ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

パンクなしでも自転車の空気が抜けるときはバルブの虫ゴム交換で直せた話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
パンクなしでも自転車の空気が抜けるときはバルブの虫ゴム交換で直せた話

自転車って長期間乗ってないと自然と空気がすっからかんになっちゃってまた空気入れなおさないといけないんですが、年単位で放置している場合は空気を入れてもすぐに抜けるという状態になっている場合があります。

数年乗ってないしパンクの可能性もないのに、なんで空気が入らないの?と思いつつパンク修理のためにチューブを取り出して水に付けてみても気泡はでない・・・おかしくない?

そんなときに疑うべきはチューブの劣化によるパンクではなくて、バルブの虫ゴム劣化による空気抜けの方です。

私も年単位で放置していた折りたたみ自転車をいざ乗るかとなってメンテナンスしてみたのですが、全く空気が入らずパンクした形跡もないため途方に暮れていました。

最悪自転車屋さんに持って行って修理してもらうということも考えたものの、修理代金のことを考えると自分でどうにかしたいという気持ちの方が勝っていたんですよね。

それで、自転車修理のパーツ類を色々と見たりチューブのバルブをバラしたりしているとあることに気づいたんです。

それが、バルブにかぶせている虫ゴムの劣化でした。

スポンサーリンク

パンクなしでも虫ゴムが劣化すると空気が抜けるのは盲点だった!

自転車の空気が抜けるのって、自転車を色々いじってない人にとってはパンク以外の原因がわからないんですよ。

わたし自身も自転車いじりは全然していない層なので、実際に虫ゴムの劣化を目にするまでは原因がわかりませんでした。

20160724131306_p

はい、この写真の左がもともと装着してあったバルブです。
虫ゴムが完全に劣化してドロドロに溶けてしまっています。

チューブのバルブは実は消耗品で定期的に取り替えなきゃいけないパーツだったようです。(と、ホームセンターのパーツ売り場に書いてありました)

20160724131411_p

どうしても空気が入らないのでヤケになってバルブを外してみて初めて異変に気づいたんですよ。こんなドロっとと汚くなっている状態はおかしいと考えるのが普通ですしね。

そんなわけで、ホームセンターで買ってきた新品のバルブに取り替えます。

20160724131541_p

このバルブ+虫ゴムセットは前後輪合わせて300円くらいなので、お安く修理できますよ。
虫ゴムのセット手順も超簡単に解説してあるので楽ちんです!

20160724132021_p

このようにバルブに虫ゴムを突っ込むだけでOK。
破れたとき用の予備の虫ゴムもあるので心配は不要です。

新しいバルブに虫ゴムをセット出来たら、バルブを元の位置に戻しましょう。

20160724132115_p

これで奥まで隙間なく取っ込み、くぼみに噛みあわせます。
そしてナットをかぶせてあとは空気を入れていきましょう。

20160724132312_p

ガンガン空気を入れていきます。
タイヤがパンパンになるまで入れれたら空気入れを外し、空気が抜けているかどうかを確認します。

バルブ交換前だと、空気入れを外した瞬間からスースーと音が出るほどの勢いで空気が抜けていたのですが、交換後はキャップもしていないのに空気漏れの音が全くしません

これでなんとかなりそうだ!ということで片方が直ったらもう片方のタイヤも直しちゃいます。

バルブが原因の空気漏れの場合、チューブ交換をしていないのであれば前輪も後輪も両方とも虫ゴム劣化による空気漏れが起きている可能性が高いです。

片方だけで良いと言わず両方交換しておくことで、突然の空気抜けが起きる心配も少なくなるはず。

というわけで、両輪ともバルブ交換し空気を入れました。
20160724133143_p

念のため空気が抜けているかどうかを1時間後にチェックしてみましたが、なんともなかったです。

いつもは10分もすれば空気が抜けてヘタっていたのに、バルブ交換しただけで空気がパンパンの状態を維持できるとは・・・!

パンク以外でも空気が抜けるのはこういうケースもあるんだなといういい勉強になりました。

この自転車、ライトがなかったのでついでにホームセンターで980円くらいのLEDライトを購入して装着しておきました。

20160724133217_p

単三電池一本で使えて、普通の灯火と点滅の2種類を使い分けられるタイプですね。

あと、普段使いだとかごがあったら良いなあと思っていて「折りたたみ自転車だし着脱可能かつ折りたためるカゴがあればなぁ」とホームセンターの棚を物色していたらお目当ての物がありました。しかも1500円位で!

必要になったらそのうち買おうかなと思います!

話がそれましたが、パンクしていないのになぜかタイヤの空気がすぐに抜けてしまうという場合、バルブを交換したほうが良いかもしれません。

タイヤの調子がおかしい!という方はその辺りをチェックしてみてはどうでしょうか?

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top