ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

早朝ランニングを実現する上で苦労しそうなこととその対策方法

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
早朝ランニングを実現する上で苦労しそうなこととその対策方法

早朝ランニングやジョギングって、脂肪燃焼の観点からしても脳内物質の分泌の観点からもいいという話なんですが、でも実際のところ早朝からの運動を実行するのは結構難しいです。

その理由としては、早朝に起きる習慣がない、早朝だと睡眠時間が足りなくなる、意識が覚醒しきっていないからやる気がでないなどなど。

いずれにしても私自身が実際に感じていることではあります。
とりわけ早朝に起きる習慣がない人がいきなり明日から早朝ランニングするかといっても難しいんですよ。
ここでは早朝ランニングを実現する上で乗り越えなきゃいけないこととその対策について考えてみます。

スポンサーリンク

早朝ランニングはなぜ難しいのか?

上でもざっくりと理由をまとめていますが、結論的にはこれ以上でも以下でもないです。

・早朝に起きる習慣がない
・早朝だと睡眠時間が足りなくなる
・意識が覚醒しきっていないからやる気がでない

私はこれらの「出来そうにない理由」を早朝ランニング前日から潰す作業をしたところ、普通に朝5時に起きてジョギングを30分間実行できました。この達成感はなかなかものもです。

夏ですし夕方も暑いですから、早朝のほうが涼しく走りやすいのも実感できましたしね。
これらの問題をどうやって潰したのか、まとめてみます。

早朝に起きる習慣がないを潰すには

当然ながら早朝に起きる習慣を作るようにします。
どのようにして作るのか、ですがまずは早寝を心がけましょう

就寝時間の目安は大体11時頃。ここから朝5時まで寝れば最低でも6時間程度睡眠をとることが出来るはずです。
また、夜10時から翌朝2時にかけては成長ホルモンが分泌されやすい時間帯でもあります。

そのため、この辺りでしっかりと睡眠をとれば肌のハリや潤いも実感できることでしょう。

ちなみに、アルコールを飲むと利尿作用と覚醒作用によって逆に寝付きが悪くなってしまいます

ですのでそこはちゃんと覚えておかなきゃダメですよ。
といいつつ、ビールを飲んでリラックスするのもたまにはいいんですけどね・・・。

ま、早い話アルコール飲むと早寝早起きしにくくなるってことです。
だから飲むにしても少量にしときましょうねって話です。
ビールだったら缶1本でも結構きつくなっちゃう私が言うんだから間違いねぇ。

で、3回ほどうまく早朝に起きれてジョギングもできると、「お?自分だってできるんだな~」という大きな自信につながりますからね。

まずは起きられることを自覚し、次は走れることを自覚すれば「自分ってやるじゃないの!」という自己肯定感に満たされますから、気持ちの面でもポジティブになれるはずですよ。

参考記事:仕事も私生活も行き詰まったと感じたら今すぐジョギングしようってお話

寝る前にカーテンは開けておけって話

ちなみに、早起きしたいしたいと言いつつ寝る前にちゃんとカーテン閉めちゃってません?
いや、暗くないと寝れないんだ!って人は仕方ないかもしれませんけど開けて寝ましょう。

開けて寝ると落ち着かないかもしれませんが、実は寝起きには効果的です。
というのもなかなか寝付けなかったり朝起きれない人は、セロトニンが不足しているといわれているから。

セロトニンは強めの光、要するに日光などの明かりを浴びることで分泌されるようになります。
セロトニンは体や頭をすっきりさせるとともに、夜は眠気を催すメラトニンという成分に変わるので、朝きちんと起きれば夜もきちんと寝られる、という良い循環を作れるんですよ。

でもカーテンはやっぱり締めて真っ暗にしておくほうが落ち着く・・・という人は、設定した時間になったら音を鳴らすのではなく光を出す目覚まし時計というのもあります。

81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)


めざましテレビでも紹介されていたみたいです。

ちょっとずつ光が強くなるようにできているので、突然目覚めてしまう心配はないみたいですね。
どうしても朝起きられないんだクソぁ!って人は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

インティ公式サイト

早朝だと睡眠時間が足りなくなる潰すには

睡眠時間が足りそうにない、という場合は自分が最低どの程度睡眠時間を確保しないといけないのかを把握します。
私の場合は大体6時間~7時間ですが、他の方もほぼ同じくらいだと思います。

6時間睡眠と7時間睡眠で過ごしてみるのを比較し、どちらの調子が良いのかを把握しておけばOKです。
その上で、上述の就寝時間帯に寝れば成長ホルモンもしっかり分泌されてなおかつ睡眠時間が足りないということもなくなるでしょう。

ちなみに、睡眠時間の記録には熟睡アラームというアプリがおすすめです。

iPhone向け
[appbox appstore 827600695?mt=8]

Android向け
[appbox googleplay jp.co.c2inc.deepsleep.pokemedi&hl=ja]

平均就寝時間や平均睡眠時間などを記録できますし、睡眠リズムや睡眠評価もグラフ表示できます。
自分の睡眠時間や睡眠の質も管理できるため重宝するアプリだと思います。

意識が覚醒しきっていないからやる気がでないを潰すには

朝起きてすぐ布団をはねのけられる胆力のある方ってそんなにいないですよね。
普通は時間に余裕ができたら二度寝したくなるってもんです。

でも二度寝してしまうと早朝の運動時間がパーになってしまうわけで。
そうならないように、きちんと「さあさっさと起きて走るんだ!」と頭のなかで何度も念じましょう。
もうこの辺は気合でしかありませんが、どうにか這い上がって準備をして走りに行けばもう何も問題はありません!

