ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

後悔する位なら最初から買うな。HMBサプリが向かない人の特徴をまとめてみた

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
後悔する位なら最初から買うな。HMBサプリが向かない人の特徴をまとめてみた

HMBサプリの効果については気になっている人が多いと思います。
というのも、私のHMBサプリ実践記を読みに来る人が多いから。というか、別に私の実践記に限ったことじゃなくてジワジワ口コミなんかで広がってる感じですよね。芸能人とかでも宣伝してる人がいるし、目につく機会も増えたというか。

そんなHMBサプリですが、続けられる人と続けられない人、いるんじゃないかと思います。
私も最初は全然続けられなかったのですが、ある時期を境に毎日摂取できるようになりました。というわけでこの記事では、こういう人はHMBサプリ向かないからやめとけ!って人の特徴について個人的に思うことをまとめてみます。

これからHMBサプリを使ってみたい!と思っている人は、自分が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

HMBサプリが向かない人の特徴

というわけで、早速HMBサプリが向かない人の特徴を挙げてみるわけですが、これらに当てはまったからといって必ずしも向かないというわけではありませんし、その後の取り組み方次第で有効活用できるのではないかと思います。

そういうわけなので、真に受けすぎないようにしてくださいね。

金銭的余裕がない

まず、筋トレ向けのサプリとかプロテインってそもそも価格的に高いんですよね。海外製のプロテインやHMBサプリも個人輸入して購入する人もいますし、ソッチのほうがお得だという考え方もあります。iHerbみたいな海外製品の輸入通販もありますよね。

しかし、そこまでガチ志向ではない私のような人間はわざわざ輸入してまで使いたいとは思わんのです。確かにやすいのは嬉しいですが、国産ではないというところに少し怖さを感じてしまうわけで。私、割りとチキンなんですよ。体に取り込む食品の安全性は高いに越したことはないですから…。

そういう理由から、できるだけ国産の製品を選んでいるわけですが、そうなると次の問題は価格なわけで。ザバスのプロテインもドラッグストアなんかだと120食分が1万円前後で販売されてます。国産なのでしゃーないと割り切って飲むしかないですが、味も品質も他のプロテインよりもずば抜けて安定しているので個人的に一押しです。

サプリを飲むと体調を崩しやすい人

金銭的に長続きしない人だけでなく、サプリを飲むと体調が崩れる…という人もHMBサプリは使わないほうが良いかも。そもそもサプリは補助食品でしかないですから体調不良になることはあまりないのですが、人によってはサプリで体調を崩した、なんていうことも聞きます。ですから、無理に飲もうとしてはいけませんよ。

HMBサプリ以外にも過去にサプリを飲んで気持ち悪くなった、という経験のある人は使わないほうが無難かも。別にHMBサプリを使わなくてもプロテインと筋トレで十分鍛えられますからね。そういう人は効率ばかり求めずじっくり時間をかけて鍛えていってもらえればいいのでは。

筋トレを続けられない

筋トレを続けられない人にもHMBサプリは向きません。なぜか?だって、サプリを飲んだところで「筋トレ」という行動をしなければ体は鍛えられないからです。筋肉も大きくはなりません。

筋肉はしっかりと使って傷つき筋肉痛になったあと、そこから栄養補給と休養をとることで超回復し更に強くなります。ですから、そもそも筋トレを続けられない人がHMB系の筋トレサプリを飲んでも全く意味がないわけです。

ちなみに、筋トレが定期的に続けられるのであれば負荷は高くなくても大丈夫です。それについては私のHMBサプリ実践記を読んでみてもらえれば良いかと思います。

特に器具も使用しない筋トレでもある程度鍛えられることがわかるのではないでしょうか。

HMBはお守りみたいなもんと思えない

HMBサプリは色々な種類が出ていますが、過大な効果を期待してはダメ。そもそも筋トレしない人が使っても意味がないですし、公式サイトやパッケージに掲載されている写真のようなカッコイイ体にできるかどうかは自分の努力次第という性質が非常に強いのもHMBサプリの特徴です。

たんぱく質の分解を抑制し、さらに合成を刺激することで筋トレ効果を増大させてくれるHMBですが、臨床試験ではたった11人しか被験者として参加しておらず、かなり負荷のかかるウェイトトレーニングやリフティングを行っています。

ボディービルダーのような体型を目指しているわけでもないただの一般人がそのようなトレーニングをできるはずもないので同じような筋トレで効果を確認するのははっきり言って無理。なのでちょっと信頼性にかけてしまう部分もあるため、お守りくらいに思って活用するのが無難というところでしょうか。

効果があればいいな、位に思っておけば大して鍛えられなくても諦めはつきますしね。逆に結構な効果が現れたらそれはそれで嬉しいですし。私は地味に鍛えられた感があったので嬉しかったですよ。

細すぎる体型の人

私は太っていた状態から鍛えていったのでどちらかというとラクでしたが、体質的に太りにくいという人もいるでしょう。そういう人にもHMBサプリは向いていません。ていうか、筋トレ自体が向いてない。標準体型よりも痩せている場合、まずは太ることを目指してください。毎食1.2倍増しくらいを目指すべし。

