ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ダイエット記録40日目-内臓脂肪減少で腹が凹んだ!次は皮下脂肪を落とす!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ダイエット記録40日目-内臓脂肪減少で腹が凹んだ!次は皮下脂肪を落とす!

ダイエット記録40日目です。
早いもので、記録をつけ始めてからもう一ヶ月と10日が経ちました。

酵素ドリンクダイエットや一般のダイエット商品であれば、たった○週間で6キロ減量できました!みたいな煽り文句があるのでしょうが、当サイトは至極真っ当なダイエット方法を推奨しているためそういった煽りには全くと言っていいほど該当しない体重の減り方をしております。

しかし、酵素ドリンク置き換えとランニングを愚直に続けて40日目ともなると、流石に効果が目に見えて現れてもいい頃だよな、と思いますよね。

要は、そろそろ見た目の変化が大きくなってくる頃なわけです。
結果的にどうなっているのかを以下で表、グラフ、そしてお腹の写真をみて確認してみましょう。

スポンサーリンク

ダイエット記録40日目までの記録

40日目までの記録がこちら。
20150301record
日によって体重の増減が激しい時があるため、平均体重と平均ウエストの項目を追加しました。
こうすることで、グラフにすると平均的な減り方がわかるようになります。

ちなみに、35日目以降からは朝食を食べたくなった時は食べていましたので体重は若干重めになっています。これからは酵素置き換えに再び切り替えて行きたいと思います。

体重・ウエストの変化グラフ

以下が体重・ウエストの変化をグラフで表示したものです。
42日目まで記録しています。42日目に体重、ウエストが増えているのは前日に食べ過ぎたためでした。

休日は基本食べ過ぎる感じですが、それでも酵素ドリンク置き換えとランニングによって問題なく体重は減少しています。

20150301glaph

緑の線が平均、ピンクが目標で、青色が実際の数値です。
実際の数値は上限が激しすぎるので平均をあえて出してみたのですが、なかなかいい調子で落ちているのがわかりますね。この調子で頑張りたいと思います。

初日から40日での体型変化

初日からどれほど体型が変化したのか、気になりますよね。結果的には以下のようになりました。

1-40f

1-40s

1-40b

前から見た写真、後ろから見た写真では大きな変化は見えませんね~。

しかし、横からの写真は大きく変化しているのがわかると思います。

ウエストのグラフを見て既に気づいているかもしれませんが、ウエストは初めの頃と比べて6cm近く減少しているのです(日によって増減はあります)。

お腹に力を入れているわけではありませんよ。力を抜いて写真をとった結果です。

なぜお腹が減っこんだのかについてですが、これは主に内臓脂肪が燃焼したことによるものと考えられます

内臓脂肪の方が皮下脂肪よりも早く落ちますからね。
内臓脂肪が燃えて、ポッコリお腹が凹んでからが勝負の分かれ目になるんです。

というのも、ここで満足した場合、当然ウエストは減っこんで健康的な見た目になりますが、更にお腹を引き締めて筋肉質な体型にするには引き続きダイエットを続行する必要があるのです。

皮下脂肪は内蔵脂肪の後から燃焼するので、体型を変えるにはそれなりの根気がいるわけなのですね。

あとがき

まだまだ胸元、横っ腹、そして背中には残念なくらい贅肉がついています。

これらは皮下脂肪ですから落とすのには時間がかかるでしょう。

私のダイエット記録は100日を目標にして、管理人自身の体型変化を記録していく企画なのですが、当面はランニングと酵素ドリンク置き換えのみで行っております。

3月末には念願のロードバイクが納車されるため、こちらも随時お伝えしていければと思っています。

引き続きダイエットを頑張りたいと思います!

私のダイエット記録ダイジェスト

→ ダイエット初日のヤバイ記録がこちら!
→ ダイエット10日目の記録-酵素のおかげでラクに痩せたぞ!
→ ダイエット20日目の記録-まだまだ食欲がありすぎる時期
→ ダイエット30日目の記録-酵素ドリンクがガチで効いてきた
→ ダイエット40日目の記録-次は皮下脂肪を落とすぜ!(←今ココ)
→ ダイエット50日目の記録-ウエスト70cm台に突入!
→ ダイエット60日目の記録-横っ腹がなかなか落ちない!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top