ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

LSDの基本は長い距離をゆっくり走るスロージョギングで全て学べる

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
LSDの基本は長い距離をゆっくり走るスロージョギングで全て学べる

このブログでも何回も登場しているLSDという単語。
今までその意味と語源について触れたことはありませんでした。
だって検索すりゃ分かる話ですしね。

でも、なんか最近はLSDという単語を検索すると怪しいお薬の方が検索結果に出てきてしまっているんですよねぇ。
流石にそれはダイエットには全く関係ないですし、改めてダイエットを始める私自身もLSDってなんぞや?という復習を込めてまとめてみます。

スポンサーリンク

LSDの基本は全てスロージョギングで学べるんです!

LSDってそもそもなんの略語やねん!って話ですが、Long Slow Distance(ロング・スロー・ディスタンス)の略です。
その意味としては、一定のスローペースを維持して長距離走るトレーニング方法といったところでしょう。

トレーニングの趣が強いですが、スロージョギングと併用すれば効果的なダイエットになりますし、体力やスタミナの増強にも繋がる方法といえます。

ただ、いちいちそれを意識するのは面倒くさいですから、とりあえずスロージョギングしておけば万事解決
ダイエットをするあたっては最初はウォーキングから始まり、その後ジョギングにステップアップしていくと思います。

LSDでは長距離を目標にすることになりますが、個人的には最初は限られた時間を一定のスローペースで走るのがベストだと考えています。

距離ではなく時間を目標にしたスロージョギングは取り組みやすい

LSDは名前の通り長い距離をゆっくり走ることを意味していますが、個人的にははじめは距離よりも時間を目安に走るほうが良いと思います。というのも、はじめに距離を目標にしてしまうと終わりが見えにくくなってしまうから。

もちろん反対意見として距離をおいたほうがゴールが見えやすいじゃないか、という話なんですけど現実的に考えて日々忙しく過ごしている中で疲労を残したくはないと考えている人のほうが多いですよね。

(10分程度であれば身体への負担も少なく(もちろん消費カロリーも少ないです)仕事や私生活への影響も少なくて済みます。距離を目標にすると筋肉痛の反動がひどいですからね。)

特に久しぶりにジョギングする人やこれからジョギングを始めようという人の場合は、例えば5キロ走るのに40分50分程度かかります。

こなれてくれば5キロは大体30分程度で走れるようになるのですが、それまでが非常にキツイです。
ですので、最初は距離を気にせず時間を10分なら10分と区切り、自分はどの程度のペースで走れるのか?という感覚を掴んでいくほうが大事。

私は先日久しぶりに走ってみたわけですが、以前と同じ感覚で30分走ってみて「失敗したかな・・・」と感じました。

30分で5キロという感覚が染み付いていたので、「どうしてもはやく走ろう、前はこんなの余裕だった」と無意識に考えてしまっていたと。

本当なら10分程度を目安にしてほどほどに走り身体を慣らしていくほうが大事だったと思います。
短い時間で区切りつつ、身体を慣らして10分から20分、20分から30分へと伸ばしていくのが大切かなと。

距離はそのあと考えれば良いかなと思いますね。もちろんのんびり長距離走ることで遅筋が鍛えられて消費カロリーは増えます。

距離と時間どっちを優先すべきかというと、卵が先か鶏が先かみたいな話になってしまうので、どっちが良いかは自分で走って掴んでいくしかないと思います。

が、何度も言うように個人的にはまずは慣れるまで短い時間で身体を徐々に慣らしていくほうが先決かなと思いますね。

まとめ

スロージョギングをすれば、体のどういう筋肉が使われていてどのくらい疲れるのか、自分はどれくらい走れるのか、といったことが隅々までわかります。

当然ながら筋肉の超回復の間は走行コースなどを考えたりしてしっかり休養をとることが必要ですよ!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top