ライフキッカーズ

ダイエット・ランニング・筋トレなどがメインのWEBマガブログ

ランニング用ボトルポーチ「サロモンXR SENSIBELT」を購入してみた感想。マジで揺れない「使えるポーチ」です

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ランニング用ボトルポーチ「サロモンXR SENSIBELT」を購入してみた感想。マジで揺れない「使えるポーチ」です

最近私は週末に10km以上のランニングに挑戦するようになったので、ボトルポーチを持っていたほうが便利がいいのでは、と思うようになりました。

初心者が1時間30分のランニングで15km以上走った感想でも書いているように、10km以上のランニングでは水分補給が重要になってくるはず。

というわけで、amazonでレビューやデザインなどを吟味しながら検討した結果、サロモンのXR SENSIBELTを購入することにしました。

スポンサーリンク

ボトルポーチを選ぶ基準

ボトルポーチを選ぶ基準としては、以下の4つではないかと個人的に思います。

・ボトルが揺れて走りにくくならないか
・小銭やスマホ、カギなど必要最低限のが入るか
・耐久性・メンテナンス性は高いか
・デザインは気に入るか(←ここ重要)
・価格(安すぎると耐久面や揺れにくさで不安)

特に初めの2つはとても大事。走っている時にポーチの中身が揺れてしまうと腰への負担が大きくなるんじゃないかと思うわけです。
また、スマホで記録などを計測している場合は、ズボンのポケットに入れているよりポーチの中のほうが落とす心配がなく安全です。

耐久性やメンテナンス性も大切で、すぐに壊れないものかつ汚れた時に洗濯して洗いやすいものを選ぶというのもポイントでしょう。
そしてデザインも、モチベーションを高めるためには超大切です。

フィーリングの合わないものを使っていると使い方も雑になって壊れやすくなりそうですからね。
その点お気に入りのデザインであれば、壊さないために丁寧に扱うようになると私は考えてます。

レディース向けのボトルポーチを探している方もいるかもしれませんが、サロモンのXR SENSIBELTであれば好みの色を選べますよ~。

サロモンXR SENSIBELTに決めた理由

デザイン性抜群かつ、収納域は広くて価格もまあまあ納得できるもの、そして揺れにくいといった点をレビューを参考にして決めました。

他のボトルポーチは安いけどデザイン性や揺れにくさで劣るなどイマイチだなと感じる点が多かったのでこれにしました。
えらぶ基準は人それぞれでしょうけど、概ねほとんどの人が(価格以外は)満足できるボトルポーチではないかと思います。

サロモンXR SENSIBELTのレビュー

全体の概要

というわけで、早速レビューに移りたいと思います。正面から見るとこのような感じ。スタイリッシュで良いデザインだと思いますね。
salomon_01

裏面はこうなっています。全面メッシュなので非常に軽いのが特徴。
salomon_09

上から見るとボトル収納箇所にゴムがついてるのがわかりますね。このゴムがボトルの落下を防いでくれます。
salomon_04

ボトルの引っ掛け方はこんな感じ。
salomon__02
飲み口の幹部分に引っ掛けとけば走ってる最中にスッポ抜けることはないです。
逆に、引っ掛けないと落ちることがあるので気をつけて。

付属のボトルについて

このポーチを買うと600mlのボトルもついてきます。
ヴァームのスクイズボトルと並べてみました。なにげに三角形になっていて持ちやすい設計です。
salomon_05

ボトルは半透明なのでドリンクの残りの量がわかりやすく、ペース配分しやすいでしょうね。
salomon_06

ボトルが三角形なので腰部分にフィットして揺れ難い設計となっているわけです。
なので、このボトル以外だと揺れは多少大きくなっちゃいますからこのボトルは大事に使いましょう。

ただし注意点なのですが、このボトルはきっちりとフタを締めないと揺れによってお漏らしします
走り始めた直後から「ん?なんかお尻が冷たいぞ・・・」と感じたらフタがしっかり閉まっているかを確認して下さい。

ギュッと締めて、緩まないくらいフタを締めておくことで漏れなくなります。
この点は実際に使ってみないとわからないと思うので、じっくり使ってみてくださいな。

ちなみにこのボトル、飲み口が結構固くて「開けてもなかなか中身が出てこない!」と感じる方もいるようです。
そういう場合には、本当にきちんと飲み口が開いているか?をチェックしてみてください。

チェック方法は簡単。引っ張るだけ。引っ張っても動かなければきちんと開いています。
で、それでも出てこないのであれば、ボトルを握る手に力を込めて中身を絞り出してください(笑)

