ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ポケモンGOしながら1時間ほど自転車で走ると何匹ゲットできるか検証してみたら「ながらスマホ」の危険性がわかった

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ポケモンGOしながら1時間ほど自転車で走ると何匹ゲットできるか検証してみたら「ながらスマホ」の危険性がわかった

こんばんは。私です。
ついに日本でもポケモンGOが公開されましたね。どこもかしこもポケモンやってるのか下むいてスマホ見てる人ばかりじゃないですか。

おいおい、そんなに下ばかりみて歩いてると怪我するぜ!と思わなくもないですが、でも歩いてポケモン探すのってぶっちゃけ面倒くさくないですか?

私は面倒くさいな~と感じてしまった人間なので、自転車で1時間ほど運動しつつ何匹ゲット出来るのかを試してみた次第です。

1時間歩いて何匹ゲット出来るのかは試していないので試してみる価値はあるかもしれません。
とりあえずどの程度ゲット出来たのかをまずはごらんください。

スポンサーリンク

私が1時間自転車に乗ってゲットできたポケモンの数は・・・!

自転車に乗っていた具体的な時間ですが、以下のとおりです。
chari

17キロで1時間。かなりのんびりペースになってしまっていることは否めません。
まあポケモン捕まえながら乗ってたんで仕方ないともいえますよね!(運動になってない)

じゃあこの1時間でどれくらい捕まえられたのかですが、以下のとおり。

chari3

1時間で16体ゲットできました!
いやぁ、結構ゲット出来たほうじゃね?60分で16体なので、大体4分に1体はゲットしてる計算ですよね。

そう考えると、運動も出来てポケモンもゲットできるんだから効率は悪くないような気もします。

chari4

ポケモンゲットしてるうちにいつの間にか主人公のレベルもアップしてましたよ。
バトルタワー的なところにも何度も遭遇しましたが、レベルが足りず入れませんでした。

chari5

冒険ノートを見てみると、上で指摘したとおり数分おきにゲットしていたようです。
とはいえ、自転車乗るかーと用意している時にピッピが出てきたのは想定外でしたけどね。。。

なにはともあれ、1時間で16体。ぼちぼちの成果ではないかと思います。

ながらスマホは危険なので運動は運動、ポケモンはポケモンで分けてやるべき

とはいえ、ポケモンが出てくるたびに止まっていたら運動になりません。
ぶっちゃけポケモンやるときはポケモン、運動するときは運動ときちんと分けたほうが明らかに効率は良いです。

私の場合は運動がメインでポケモンはあくまでオマケなんですが、結構頻繁に出現するんで何度も止まらなくちゃいけなくなりました。

しかも、ポケモンが出ているかどうかをチラチラスマホで確認しなきゃいけないのでかなり危険です。

なので、個人的にはいくら効率がよくても自転車に乗りながらのポケモンGOはやめといたほうがいいと思います。
特にロードバイクの場合はスピードが出るため、ちょっと運転ミスしただけで大怪我をする可能性があります

もちろん歩きスマホもかなり危険ですが、ロードバイクに乗りながらの方がはるかに危険性が高いです。
なので、絶対に私の真似をして自転車に乗りながら効率的にポケモンやってやろうとか思わないで下さい。
最悪死にますので。

ポケモンGOはどういうタイミングでやるのが一番いいの?

ポケモンGOはランニングとか自転車とかでガッツリ運動しているときにすべきではありません。
そもそも運動の方に集中できませんし、大きな事故に繋がる可能性があるためです。

じゃあどういう時にやるのが一番効率いいんだいいんだよ!という話ですが、これはもうポケモンGOやるために外に出た時としか言いようがありません。

付け加えて言うならば、

・歩きであること
・ポケモンが出たら前後左右を確認して必ずとまること
・交差点などに出たからといってで立ち止まらないこと
・効率ばかり考えないこと
・あくまでゲームであると自覚すること

が大事でしょう。
ポケモンGOはかなり楽しいかもしれませんが、ヘタすると大きな事故につながりかねない可能性をはらんでいます。
なので、最新の注意を払ってプレイすることをおすすめします。

まとめ:運動は運動、ポケモンはポケモンでわけて楽しもう

私のように、自転車に乗りながら効率よくポケモンゲットしようとか考えると逆に効率が悪くなりますので、ポケモンGOをしたいなら、そのために時間を確保して遊ぶこと、これが大事だと思いますよ。

歩きながらとか、自転車に乗りながらとかついでに楽しもう的な考えでやると痛い目を見るかもしれません。
私もヤバさがわかったので、今後はこういうのは辞めようとと固く決意したのでした。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top