ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

バズらせてみたい!思わずシェアしたくなる記事を書くための3箇条

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
バズらせてみたい!思わずシェアしたくなる記事を書くための3箇条

人は何かを伝えたいと思って、自分が読んだ記事をSNS上でシェアします。シェアする理由は様々ですが、ある程度はパターン化されています。シェアされるためにはどのような記事を書くのが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアされる記事1:感情に訴えかける記事

感情に訴えかける記事はSNS上でシェアされることがとても多いのが特徴です。例えば、笑える画像を掲載したり、泣ける話を書いたり、美人の写真を使ったりするとシェアされる可能性が高くなります。人の喜怒哀楽に訴えかける記事は上手く使うことができれば大きく集客できますが、一歩間違えると全くシェアされなかったり逆に炎上することもしばしば。

また、SNS中心の流入になるため、話題が終われば誰も見ない記事になります。バズらせやすいタイプですが、安定した集客は難しい方法かもしれません。

シェアされる記事2:悩みを解決できた記事

悩みを解決できたとき、「これを読んで解決しました」と紹介されることがよくあります。このタイプの記事はSNSからの集客は難しいですが、検索エンジンからの集客は大いに期待できるため、記事の閲覧数は時間はかかるもののどんどん増えていきます。爆発力はありませんが、じわじわとシェアされていくタイプです。

シェアされる記事3:自己顕示欲を満たす記事

人は誰かに認められたいとか、すごいと思われたいと潜在的に思っています。「こんなこと知ってる自分ってすごいでしょ?」と周囲の人に知ってもらうためにシェアする人も少なからずいます。そういった人の自己顕示欲を満たす記事をかけば、シェア数は増えてきます。これは初めと二番目に紹介したタイプを掛けあわせたようなタイプで、爆発力はありませんが、それでもシェアされるタイプの記事です。

これらを使い分けてシェアされる記事を研究することが重要

ここで紹介した3タイプの記事をうまく使い分けるのが重要なポイントです。
タイプ1、3だけを使ってSNS上でシェアされたとしても、安定性がないのでいいとはいえません。
また、タイプ2の記事ばかり書いていては話題になることは少ないです。

上手く使い分けることで、安定したPVを維持することが可能になります。
やや抽象的になってしまいましたが、これからブログを運営しようと思っている人、ブログを運営しているもののバズらないという人は是非参考にしてみてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top