ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ACTIVEWINNERの自転車カバーを使用してみたら実にコスパに優れた製品だった

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ACTIVEWINNERの自転車カバーを使用してみたら実にコスパに優れた製品だった

コスパって言葉、最近では耳に馴染みのある単語になってきたと思うのですが、もともとはコストパフォーマンスという言葉なんですよね。
コストに見合った、あるいはそれ以上の性能(パフォーマンス)を発揮してくれるものに対して使うことが多いのですが、最近は何でもかんでもコスパコスパって言っているような気がしないでもありません。

私自身もコスパの良いモノばかりを使っているつもりなんですが、実際にそうなのかどうかは怪しいところ。
しかし最近使用し始めたACTIVEWINNERというブランド(?)の自転車カバーはガチでコスパに優れていると言わざるを得ませんでした。

安いものには安い理由がある(主に悪い意味で)とか思っちゃいますけど、この自転車カバーは「こんなに高機能なのになんでこんな安い値段なんだ?」と逆に頭を傾げてしまうような製品だと感じました。

ほんとうの意味で「コスパ」を使うならこういうものに限るんじゃないかなーと感じるくらいの、高機能の自転車カバーだったんですよ。。。
なのにまさしくお値段以上と言っても差し支えないレベルだったので、紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなぜ自転車カバーを導入したのか?

私が自転車カバーを導入した経緯ですけど、まず最近自転車に乗ることがほとんどないからです。
どっちかというとランニングばかりしていた(今はランニングもあまりしてないですが・・・)ので、ロードバイクに触ることがほとんどなかったんですよねぇ。

ダイエットメインになるとどうしても自転車より走るほうが効率よく思えて遠ざかっていました。
まあ純粋に自転車乗るのは楽しいですから、気晴らしに乗るのは全然良いんですけど。

そんなこんなで自転車を数ヶ月放置していたのですが、思い立って様子を見てみるとホコリをかぶってるじゃないですか!キタねぇ!
※私は屋内保管です

一応大事なものだし、汚いまま放置するのは忍びないのでカバーを導入したというのが大体の経緯になります。
意外とそのまま放置しちゃってるってひと、居るんじゃないでしょうか?
私のよく行く美容院のお姉さんも、買ったは良いけど最近はあんまり乗ってないと言ってましたし、そういう人ほどカバーつけといたほうが良いんじゃないかなーと思います。

屋内保管でもカバーって要るの?はい、要ります

上で書いてるように、私は屋内でロードバイクを保管しているんですよ。ですから、雨ざらしになることはまずありえないんですが、それでもやっぱりチリやホコリ汚れは免れないわけで。

activewinner_07

activewinner_08

トップチューブやダウンチューブにホコリが…濃い目のカラーだと汚れがすごく目立ちます。

定期的にメンテナンスすりゃいいって話なんですが忙しいとそれすらもできない、というか忘れちゃう事が多いんです。
自転車乗るって言う以外にもやりたいことがたくさんありすぎて困る!

なので、できるだけメンテナンスはしたくない、けれどもきれいな見た目は維持しておきたいというわがままクソ野郎はカバー買っとくべきですよ、まじで。

そういう経緯で自転車カバーを導入しましたとさ

そういう経緯があって、やっとこさ自転車カバーを導入できました。
もうわかると思いますけど、ACTIVEWINNERの自転車カバーです。

activewinner_01

この自転車カバーは以前のバージョンと新しいバージョンの両方がアマゾンで扱われていますが、普通に新しいバージョンを買うほうが良いです。値段もなぜか新しい方が安いので。

防水、UVカット、汚れ・傷防止に役立つ!

この自転車カバーのポイントは、防水、UVカットの機能があること。完全防水、完全UVカットというわけではないので長時間水に晒したり炎天下に放置すると劣化しそうですが、普通に使う分には全く問題なく使用できるかと思いますね。

記事の後半で水をかけてみた動画を掲載したので、そちらで確認してもらえればと。

あと、カバーの生地自体も結構分厚くて丈夫に作られています。
なので、カバーを被せたまま転倒しても大きなキズなどができにくそうだと感じました。

そしてなにより軽いですから折りたたんでザックやバックパックに入れておけば緊急のときでも雨を短時間しのげるというのが良いですね。
activewinner_05

activewinner_06

写真の右においているのはA4用紙ですが、折りたたんで袋に収納するとA4よりさいサイズに。
自転車で出かけることが多い人には向いているんじゃないかと思います。

早速自転車にかぶせてみた!