というか、私も実際そのようにして使用しています。
そのほうが中身が出てくるのが早いですからね。

ベルト部分

個人的に評価の高いベルト。マジックテープなので無断階で調節できるのがかなり良いです。ウエストの細い人、太い人両方に対応できますね。
salomon_07

salomon_08

実際に装着するとこんな感じ。
salomon__01
腹が苦しいぜおぃぃぃ!っていうくらいギッチギチくらいに調節しておくとより揺れにくくなります。

ベルトを締めると大抵の人は残りのベルトが余るはずです。
salomon__03

ダセェ

この状態だと走るのにもプラプラして邪魔です。どうにかならんのか?と思いますよね。
なんとかなります。

実はポーチ部分に余ったベルトを収納するポケットがあり、そこにベルトを収納すればいいんです。

salomon_4

しっかりとベルトを締めて余った部分をポケットへ。
salomon456

結構すっぽり収まったのがわかると思います。
これでベルトがブラブラするのを防げました!
これでも余るという方は、きっともともと細い方なんでしょうか。うらやましい仕方ないのでベルトを少しカットするほうが良いかもしれませんね。
なお私はカットする必要がないのでカット方法は割愛です。。すみません。

salomon__08
このベルトブラブラ状態が・・・

salomon__07

きっちり収まった状態になりました!
(汗だくなのは気にすんな)

結構ギッチギチにベルトを締めて揺れないようにすると、ベルトがすごく余るんですよ。
腰回りの肉が減ってウエストが細くなってくると、ベルトは徐々に余ってくるのでうまく調節してみてくださいな。

ついでに、このボトルポーチがどれくらい揺れるのか?を簡単に確認してみた動画が以下です。

全然揺れてないですよね!
アマゾンのレビューでも「揺れにくい!」と言われていて結構高評価なのですが、確かに★5あげたくなりました。

揺れやすいボトルポーチだとボトルが上下にぶるんぶるん揺れちゃうんで、それ考えたら全く揺れてないレベルですよ。

ですがベルトの締めがゆるかったりすると揺れちゃうので、その辺りは一番良いポイントを探してみるといいかもです。

ベルトの装着位置は腰ではなく下腹部付近が最も安定します。。
ギュウギュウにして「キツイわ!」っていうくらい締めておくことで安定感がすこぶるアップします。

腰やおしり付近に装着すると、走っている時に上にずれてユルユルになり、揺れてしまいストレスがたまります。
そうならないためにははじめから下腹部あたりにぎっちりと固定しとけって話ですね。

収納部分の詳細

収納は2つに分けられています。青色の部分は小さなポケットになっていますが結構深いので小銭が割りとザクザク入ります。

salomon_10

スマホ、カギ、小銭を入れてみた

ランナーの必要最低限の持ち物といえば、スマホ、小銭、そしてカギですね。これら3つが入るのか試してみました。左からカギ、小銭、スマホ(Nexus5)です。スマホはカバーをつけているので通常より若干大きくなってます。
salomon_14

スマホが一番デカイので「そもそも入るの?」と心配だったため、スマホ単体で入れてみました。ここまでは行けます。問題は、全体が入るかどうか。
salomon_12

なんと…難なく入りました。
salomon_11

ファスナーも問題なく閉まります。未検証ですがiPhone6も大丈夫かもしれません。Nexus6はちょっと厳しいかもしれませんね。。。この状態なので、コンデジを持って走りたいという方にはおすすめできないですね。いるのかどうかわかりませんが。。。
salomon_13

というわけで、カギと小銭も入れてみます。小銭を入れたポケットはかなりの余裕がありますね。
salomon_15

ファスナーを閉めてみます。割りとパンパンですね。
salomon_16

上から見てみるとパンパン具合がよくわかります。
salomon_17

この状態で腰につけるとどうなのか?

割とパンパンになっていてズレたり揺れたりして邪魔なんじゃないかと思いますよね。というわけで、この状態で腰につけて軽く走ってみたところ意外と揺れませんでしたし、邪魔な感じもありませんでした。ベルトのマジックテープでキツめに締めると違和感はありませんし、ゴツゴツした感じもなく割りと快適。

今までボトルポーチを使っていなかったので腰のあたりが重いなとは感じますが、それ以外で困りそうなところは今のところなさそうです。

Nexus6Pみたいなでかいスマホも収納できるんです・・・

上の写真ではNexus5をサンプルにしてますが、現在メインで使っているNexus6Pはきちんと収納出来るのか試してみました。

salomon__09

カバーつけた状態。なんかと入りそうだけど・・・・。
salomon__11

すまん!入らんかったわ!無理でした。

でもカバー外したらすっぽり収まりました。
salomon__12

むき身のスマホをポーチに収めるのは勇気いりますけど、しょーがないですよね。
salomon__13

きちんとチャックも締まります。カバーなんて要らんかったんや・・・。
写真だけだとわかりにくいのでカバー外したら入った確認動画もとってみましたよ。

この状態でカギなどは一緒に入るか?という疑問も湧いてきたので試してみました。
結論から言えば、一緒に入ります。

とりあえずキーホルダーとスマホを用意して。。。
salomonkey__01

先にスマホを入れます。
salomonkey__02

その後カギを外側に収納。この時必ずスマホの画面ではなく背中側にカギが来るようにしましょう。
でないと、スマホの画面が傷ついちゃいますよ。
salomonkey__03

