ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

アイスクリームは食べても太らないに騙されるな!ダイエット中は控えめにってお話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
アイスクリームは食べても太らないに騙されるな!ダイエット中は控えめにってお話

アイスクリームって暑い時期になると無性に食べたくなりますよね。
てか、暑い時期じゃなくても冬とかでもコタツアイスみたいなわけのわからんことをやりたくなるわけですが。

しかしアイスクリームを食べても太らないっていう話、誰が最初に始めたんでしょうか。
実際の所、アイスクリームのカロリーは高め(もちろんものによりますが)で、100グラム辺り200kcalオーバーのものも多くあります。

200kcalと言っても具体的な想像がしにくいと思いますが。
簡単に言えば、25分くらいジョギングしたのと同じくらいのエネルギー量ですね。

4865

これがラクトアイス(普通脂肪)100グラム辺りのエネルギー量です。
ラクトアイスというと、爽とかスーパーカップみたいなやつですね。

54683

んで、25分間走った時の記録がこれ。
25分かけて文字通り汗水たらして走らなければ消費できない200kcalものエネルギー。

5分あれば食べきれるアイスと同じくらいのエネルギー量なんですよ
あまりにも理不尽すぎません?

25分間一生懸命走ってエネルギーを消費しても、暑いからって1個アイスを食べるだけで台無しになっちゃうと。
当然、これほど人体は単純ではありませんが、しかしそれくらいの危機感をもってダイエットに望んだほうがいい結果を得られるはずです。

スポンサーリンク

アイスクリームは太らないと言われる理由

「アイスクリームを食べても太らない」というのはダイエット中の人間には呪詛のようなフレーズではりますが、ではどうして太らないと言われているのでしょうか。

アイスクリームは太らない論者の理屈は以下のとおり。

アイスクリームは当然ながら冷たいため、体を冷やす作用がある。
身体が冷えた時に体温を元に戻そうとして代謝が上がる
その結果、エネルギーとして消費され太りにくい

何言ってんだお前レベルの屁理屈ですよね。

基本的に、体が冷えると基礎代謝は下がります。
基礎代謝が下がると当然ながら消費エネルギーも減るため、むしろ太ります

身体が冷え性だったり、運動不足などで基礎代謝が下がっている時にアイスを食べると普通に太ります。

身体が冷えた時、一時的に体温を戻すために基礎代謝が上がると思いますが、それはあくまで一時的な話。
結局のところ、アイスを食べても太らないというのは幻想でしかないのです。

ただ、基礎代謝が上がってなおかつ運動もしっかり行いエネルギーを消費しやすい状態であれば、アイスを食べても太りにくいというのは事実といえそうです。

短絡的に「アイスを食べても太らないんだ!じゃあ食べても安心だね!」という話にはならないのです。

アイスクリームの分類とカロリー

ちなみに、アイスクリームをカロリーの高い順に並べてみると以下のようになります。

種類一例100gあたりカロリー(kcal)
アイスクリーム
(乳固形分15.0%以上
うち乳脂肪分8.0%以上)
20160329_minicup_van
ハーゲンダッツ
14740-large
モウ
180~212kcal
アイスミルク
(乳固形分10.0%以上
うち乳脂肪分3.0%以上)
20110308002
雪見だいふく
167.1 kcal
ラクトアイス
(乳固形分3.0%以上)
SD_1512150110

mig
スーパーカップ
108~223.9 kcal

当然ながらカロリーは一例に過ぎないので、ここでまとめているより多いこともあるでしょう。

たった100グラムでこれだけのエネルギー量ですので、ダイエット中に食べるべきではないおやつであることはハッキリ分かるはずです。

基本的に上記のアイスクリーム類は200~250kcal程度はあると思って食べないと後で痛い目を見るでしょう。

とはいえ、どうしてもアイスを食べたいという時もあると思います。
そういう時は氷菓に注目しましょう!
soda

ガリガリ君などは1本で50~70kcalで、アイスクリーム類と比較すると半分からそれ以下のエネルギー量しかありません。
といってももちろんカロリーはあるので、たくさん食べるとか毎日食べているとエネルギーが蓄積して太ってしまいますよ。

氷菓であってもダイエット中は1週間に1~2本程度に抑えておくのが大事だと思います。

まとめ:本気で痩せたいならダイエット中はアイスは控えよう

上でも書いていますが、体を冷やすと基礎代謝が低下してしまうためエネルギー消費が少なくなります。
そこにカロリーの高いアイスクリーム類をぶち込むとどうなるか、想像に難くありません。

運動後や日中に暑い時は、カロリーの低い水やスポーツドリンクなどで身体の熱を冷やすのがポイントですよ!
味付けなしの炭酸水など疲労回復に効果的なのでぜひ活用したいところ。

ダイエットに関する色々な情報が氾濫していてどれが正しいのかわからないということも多々あるでしょう。
しかし、基本的にアイスなどは主食ではないため食べる必要がないものの一つ。

一生懸命ダイエットに取り組んでいるのに「太らないならいっか!と」思って食べると太ってしまった、なんてことになると辛いじゃないですか。

そうならないためには、無駄なものは極力控える、しっかりと太る可能性があることを理解するのが大切ですよ。
暑いですが頑張ってダイエットに取り組みましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top