ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

自作のスポーツドリンクはまずくて飲めない!既成品を買ったほうが時間もお金も節約になるって話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
自作のスポーツドリンクはまずくて飲めない!既成品を買ったほうが時間もお金も節約になるって話

運動するときには必ずスポーツドリンクを活用するっていう人、いますよね。
私も粉のスポーツドリンクを水に溶かして活用することが多いです。

スポーツドリンクの何がいいのかというと、水分補給だけじゃなく走るのが楽しくなるってこと。
美味しくてあまいスポーツドリンクを飲むために俺は走っているんだグヘヘ・・・みたいな変質的な感じではないですが、でもそれに近いところはあります。

一生懸命運動していれば自然と喉は乾きますから、より味も深く感じられるんですよね。
ものすごくお腹が空いた時も、いつもは大して美味しくも感じないのにその時はメチャクチャ美味しく感じてしまった、みたいなことはよくあります。

運動は五感の一部をフルで感じられるので、「生きているんだなぁ」というのを如実に感じられるのがいいところではありますが、日々運動していて気づいたらスポーツドリンクが切れてしまった!というときにどうするかも考えないといけないですよね。

しかも、運動の最中に疲れを感じにくくなるので私はできるだけスポーツドリンクは活用したいという考えです。

スポンサーリンク

スポーツドリンクは自作しないほうがいいと言ってみる

ネットでは「自作のスポーツドリンクで節約にもなるしオススメ!」みたいな記事がありますけど、個人的には全くおすすめしません。

どうしてか?単純にまずいからです。
まずいものは飲みたくないし続かないんですよ。誰だって美味しいものが飲みたいに決まっているわけで。

自作のまずいスポーツドリンクを運動中や運動後に飲みたいか?と聞かれれば私はノーですね

なんでも自作すればいいってもんじゃない

なんでまずいって言い切れるのか?と思うかもしれませんが、そりゃ私も実際に自作してみたことがあるからです。

ネットでは「クエン酸、重曹、塩、はちみつ(またはグラニュー糖)、水」といった材料を混ぜるだけというレシピがたくさん出回っています。

でも、このレシピで実際に作って飲んでみると普通にまずい
まずいもの、味気ないものにはある程度耐性のある私でも、これはちょっと・・・という評価をせざるを得ませんでした。

しょっぱいなかにはちみつの風味が乗ってきてくどい。
結果として飲めない液体になってしまうのです。

自作スポーツドリンクの記事にまんまと乗せられてクエン酸や重曹、はちみつなどの材料を買い揃えて作ってみた結果がこれか!?みたいな気持ちになりますので、聡い方は「ああ、やっぱり自作はまずいんだな」というのを覚えておいて下さい。

「バカ!まずくていいんだよ!(むしろそれがいい)」という人は自作でもいいと思いますよ。
しかし自作するとなると成分にはこだわりたいじゃないですか。

amino

既成品の粉スポーツドリンクの原材料をみてみると、かなりたくさんの材料をつかってあるため個人が真似できるようなものではないというのがわかります。

上記であげたクエン酸やはちみつ、重曹などはかなり安く購入できるので別にどうでもいいのですが、グルタミン酸やBCAA、アルギニンなどのアミノ酸系の材料はそれなりにいいお値段です。

なので、ここまでしてスポーツドリンクを作ることに何の意味があるのか?という疑問を抱かざるをえないのです。。。。

そもそも、本気で自作しだす人はかなりのハードトレーニングをしている方が多いと思います。
そういう方はスポーツドリンクの消費量もかなり多いでしょうから自作すればコストパフォーマンも高くなるでしょうね。

ですが、アスリートでもない一般市民の、それもダイエットのためだけに運動している人間がここまでする必要があるのか?と感じるわけですよ。

ここまでしてまずいスポーツドリンクをわざわざ作って飲みたいとは私は思いません。。。。
ですので、こういうときは今一度自分の運動スタイルを振り返って見る必要があります

自作する手間暇かけてまずいものを作るより既成の美味しいものを使うのがラク

で、話は戻りますが自作スポーツドリンクは基本まずいんですよ。
味の調整とかを丁寧に出来る方は研究して見る価値はあると思いますが、ダイエットのために使いたいという人は時間の無駄ですし、その時間は運動や筋トレに費やしたほうが明らかに有意義だったりします。

それに、自作スポーツドリンク(上述レシピ)はアミノ酸を含まないので運動時のパフォーマンスは既成品より低下すると考えられます。

既成のスポーツドリンクには運動時のエネルギー源として使用されるBCAAやグルタミン酸、血管の機能を正常に保つアルギニン他、運動時に役立つ非必須アミノ酸が豊富に含まれているんです。

ですから自作ものと既成品では同じパフォーマンスは期待できないわけですね。味もまずいし。

わざわざ劣化品を作ってまずい思いをして飲むくらいなら、私は既成のパウダータイプのスポーツドリンクを使います。

まとめ:既成品を使うのが結果的に安上がりで時間も節約できる

というわけで、スポーツドリンク自作するよりも普通に既成品を買ったほうがいいですよという話でした。
まあもちろん自作を全否定するつもりは毛頭ないですから、自作して使いたい方は使えばいいともいます。

しかし、まずいうえに運動のパフォーマンスも減る、さらにアミノ酸入れたり味付けなんかを考慮すると明らかに買ったほうが安上がりですし、無駄な労力はなくなります。

普通に生活していると時間もお金も限られているわけですから、できるだけ無駄なことはしたくないんですよ。

そう考えると、既成品のパウダースポーツドリンクでも十分元は取れると私は考えますが、いかがでしょうか?

ですので私は自作するよりも既成品を買って使うに一票投じておきますね。
ただ、スポーツドリンクの消費量が多く自分で作ったほうが安上がりになるアスリート系の人は自作したほうがいいかもしれません。

その辺りは自分の運動スタイルを考えて取り組んでみてもらえればと思います。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top