ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

日焼け止め不要の早朝ジョギングは紫外線防止の観点からも効果的だった!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
日焼け止め不要の早朝ジョギングは紫外線防止の観点からも効果的だった!

毎日毎日暑い日々が続いていますが、ダイエットのための運動は続けられていますか?
私は早朝ジョギングをしているため、暑くもないし疲労もたまらないし、朝っぱらからやる気も出るしで、早朝ジョギングのメリットを最大限に活かして運動しています。

ここでは時間帯別の紫外線量をみて「早朝はやはり活動に適した時間帯だった」のでそれについてまとめてみました。

スポンサーリンク

早朝や夕方は紫外線量が少なく活動しやすい

紫外線が強い季節は日中外で活動するのに日焼け止めを塗りたくったり長袖長ズボンを着る必要があったりしますが、朝6時頃~8時頃、夕方16時~18時頃であれば紫外線も弱く、影響も少ないため安心して戸外で過ごせます。

アクティビティの面から見れば普通に日中に活動したほうが楽しいんですけど、運動や作業で考えると早朝や夕方頃が最も紫外線の影響は少ないです。

気象庁のHPから紫外線予測分布図を見てみるとこんな感じ。
予測図ではありますが、過去のデータを参照する限りではおおよそこのとおりであると見て問題無いです。
zenkokushigaisen.gif

私の住んでいる地域は朝6時~8時までは紫外線は弱いんです。5時台は掲載されていませんが、6時の時点で紫外線の強さ指標であるUVインデックスは0ですから心配する必要は全く無いですね。

UVインデックスという単語が出たので簡単にまとめておくと、「紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの」がUVインデックスです。気象庁のHPにわかりやすい図があったので引用します。

kankyo_syo

出典:気象庁 UVインデックスとは

この図を見ると、紫外線の弱い時間帯はUVインデックスが1~2と弱く、屋外での活動に適している時間帯といえますね。
3~5、6~7であれば日焼け止めや長袖、帽子の活用が不可欠です。

それ以上になるとそもそも外出しないほうが良かったり、長袖日焼け止め、帽子は「必ず」利用することと念押しされています。付け加えるなら紫外線防止になるサングラスなども使用したい所。

私は早朝に運動してるので紫外線を気にする必要が無いため日焼け止めもサングラスも今は使ってないです。
もちろん日中に運動するとなるとサングラス、帽子、日焼け止め、それからボトルポーチ、飲み物などの準備は万全で行いますけども。

とはいえ、環境省が発表している「紫外線環境保健マニュアル2015(PDF)」においても、

紫外線は、時刻別にみると正午前後、正確には各地区で太陽が最も高くなるとき(南中時)、に最も強くなります。紫外線の強い時間帯(概ね、UVインデックス3以上)を避けて戸外生活を楽しむことを第一に考えてください。(同上33ページ)

と記載されていますから、注意して戸外活動をする必要がありますよ。

ちなみに、紫外線に関するデータは気象庁の以下のページに蓄積されていますので必要に応じて見てみるといいですね。

→ 気象庁 紫外線のデータ集

紫外線が強い時間帯は10時~14時!正午前後が最も強い

上記マニュアルでは「紫外線の強い時間帯(UVインデックス3以上)を避けて戸外生活を楽しむこと」が重要だとまとめられていますが、じゃあ具体的に何時から何時までが紫外線の強い時間帯なんだ?というと、10時~14時頃が最も強くなる時間帯です。

sigaisen

このグラフは私が住んでいる県の1997年~2008年の8月における平均時間別UVインデックスをまとめたグラフです。
これを見ると、6時~10時まで、15時~18時まではUVインデックスが低く運動などの戸外活動に向いている時間帯といえますよね。

問題なのは10時から14時までの間でこの時間帯はUVインデックスが強い~非常に強いのが特徴。
正午の12時に向かって紫外線は強くなり、正午を境に紫外線は弱くなっていきます

ですから10時から14時の間は全く運動には向いていない時間帯というのがわかりますよね。
夏は全国総体などがあったり甲子園が盛り上がったりとスポーツが盛んに行われる時期ですが、時間別の気温の変化も見ながら考えると問題視される理由がおぼろげながら見えてきますよね。

10時~14時は紫外線も強い上に気温も非常に高く30度を平気で超えてしまいます。
そんな中で運動するのは過酷と言わざるを得ません。

まだ体力のある10代20代でも厳しいですし、それ以降の年代になると休憩や水分補給を怠るとかなり危険です。
ですから、日中に運動するよりも早朝に運動するほうがメリットが大きいのです。

紫外線の強さだけを見ると16時以降は大丈夫なんじゃ?と思いますが、気温はまだ30度以上ある状態ですから、やはり運動には向かないのです。

まとめ:また早朝に運動すべき根拠が増えた

というわけで、時間別の紫外線の強さを見ながら考えると、やっぱり早朝運動することのメリットを改めて感じましたよね。
ダイエットのために早寝早起き習慣を作って運動すれば、運動している姿を知人に見られることもほぼないですしその他いろんなメリットがありますよ。

面倒だと思わず習慣づけることで当たり前の状態に持っていけば大変と思うこともありません。
今年の夏はたるたるのだらしのない身体でも、今から頑張れば来年の夏までには引き締まった身体にすることも夢じゃありません!

少しずつ頑張ってダイエットし、目標に近づいていきましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top