この3つができない場合はEvernoteなどで日次レビューや目標をつける

上でまとめたことを実践できればまず間違いなく早朝ジョギング/ランニングはうまくいくと思うわけですが、とは言うもののこれを実践するためにはかなり強めに意識しておく必要がありますね。

私も何もしない状態で上の3津をこなそうと思ったら確実に無理だったはず。
どうやってこなしたかというと、Evernoteなどで日次レビューで毎日のルーティンや非効率な部分を見直すようにし、とにかく意識を強めに持つようにしました

前日にしっかりと走ってやる気を充填していたのも功を奏していたのかもしれません。

毎日ダラダラしてしまうとか、時間を無為に過ごしてしまうという方は日次レビューや目標をEvernoteにつけて、いつでもどこでも見直せるようにするといいですよ。

私の場合、早朝ジョギングはダイエットという目的も含まれていますが、その日のやる気を補充するためには絶対にこなしておきたい
日課
になりそうです。自分で言うのも何ですが、かなり自堕落ですからね。。。

まとめ

というわけで、早朝ジョギング/ランニングのために苦労しそうなこととその対処法をまとめてみました。
もちろん課題は人それぞれですが、何やっても早起きできない!という人はまずは目的意識をしっかり持つようにしましょう。

寝る前に「明日は早く起きて走るんだ!」というように強く意識しておくと本当に早く目が覚めていいですよ。
それでもダメ!という人は、Evernoteなどにどうして早朝ジョギングしたいのか、しなきゃいけないのか、というのを箇条書きで書きだしてみましょう。

それから日次レビューを作り、毎日の時間の無駄を省いて寝る時間をしっかり確保することで気持ちに余裕をもてるはず。
あれもできない、これもできないと考えていては早朝に起きることすら嫌になるはず。

まずは気持ち的な面での不安やストレスを減らすことも大切ですよ。
早朝ジョギング/ランニングは気分がいいので、これからも続けられるよう努力していきます!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

やっぱ赤い方が格好いいかも?Z5660Mニキシー管を輸入してニキシー管時計にセットしてみた話

やっぱ赤い方が格好いいかも?Z5660Mニキシー管を輸入してニキシー管時計にセットし...

Z566Mニキシー管時計を購入してはや数ヶ月が経過しました…。 未だに飽きが来ない美しすぎる時計なんですが、販売者の人は「赤いニスを剥がしたz566mの方がキレイだった」っていう話をしてたんですよねー。 どうしてもその言葉が頭から離れなかっ...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録360日目-ついにダイエット(筋トレ)1年継続!

再開ダイエット記録360日目-ついにダイエット(筋トレ)1年継続!

再開ダイエット記録をつけはじめて360日が経過しました。約1年ですよ? 自分でも1年もダイエット兼筋トレをこんなに長く続けて来られるとは思っていませんでした。 前回のダイエットが100日(3ヶ月程度)で終了したのを考えると、大幅に期間が伸び...
More

ダイエットのコツ

スーパー酵素プラスの成分や評価を口コミレビュー!楽天やAmazonより公式販売店がお得

スーパー酵素プラスの成分や評価を口コミレビュー!楽天やAmazonより公式販売店がお...

ダイエットといえば基本は運動でどうにかなります。しかし、運動不足だったり日々の疲れが溜まって運動なんかしてられるか!って人もいるでしょう。正直、運動するのが面倒くさい!って思っちゃいますよね。 だからこそ手軽にできる食事制限ダイエットが人気...
More

ランニング

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活用できるアミノ酸サプリ。

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活...

マラソンで良い記録を残したいとか、ダイエットをしたい…そんな人は時期など関係なくランニング/ジョギングに励んでいることだろうと思います。 私はある程度ダイエットは完了したため、最近はランニングをする機会がないのですが、やはり余分な脂肪を落と...
More

コラム的なもの

ダイエットで体型改善したいなら食事と運動どっちも大事と理解しよう!

ダイエットで体型改善したいなら食事と運動どっちも大事と理解しよう!

ダイエットという食事制限をして痩せるという方法が簡単で手軽、というイメージがあるかもしれませんが、実際は運動を組み合わせることでより早く、より健康的にダイットにつなげることができます。 なぜ食事制限だけでダイエットしようとして失敗してしまう...
More
Return Top