ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

自転車ダイエットではジョギングの「何倍も」は痩せられないぞってお話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
自転車ダイエットではジョギングの「何倍も」は痩せられないぞってお話

「自転車とジョギングどちらが痩せる」と気になっている方がよく以下の記事を読まれているようです。

まあ確かに私もどっちが効率的に痩せられるのか?ということは気になっていたため、検証のために書いた記事なのですが、思いのほか読んで頂いていて嬉しい限り。

結論から言えば、ランニング(ジョギング)でも自転車(ロードバイク)でも、続けさえすれば痩せる!というありきたりなものになってしまったわけですが、実際そうなのでなんとも言えないわけです。

「どっちが痩せるか」という条件に、「効率的に」とか「体に負担をかけずに」という諸条件が加われば結果は割れるはず。

時間効率を考えればランニングの方がいいですし、体に負担を掛けずにとなれば自転車(ロードバイク)の方がいいです。

ですので一概にどちらが痩せるかというのは答えが出しにくいんですね。

スポンサーリンク

「自転車ダイエットはジョギングより『何倍』も痩せる」という悪質なデマ

「自転車とジョギングどちらが痩せる」と検索した時にうちの記事が一番うえに来てますが、2番目にはNEVERまとめが来てるんですよね。

475

このタイトルだけをみると、ロードバイク乗るか!ってなるんですが中身を読んで心底がっかりしました。。。

というのも、ただの有象無象の寄せ集め記事にしかなってないし、まとめたライターもそれぞれの文節に肯定的なコメントをちょこっと書いただけ。

絶対自転車ダイエットやったことねーだろ!!何ドヤ顔で他人の書いた記事をごった煮してんだよ!

と思わずツッコミを入れたくなるくらいお粗末な記事でした。。。
そりゃ、「自転車ダイエットはジョギングより何倍も痩せる」ことは可能ですよ、間違いないく。
前提条件に「たくさん距離を走れば」とかつければね。

そういった諸条件なしに「何倍も」というのは明らかに語弊があります。

「とりあえず私は実践したこともこの先実践する気もないし、書いたことに対してじっくりと検討したり読みなおしたり、おかしいことは訂正したりする気はさらさらないけど、読まれりゃいいか。私に小遣いはいるし。ハハッ」みたいな雑すぎるまとめマン(ライターというのもおこがましい)は嫌いです。。。

引用するのも憚られるのでキャプチャで引用してみます。

ジョギング毎日20分が無理なら自転車20分も無理じゃね?

nanbai-1

「ジョギングの何倍もの効果!?どんどん痩せて、太りにくい体に変身」という凄い見出しなんですけど、論拠がひどいです。。。

・自転車は有酸素運動
→ おう

・ジョギング20分は辛いが自転車ならできそう
→ わかるような、わからないような
  気のせい要素が強い

・毎日乗るほうが効果は大きい
→ そりゃそうだ

出典:ママチャリ自転車ダイエット
→ ファッ!?

なんというか、だから何だよとしか言えないんですよね。
この論拠でなぜ「ジョギングの何倍もの効果!?どんどん痩せて、太りにくい体に変身」という見出しに繋がるのか一切不明です。

コメントも「ジョギング毎日20分は無理だけど、、自転車ならできそう!」と書いてあって、ダイエットやらない人はのん気でいーよなーと思っちゃいます。

自転車の消費カロリーは思ってるほど多くない

自転車って消費カロリー思いのほか少ないんですよ。
1時間ほど走っても距離伸ばせないと320kcalくらいしか消費できなくて。

上記の例なら自転車で20分くらい走っても、106kcalしか消費できないんです。
106kcalというと1キロ12分ペース(普通の速度)で、ウォーキング30分で消費するカロリーと大差ないんですよ。。。

なので、「自転車で何倍も痩せる」を実現するには文字通り何倍も距離を伸ばす必要があります
自転車でダイエットするのはそれなりに根気が必要なんですよ。

ちなみに、100グラムのおにぎり1個あたりのカロリーは179kcal程度です。
自転車に20分乗ったところで、おにぎり1個かそれ以下のエネルギーしか消費しないんですよ、残念だけど。

ランニングで使う筋肉も全身の70%だけど・・・・

nanbai-2

自転車で使う筋肉が全身の70%と言ってますが、ジョギングやランニングで使う筋肉も全身の70%以上でしょう。
まるでジョギングやランニングが筋肉使ってないかのような書き方ですが、僧帽筋や背筋腹筋、ハムストリングスや大殿筋など大きな筋肉を使うというのもジョギングも自転車も全く同じです。

お尻の大殿筋はむしろ自転車の場合はあまり使わないので、たるんだお尻をひきしめるという意味ではジョギングの方が向いているかもしれません。

色々と自転車のメリットを解説してますが、要するに「ジョギングと同じ効果が自転車で得られますよ」と言いたいんですよね。

ジョギングよりも腰や膝への負担が少ないは正解

nanbai-3

これは間違いなくその通り。
ジョギングだと膝や腰にかかる負荷はかなり大きくなります。
ですので、骨格の割に体重が重い肥満体型の人はジョギングよりも自転車のほうが体への負担が少ないです。

また、筋肉へのダメージが少なく筋肉痛が起こりにくいというのもその通り。
しかし、筋肉は負荷がかかり損傷することで大きく成長します。

なので筋肉を鍛えて引き締めよう!という場合にはそれなりの負担が必要ですから、自転車でもそれなりの速度や強度をキープする必要があります。
ダイエット目的であればたらたら20分走るのではなく、ケイデンスを上げて脂肪利用率を高めることが大事になります。
自転車ダイエットは楽そうだ、なんて思ってるかもしれませんけど、結局は大変なんですよね・・・。

まとめ:自転車ダイエットだってそれなりに大変です

というわけで、気になったまとめ記事に対して感じたことをつらつら書いてみました。
さっきのまとめ、最後は「どうせならカッコいい自転車でおしゃれにダイエットしちゃおう」とまとめてて、ダイエットさせる気ねーだろと思っちゃいますけど。
nanbai4

ともあれ、自転車だってジョギングだって、続けさえすればダイエットにつながります。
ジョギングを1時間毎日こなせばあっという間ですし、それと同じようにロードバイクも毎日2時間くらいぶん回せばガンガン体が細く鍛えられていくはずです。

でも、一概に自転車がいいとかジョギングのほうがいい、みたいなのはやっぱり言えないわけで。
「足腰の負担がきになる」人には自転車を、「身ひとつでガンガン痩せたい」人にはランニングを、と人それぞれにあわせた方法があるわけです。

ですから、変なタイトルの記事に惑わされて自分に合わない方法を選択してしまわないよう注意が必要です。
ま、若くて健康な人ならどんな運動でも続けりゃ痩せますよ。ダイエット、難しいけど簡単です!頑張りましょう!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top