チャック締めて終了!ま、こんなもんでしょう。
salomonkey__04

私は普段スマホをTPUケースに入れて使っているので適当に外せばいいだけなんですが、iPhoneの人とかは手帳に入れて使ってる人も多いはず。
運動するたびにカバーの付け外しは結構面倒ですが、一つしかスマホがないのであれば我慢ましょう。

サイズ小さめのサブスマホがある人はそちらで使うのがベターかなという感じでした。
Nexus6Pは入るっちゃ入りますけどあんまり余裕なくなっちゃいますからね。

パウダータイプのスポーツドリンクと併用しよう!

というわけで、揺れないし収納もたっぷりででかいスマホも入っちゃうしでいいボトルポーチが購入できてかなり満足しています。
長距離を走るときは水分補給が大事なのでしっかりとボトルから補給しましょう。

10キロを超えて20キロとかになってくると、600mlでは足りなくなるかもしれません。
念の為に予備としてもう一本水を入れたスクイズボトルとパウダータイプのスポーツドリンクを用意して必要に応じて使うのがよいでしょう。

あとがき

以上、「サロモンXR SENSIBELT」を購入してみた感想をお伝えしました。
いかがだったでしょうか。結構いいボトルポーチでしょ?

ランニングを本格的に始めるとボトルポーチが必要になってくるときは必ず来ます。
早め早めに準備して使い慣れておくといいかもしれませんね!

こう見ると本格的にランニングしてる人のように見えますが、実際はダイエットのためにランニングしているだけです。
マラソン大会に出るためではないですよ。

もちろん、それだけの体が作れたらでたいとは思いますが。

いずれにせよ、ダイエットは食事制限と適度な運動をすれば自然とうまくいきます。
わたしがそうなので、あなたもきっと出来るはず。頑張りましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

加圧シャツを1年以上使っている人がボクサープレスを使ってみたぞ!

加圧シャツを1年以上使っている人がボクサープレスを使ってみたぞ!

「ラクして痩せたい!」とか「筋肉ムキムキになりたい!」そんな願望を抑えられない人は多くいるはずです。 よくあるパターンだとこんな具合ですよね。 ★経験者は語る テキトーにググって、「あっ、これ良いこと書いてあるから痩せられるんだろうな」で購...
More

私のダイエット記録

リバウンドデブから細マッチョに!再開ダイエット200日の記録まとめ

リバウンドデブから細マッチョに!再開ダイエット200日の記録まとめ

最初期のダイエットでは食事制限とランニングだけを行い、130日で体重マイナス8キロ、ウエストマイナス12cmとなりました。 しかしその後運動をしなくなったため、1年後にはゆるやかにリバウンドしてきていたのです。 どういう意味かわかりますか?...
More

ダイエットのコツ

消費カロリーとか気にすんな、10分でもランニングしてみろ世界変わるぞ

消費カロリーとか気にすんな、10分でもランニングしてみろ世界変わるぞ

ランニングってさぁ、消費カロリー多いけど続けるの大変じゃね? しかも毎日20分~30分続けなきゃ効果ないって言うし…。 そんな風に思ってランニングができていない方!そう、そこのあなた! ランニングって別にそんな難しく考えて始めるもんじゃない...
More

ランニング

ランニング中にストレッチしたら死ぬかと思った話

ランニング中にストレッチしたら死ぬかと思った話

つい先日の土曜日のこと。いつものように50分程度のランニングを真っ昼間にやっていて、30分ほど走ったところでヘロヘロになったんですよ。 なんかだるいしストレッチでもするか…と気軽な気持ちで前腿ストレッチをやったんですが… ズキッ!と今までの...
More

コラム的なもの

自営業者が業績不振で予定納税を減額申請する方法・やり方

自営業者が業績不振で予定納税を減額申請する方法・やり方

自営業者にとって税金支払いは常に頭に入れておかないことの一つですよね。 5月6月になったら市県民税や自動車税、国保なんかの支払いがまとめてどかっと来るので青ざめてしまうこともしばしば…。 かくいう私は自営業者であるにもかかわらず2018年度...
More
Return Top