まあ、部屋で眺めててもしょうがないのでいっちょ被せるか!ということで外に出て被せてきました。
activewinner_09
なんだこれ!でかいぞ!

サイズのことをまだお伝えしていませんでしたが、高さ95cm、長さ205cm、幅70cmなので、ロードバイクを含めクロスバイク、マウンテンバイクなどほとんどの自転車はすっぽり収まるほどでかいサイズです。

なのでよほどのことがない限りは問題なく被せられると思います。ただ、ハンドルあたりは出っ張っているので、引っ張られて破れてしまわないよう注意してくださいね。

カバーの裾(ホイール付近)はゴムがついているのでペラペラと動きにくくなっています。
ゴムの強さも強すぎない丁度いい具合と言えそう。

activewinner_10

カバーの真ん中にはバックルがついているため、風による吹き飛びの防止についても心配いりません!

activewinner_11

あと、カバーを被せるときは前後を確認することが大切です。私は確認せずにかけてみたのですが、ナチュラルに逆に被せてしまいました・・・(汗)

前か後ろか判断するにはサイドのロゴを見るのではなく裾の内側にある「←前」タグを確認してください

activewinner_12

前後を確認してもう一度被せ直すとこうなりました。

activewinner_13

おー、なんだかかっこいいぞこれ!
バイクにシルバーのカバーをかけてあるのは結構見るのですが、まさにそんな感じ。かっこいいじゃないか。

撥水機能はどうなのよ?

私は屋内で保管しているので水がかかる可能性は皆無なんですが、屋外かつ屋根の下みたいな場所においているだけという人もいるでしょう。なので、念のためにどの程度撥水してくれるのかを試してみました。実際に水をかけてね

すいません、ちょっとわかりにくいかもしれないので写真も見てみてくださいな。。。
全体的に水滴がひっついていますが、水は染み込んではいませんよね

activewinner_17

水滴がひっついちゃう時点でだめじゃん!って言う人もいるかもしれませんが、それはほら、値段相応ということで。

activewinner_15

activewinner_18

activewinner_16

や、このくらい弾いてくれたら十分だと思うよ?

とはいえ、このまま放置だと染み込んでしまう可能性もあるので、水がついたらぱぱっと払って落とす、あるいはタオルで拭くといったことが必要かもしれませんね。

この程度であればカバーの裾を掴んで引っ張るだけで落ちるので、そこまで心配する必要はないかと思います。

念のために言っておきますが、このカバーは洗濯しちゃ駄目です。
というのも、撥水コーティングが落ちるから。

ま、落ちたら自分でコーティング剤を買ってスプレーでバーっとかけてしまえばまた撥水機能は蘇るんで、大した心配は不要ですけどね。
ただ耐久性は確実に落ちると思いますから、できるだけ布で拭く程度のメンテナンスにとどめておいたほうが無難です。
手でギュッと絞ったりするのもちょっと良くないかも。

ずぶ濡れにしてしまったら自然に乾燥するまで暗所に部屋干しがベターってところでしょうかね。
そういうところはまあ値段にふさわしいと思います。

まとめ:ACTIVEWINNERの自転車カバーは良コスパのナイスな自転車カバーだった

というわけで、ACTIVEWINNERの自転車カバーについてレビューしてみました。
撥水力がちょっと弱いかな?と感じましたが、雨ざらしにするとか屋外で保管しているという人は撥水コーティング用のスプレーなどを自分で用意して強力にするのもありかなと感じます。

ただ、個人的には外に出して保管することはないので素の状態でも全然オッケーでした。
撥水も紫外線も予防してくれて、かつホコリ・チリなどの汚れも防げるのでまさにコスパが高い製品と言わざるを得ません。

アマゾンでも高評価なので、やっぱり私みたいに「良いじゃんこれ!」と感じた人は多いんでしょうね。
あまり乗っていない自転車をそのまま放置しておくと汚くなっちゃうので、これを機にもうちょっと手入れしたり乗ったりしたいなぁと思ったのでした。

同じように放置してる人は汚くなってる可能性が高いので、ぜひともカバーを掛けて汚れから守ってあげてくださいな~。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top