ライフキッカーズ

ダイエット・ランニング・筋トレなどがメインのWEBマガブログ

ランニングする時すね毛ボーボーだと汚いから絶対処理しろよって話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ランニングする時すね毛ボーボーだと汚いから絶対処理しろよって話

老若男女ダイエットのためにランニングをしている人、マラソンのためにトレーニングしている人、ムダ毛はしっかり処理してますか~?

私はすね毛も腕毛もきっちり処理してランニングしています。
なぜかというと、汚く見えてしまうからですね。

すれ違った人がボーボーと生い茂っている腕毛や、もじゃもじゃすね毛、ワキ毛を見てしまうと軽くうわぁ・・・と感じてしまいます。
男でもこうなんだから女性的には「!!!???」かもしれないですね。

ボーボーでいいのは髪の毛くらいですわ!

あっ、「ソイプロテイン ムダ毛が薄くなる」とかで調べてきた人は以下の記事をどうぞ。

見た目が汚いと思われるのは嫌だけどムダ毛処理に時間は掛けたくない、でもカミソリとかで剃るとチクチクして困る…!あと「こんな記事読むのめんどくせーよ!!処理すれば良いんでしょ!」という人はミュゼの除毛クリームなどを使ってさっさと除毛するのもアリ。

私も実際にこれを使って除毛したので、どれくらいきれいになるんだ?って気になる方は私のレビューもチェックしてみてください。おっさんでもすね毛やワキ毛がツルッツルになります

スポンサーリンク

空気抵抗が減るというメリットもあるがそれよりも…

見た目の話から戻ると、すね毛を処理することで空気抵抗が減りスピードが上がるとか暑さが和らぐといった話もありますよね。
これはランナーだけでなくロードバイクなどに乗る人も同じで、ロード乗りは基本すね毛処理するのがデフォのようです。

とはいえ、自転車とランニングでは違うんだからそんなに気にすることもないでしょ・・・・と思うかもしれません。

でも、私は気にするんですよ!すね毛ボーボーに生やしたおっさんが「お先ー」という感じですっと駆け抜けていくと「お、おぅ…(毛すげーな)」という気持ちになります。

逆につるつるの足の人が駆け抜けて行くと「お!めっちゃ足キレイやん!」と感心します。
決して、「コイツ変態なんじゃねぇの?」とは思いません
というか、そういうのは逆にもう古くて、今は男でも脱毛してるくらいですからね。

なので、清潔感をやんわり出すためにもすね毛は処理したほうがいいと私は思います。

ランニングをしているとおじさんおばさんだけでなく若いお兄さんお姉さん色々といるわけですが、私が見かけるおじさん以外の比較的若い年齢層の男性はすね毛処理している人が多いように思います。

そもそも、ランニングをしていて人とすれ違う状況で、いちいち相手のことなんか見んわ!という人が多いでしょうけど、追いぬかれたり追い越すときは割りとちら見してしまいます

ランニングをしているときは基本ハーフパンツでしょうから、すね毛ボーボーだと結構やばいんですよ・・・。
太ももまで黒々としている人は「もう目の前に出てくんなや!」なんて感じるくらいです。すんません。。。

それくらいボーボーのすね毛は目の毒ってことです。

どうせ見るならキレイな方がいい

なんか変態チックですけど、どうせ目に入るなら汚いよりもキレイなものの方がいいですよね。

しかしテレビなどで見かける陸上選手などは、ほとんどの人が無駄毛がありませんよね。
脇毛もそうですし、腕毛もすね毛もつるっつる。やはり見られることを意識して自分で処理しているのでしょう。

この前のリオオリンピックに出場していた選手もめっちゃキレイにしてましたよね。海外では無駄毛処理は身だしなみの一環として当たり前になっているのだそうです。

やはりムダ毛がある=汚いというのは世界の共通認識なんでしょうね。
その流れから、最近の若い陸上選手もムダ毛を処理しているそうで。

しかし内村航平選手が脇毛を処理せずに競技に臨んだことがちょっと話題になりましたよね。

海外選手 内村航平のわき毛に「なぜ処理しない」とザワつく

リオデジャネイロ五輪・男子体操団体総合で見事、金メダルを獲得した日本代表チーム。個人でも金を獲得した内村航平選手(27才)のノーミス演技や、白井健三選手(19才)のかわいらしさに話題が集まったが、実はそれと同じくらい世界が密かに注目しているのが「わき毛」の話。両手を上げてポーズを取るウッチーはわき毛がボーボーなのに対し、白井はつるつる

例えば水泳選手の場合は、水の抵抗を少しでもなくすため、み~んなつるつるなのが常識だけど、体操ってどうなってる?

