるのです。

「せっかくUVケアしていたのに、どうして!?」と思った場合は目のUVケアを怠っていた可能性を疑いましょう。

まとめ

以上、ウォーキング・ランニングでUVケア、サングラスが絶対必要な理由についてお伝えしました。
たった2分間紫外線を浴びただけでも肌にとってはかなりの悪影響があるということがわかって頂けたのではないかと思います。

健康やダイエット・美容のために行っているウォーキングやランニングで肌の老化を招かないためにもUVケアは必ず行うようにしましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top