ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ダイエットは体重を記録していくだけで続く!私の記録方法

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ダイエットは体重を記録していくだけで続く!私の記録方法

こんにちは。私です。
24日の土曜日に久しぶりにジョギングをしたことによって激しい筋肉痛に見舞われた私ですが、3日目に差し掛かったところで痛みがほぼ完全に消えました。

72時間(3日)で筋肉は超回復するというのを体感できると楽しいですね。

今日休んでまた明日から30分ジョギングをしてみようと思います。
恐らく前回のような激しい筋肉痛が起こることはないと考えていますが、どうでしょうかね。

というわけで、ここでは私がどのようにしてダイエットの記録を残しているのかをカンタンにまとめてみようと思います。
誰しも「自分のやり方」というのがあると思うので、参考になりそうな部分だけ抽出して使ってもらえればなと。

スポンサーリンク

私の最近のダイエット記録方法

私の最近のダイエット記録方法なんですが、ぶっちゃけ今までと対して変わっていません。
流れとしては以下の様に行っています。

1.体重・ウエストを計測
2.体重計から体脂肪率などのデータをウェルネスリンクに移す
3.ウェルネスリンクのデータをそのままエクセルにコピペ
(→自動でグラフ化できる設定にしています)
5.スマホの記録アプリにもデータを記録していく
(→からだリンクより使いやすいものがあります)

welex

グラフは今年の12月末まで自動で記録出来るように設定していますよ。
graph2

全てのデータをグラフにしておくと、どの数値が下がってどの数値が上がってるのかという相関関係がわかって面白いです。

運動すると骨格筋率が上がってくるのはどうして?というような疑問も湧いてくるので色々と妄想がはかどりますよね~。

スマホに関してはRecStyleというアプリを使ってます。

[appbox googleplay jp.co.recruit.mtl.beslim&hl=ja]
[appbox appstore 709213946?mt=8]

私の場合はエクセルによってすべての記録をいつでも確認出来るようにしているので、わざわざスマホに移す意味があるのかって感じかもしれませんが、いつでも確認できたほうがモチベーションを維持する面でいいこともあります。

なので、記録という作業は面倒ですが地味に重要な意味を持ちます

RecStyleでは体重と体脂肪率を入力するだけ

で、実際にRecStyleを使ってスマホでも記録を見れるようにするわけですが、使い方はいたって簡単。
毎日記録している体重と体脂肪率を入力するだけ。

ウェルネスリンクと自動同期できる「からだリンク」を見ても別にいいんですけど、あえてRecStyleを使ってます。
その理由としては、グラフ表示が秀逸であるため

20160726121036_p

これはここ数日の体重を入力したグラフです。今のところの最大値と最小値に目印が付けてありますよね。
また、目標値である50kgもすぐ分かるようになってます。

これだけでも十分見やすいのですが、グラフの左上を見ると分かるように日週月のデータも見ることが可能。

20160726125703_p

短期的な体重の変化を見てもあまり意味がありません。
ダイエットは基本的に3ヶ月~半年は継続して行うものですので、週ごと月ごとのデータを見れるようになっているのはありがたいです。

エクセルとかで作っても良いんですけど、見るのがかなり面倒くさいですからね。
ぱぱっと切り替えて確認出来るというだけでも重宝します。

まとめ

というわけで、私が現在行っている記録方法についてまとめてみました。
スマホのアプリも優秀なものがあるので、ダイエットに活用出来ると思います。

毎日記録することでやる気も出てきますし、データを見返すことで「これだけ頑張ってるんだなぁ」というのも客観的に見ることができます。

記録と確認はダイエットにおいては割りと大切なことなんですよ。
間違った方法だと結果に反映されませんし、ちゃんとできているなら徐々に体重もウエストも減ってきます。

正しいやり方を実践しつつ記録することで良い循環をつくり上げることが可能。
ダイエット3日坊主で終わらないためにも、しっかりと取り組みましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top