「体操は毛の有無が得点に影響することはありませんから、個人の自由。もともと薄い人は平行棒などで擦れて、わき毛が切れてしまい、目立たなくなる人もいます。

 ただ、昔の選手はほとんど処理していなかったのですが、白井選手のように若い選手ほど処理している傾向があります。これは海外の影響も大きいと思います。欧州では男性の身だしなみのひとつとして、わきはもちろん脚や腕を除毛する人が多いんです。

(以下略)
出典:https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12180-439812/

「陸上競技を見ているときボーボーの脇毛が写ったら汚い!食事もまずくなる」というようなことをいう人もいて、まあそう感じる人もいるというのがわかりますよね。もちろん気にしないという人もいますけど、大衆的には処理して見られてもいいようにすべきという話なんでしょうね。

まあもちろんそれは相手を意識するからであって、自分がどう見られてもいいというのであれば処理はしなくてもいいんでしょう。

でも、個人的には処理しとけよと言いたい。くさそうなのを見るのは嫌だし

すね毛処理もできないなら走るな!って思われそう

そういう流れなんで、結局みんなキレイなモノのほうが見ていたいわけです。
無駄毛=汚いというイメージが浸透してきていますから、男性の方は特にムダ毛処理にはこれから力を入れて行ったほうがいいと思います。

ムダ毛ボーボーの方がワイルドでカッコいいし男らしいだろう?
…んなわきゃー無い!

清潔感が足りず汚く見えてしまうだけです。
かっこ良く整えられたひげとかならわかりますけど、ボーボーに伸ばしっぱなしにしたひげが汚く見えてしまうのと同じ話ですね。

しかしすね毛には整えるというようなことはできないので、キレイにするか薄くするくらいしかできないです。
数年前から始まった健康ブームはじわじわと広がってきて、健康寿命(病気などがなく健康に生活できる寿命)を延ばそうという意識が浸透してきています。

すると、運動不足を解消するためにランニングや自転車にのる人口も増えてくるでしょう。
人によってはジムに通うとか、スイミングスクールにいく人もいるでしょう。

いずれにしても、自分の健康でいられる時間を伸ばすためには体を動かすこと=運動が必要です。
で、そのためには運動する場所にいかなければなりません。

しかし同じような考えを持つ人がたくさんいて、多くの人がトレーニングに励んでいると、自然と人を見る機会、人に見られる機会は増えますよね。

そのとき、他人の汚いすね毛を見たいか?と考えてみてください。
考えるまでもなく、見たくはないですよね。太ももの裏とかマジで汚ねぇなと感じてしまうので…。

それは他人にも言えることで、あなたの汚いすね毛なんか誰も見たくはないんですよ。
ワキ毛も同じように「汚いなぁ」としか思われません。

ちなみに、ワキ毛を放置すると汗のにおいなどが強烈になってしまうので、におい対策の面からも処理した方がいいです。

兎にも角にも、公園など人とすれ違うことの多い場所で走る場合、ムダ毛はきっちり処理しておいたほうが絶対にいいです。

処理が嫌なら薄くする方法も

ワキ毛はわかるけど、すね毛前処理はキツイっす!という言い分もわかります。普通はすね毛は放置してることがおおいですからね。

そのまま放置でランニングするのも恥ずかしいけど、全部処理するのもそれはそれで恥ずかしいというもどかしい気持ちの人には朗報。すね毛を薄くする化粧水があるんですよね。
お得な3本セット用
鈴木ハーブ研究所「パイナップル豆乳ローション」

このパイナップル豆乳ローションは割りと昔からある化粧水で、ムダ毛を薄くしたいとか、剛毛や柔らかくしたい人に人気です。

大豆に含まれるイソフラボンがなどの成分がムダ毛に働きかけて、ムダ毛ケアに繋がるのだそうです。
こういうのを活用することで、「目立ちにくいけどすね毛あるんだよね~(ドヤっ)」と出来るんじゃないでしょうか?

