ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

運動時の汗って本当はクサくない!汗腺を鍛えて汗をたくさん出せばニオイは消える

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
運動時の汗って本当はクサくない!汗腺を鍛えて汗をたくさん出せばニオイは消える

ダイエットのために運動始めたら体重減って体臭も改善したんですよ、という話を別の記事書きましたが、実は運動時の汗のほうがクサくないっていうのは知っていますか?

汗腺の働きによって汗は再吸収されるわけですが、体に再吸収されず、下着やシャツに吸収されて時間が経つと臭くなってしまうんです。

汗自体はクサくないけど汗に含まれる成分をエサにして雑菌が繁殖して臭くなるわけですね。
ここではその辺りについてちょっと具体的に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

蒸れやすい環境で運動すると臭くなる

運動で出た汗ってなぜか知りませんがクサイイメージがありますよね。
実際のところ、柔道とか剣道などの蒸れやすいスポーツはかなりニオイがきつくなってしまう傾向にあるのも事実です。

ですが、汗がしっかり蒸発して乾く環境であればそれほどクサくならないんですよ。
例えば、ウィンドブレーカーを着て走る場合とTシャツを着て走る場合ではTシャツのほうが臭くなりません。

言うまでもないですが、汗がこもらず蒸発してくれるからですね。
汗腺による汗の再吸収が組み合わさることですぐに乾いて雑菌の繁殖しにくい環境となるのです。

方やウィンドブレーカーを着て走る場合、汗がウィンドブレーカーに遮られて蒸発できず、再吸収も間に合わないためムレてしまいます。

ムレるのは雑菌にとって最高の環境ですので雑菌は爆発的に増殖し、ウィンドブレーカーを脱いだ時にクッサ!と言わなきゃならなくなるわけです。

汗腺の働きが低下していると環境が良くてもクサイ

じゃあ外で汗が蒸発しやすい服装で運動すれば絶対クサくないのかというとそうでもないわけで。
運動不足の状態だと汗が汗腺の働きが低下し、汗の再吸収機能がうまく働かなくなってしまいます。

そうすると、運動して汗を流しても再吸収しないぶん蒸れやすくなるんですね。
ですのでニオイは少なからずでてしまうことに。

ですが運動を続けたり、湯船にしっかり浸かって汗を出すような習慣をつくれば、たくさん汗が出るようになります。

クサイからなにやってもダメ・・・と思う必要はないわけです。

汗腺の働きが低下していると、ストレス性の発汗なども蒸発しにくくべたつきやすくなります。

「汗をかくと臭くなるから・・・」と汗を出さないようにするよりも、逆にどんどん汗を出すようにして汗腺を鍛えるほうが、逆にニオイが出にくくなるんです。皮肉なことですけどね。

汗をたくさん流す方法は?

汗をたくさん出して汗腺を鍛える方法ですが、一番効果的かつ簡単なのはジョギングやランニングでしょう。

しっかり走れば汗がダバダバと出てくるので、自然と汗腺を鍛えることにつながります。

また、湯船にしっかりと浸かって汗を流すというのも効果的。
時間が勿体無くてシャワーで済ませてしまうというような人もいるかもしれませんが、汗腺を鍛えるという観点からは湯船に浸かったほうがいいです。

ゆったりとリラックスした時間を過ごせばストレス解消にもなりますし、一石二鳥ですね。

たまには時間を忘れてのんびり入浴するということも必要だと思いますよ!

食事面から汗を出す場合では、辛いものを食べるというのも一つの方法ですね。
ただ極端に辛いものは体に負担をかけてしまうため避けたほうがいいかも。

生姜、生姜湯など体を温めるものを食べたり飲んだりするほうが健康的と言えるでしょう。

いずれにせよ、これらの方法で汗腺を鍛えることで、汗の再吸収機能が正常に働き出すはず。

まとめ

というわけで、運動時の汗は汗腺の働きを高め再吸収を正常にできるようになれば改善出来ますよという話でした。

当然ながら個人差もありますし環境によっては臭くなっちゃう時もありますが、それでも汗腺の働きが弱っているとき(運動不足のときなど)よりはかなりマシになるはずです。

私自身も今までめっちゃクサイ!と言われてきたのですが、運動し始めてからは臭いと言われることは全くなくなりましたし、それなりに違いが出ているということなのでしょう。

自分にあった汗の出し方(運動が一番ですが)を見つけ、しっかりと汗腺を鍛えて臭いと言われないようにしていきましょう!

当たり前ですが、汗を吸収した後の服は雑菌の温床になってしまうのでニオイも出やすく衛生的ではないです。
ですので、汗をかいたあとは早めに着替えて過ごしましょう。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top