もちろん漢の全ゾリ(笑)でもいいと思いますけど、肌のケアもできるので使ってみてもいいんじゃないかなと思います。
特に走った後は汚れや砂利などが足についたりしますからね。足の肌荒れ対策として活用してみてはどうでしょうか。

除毛クリームを使うと毎日の手間暇要らず

パーナップル豆乳ローションは毛を薄くする働きが期待できるんですが、別に毛を除毛してくれるわけじゃあアリません。

なので今すぐ処理するにはカミソリで剃るとかの方法で処理しなきゃならないわけですが…

ぶっちゃけカミソリで処理するのって嫌じゃないですか?私はいやです。

なんでかって言うと、剃った部分の毛が伸びてきた時にすげー痒くなるんです。アレ嫌じゃないですか?私はめっちゃ嫌なんですよ、むず痒くなると集中しなきゃいけない時にボリボリかきむしりたくなる…。でもそうすると肌は余計に荒れるわで…。

そうならない方法があれば良いんだけど、ってたどり着いたのが除毛クリームでのムダ毛処理

なにが良いかって、除毛したあとに痒くならない!いや、マジでこれだけのために除毛クリームを使うのは、個人的にはアリだと思うんですよね。

カミソリ負けして肌がかぶれたりすると嫌じゃないですか。除毛クリームだったらカミソリ負けなんてまずないので、ものすごくキレイかつ肌への負担なく処理ができるので割とオススメだったりします。

ワキ毛やすね毛だけでなくVラインにも使えるので、足の付根あたりにムダ毛がある!って人も使ってみたほうが良いです。

ランニングにせよジムに行くにせよ、ムダ毛が濃い人を見ると「汚ねぇ!」という印象を持っちゃいます。ですので、できるだけムダ毛は処理してください、お願いします…。

ちなみに、2本セットで買うと10%OFF+送料無料です。男性なら毛の伸びるスパンも早いし、剛毛にはたくさん使ったほうがキレイに処理できるので、そのあたりを考えると個人的には2本セットがお得だと思います。

ミュゼの除毛クリームでサクッと除毛しようぜ!

まとめ:ランニングするなら見られても恥ずかしくない足に!

見られても恥ずかしくない足というと要領を得ないですが、つまるところ走る前にすね毛処理しろや!ってことです。

ダイエットのためにランニングをするようになってから(去年からですかね)、私もすね毛は全て処理しています。
だってそのほうが恥ずかしくないもん。

むしろすね毛ボーボーだと汚く見えてしまうので私はイヤですね。
すね毛ボーボーでも構わん!と言ってくれる人もいるでしょうし、別に自分は気にしないからいいやということもあるでしょうけど、汚いと感じている人もいるということもお忘れなく

どうせ見るならキレイなものがいいですし、見せるのもキレイなものを見せて欲しいんですよ(?)
ということで、ムダ毛はキレイに処理してランニングしましょうって話でした。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

ザバスファンクラブでTシャツをもらってみたぞ!応募方法と発送時期は?

ザバスファンクラブでTシャツをもらってみたぞ!応募方法と発送時期は?

ザバスのプロテインをある程度の期間飲んでる人は、ザバスファンクラブの存在は知ってるんじゃないでしょうか。 ザバスファンクラブというのは、オリジナルグッズやキャンペーンへの応募、スポーツ栄養最新情報を紹介してくれるクラブなんです。 まあそんな...
More

私のダイエット記録

リバウンドデブから細マッチョに!再開ダイエット200日の記録まとめ

リバウンドデブから細マッチョに!再開ダイエット200日の記録まとめ

最初期のダイエットでは食事制限とランニングだけを行い、130日で体重マイナス8キロ、ウエストマイナス12cmとなりました。 しかしその後運動をしなくなったため、1年後にはゆるやかにリバウンドしてきていたのです。 どういう意味かわかりますか?...
More

ダイエットのコツ

消費カロリーとか気にすんな、10分でもランニングしてみろ世界変わるぞ

消費カロリーとか気にすんな、10分でもランニングしてみろ世界変わるぞ

ランニングってさぁ、消費カロリー多いけど続けるの大変じゃね? しかも毎日20分~30分続けなきゃ効果ないって言うし…。 そんな風に思ってランニングができていない方!そう、そこのあなた! ランニングって別にそんな難しく考えて始めるもんじゃない...
More

ランニング

ランニング中にストレッチしたら死ぬかと思った話

ランニング中にストレッチしたら死ぬかと思った話

つい先日の土曜日のこと。いつものように50分程度のランニングを真っ昼間にやっていて、30分ほど走ったところでヘロヘロになったんですよ。 なんかだるいしストレッチでもするか…と気軽な気持ちで前腿ストレッチをやったんですが… ズキッ!と今までの...
More

コラム的なもの

自営業者が業績不振で予定納税を減額申請する方法・やり方

自営業者が業績不振で予定納税を減額申請する方法・やり方

自営業者にとって税金支払いは常に頭に入れておかないことの一つですよね。 5月6月になったら市県民税や自動車税、国保なんかの支払いがまとめてどかっと来るので青ざめてしまうこともしばしば…。 かくいう私は自営業者であるにもかかわらず2018年度...
More
Return Top