太り方にも健康的な太り方、不健康な太り方があるわけですが、不健康に太るほうが時間がかかりません。夜中にラーメンなどの脂っこいものを食べる、間食でカロリーの高いものを食べる、毎回お腹いっぱいまで食べる…こんなことをしていると基本的にはぶくぶく太っていきます。

しかし健康的とは言いづらいのでお薦めはできません。健康的に太りたいのであれば、ホエイプロテインをたくさん飲み、和食を中心としてご飯の量を多めにする、くらいで十分。あとは運動せずにいれば時間をかけて太っていきますよ。

重要なのは、たくさん食べることです。痩せている人は食べる量が明らかに少ないんですよ。ですからとにかく量を食べることに意識を向けましょう。

映画に出演する芸能人の肉体改造の話がたまにニュースとして出ますが、彼らの話のなかでも「まずは一旦太るって、それから絞っていく」というものがほとんど。最初に太るには、まずガッツリ食べまくっているんですよ。

そもそも、どうして太ってから絞るのか?その理由は、筋肉と脂肪は同時に増えるからです。

私のウェルネスリンクのグラフをちょっと見てください。

shibou-kinniku

体重、体脂肪率、骨格筋率のグラフなのですが、上がり方や下がり方がかなり似ているのに気づくと思います。

体脂肪が増えれば筋肉も増えるし、逆に体脂肪が減れば筋肉も減ります。太ってから絞る、という人は筋肉を維持するために筋トレをして脂肪を削っていくわけです。

なので簡単に言えば、鍛えた体を作るには一旦太ってから不要な脂肪を削る作業(筋トレ)が必要というわけ。

ですから細すぎる人は筋トレの前にまず太ることが必要ということ。まずは頑張って太りましょう!
というか、脂肪減と筋肉肥大を両立させるのは物凄く厳しいようです。

参考:体脂肪の減少と筋肥大を両立させるには?

プロテインで十分でしょ!という人

プロテインで十分たんぱく質をとっているからHMBサプリはいらん!という人、いるんじゃないでしょうか。そういう人にもHMBサプリは不要ですね。本人がそもそもいらないと思っているんであれば不要です。HMBサプリは筋トレ効率をアップさせるものですから、筋トレが既に習慣化している人ほど効果を感じやすいかもしれませんが、逆に言えば別にHMBサプリを使わなくても鍛えられるわけです。それこそプロテインだけでとか。

ですから、特に効率化を目指したいといったことがない限り不要かな~と思います。

努力して目標を達成する喜びを知らない人

努力して目標を達成するのが好きじゃないという人にもHMBサプリは向いていないかなぁと思います。HMBサプリは筋トレを前提としたサプリなので、そもそも筋トレが続かないのであれば飲んでも意味がありません。

ダイエットや筋トレは自分の設定した目標に向かってきちんと行動するだけで良いので、実は物凄く簡単です。習慣化すればいいだけですからね。しかし、習慣化が苦手だったり、効率を最重要視する人にはおすすめはできないかなぁと。とはいえ筋トレやダイエットはいかに効率を求めようと、数ヶ月間程度の時間がかかってしまうものです。なので、まずはそれを理解してじっくり筋トレに取り組めるようになることからはじめてはどうでしょうか。

サプリやプロテインなしでも鍛えられると知らない人

ダイエットや筋トレを始めると、大抵こなれた頃にプロテインや筋トレサプリが気になり始めます。「やっぱりサプリやプロテインを使ったほうが良いのかな…」と、思い始めるでしょうが、実際は使わなくてもダイエットも筋トレも滞りなく行えます

そう、体を鍛えるのにプロテインも筋トレサプリも必須ではないわけです。
体を鍛える上で最低限必要なのは、適切な運動・適切な休息(睡眠)・適切な食事の3つ。要するにサプリもプロテインもオプションにすぎないと。あればいいけど、なくてもできる。それが筋トレやダイエットです。

筋トレやダイエットを始める前からプロテインやサプリのことを考えるのは、はっきり言って意味ないですよ。体を動かすだけでも十分鍛えられると理解したあとからプロテインなんかを使うほうが、どういう効果があるのかがわかりやすいと思いますよ。

私も最初は何も使わずにダイエットを始めた口ですが、プロテインや筋トレサプリを使い始めてからのほうが効率が上がったようにも思います。

いずれにせよ、実際はなくてもいいと覚えておいたほうが良いです。

逆にHMBサプリが向いている人って?

では逆にHMBのような成分が含まれた筋トレサプリはどんな人に向いているのか?ですが、これはもう効率化を図りたい人にのみおすすめできるとしか言いようがありません。だって筋トレやダイエットって時間をかければいくらでもできますからね。

それに、しっかりと筋トレしたあとはたんぱく質もガッツリ取らなきゃダメ。プロテインだけで摂取するのではなく食事からもきちんと摂取することで、バランス良く栄養を摂りつつたんぱく質も摂取できるわけです。

しかし、食事から摂取するとなると想像より多い量の肉や大豆を食べなきゃいけなかったり、そもそも肉ばかり食べられない!なんてこともあるでしょう。プロテインばかり飲みたくないっていうのと一緒です。

というか、たんぱく質は必要以上に摂りすぎると脂肪に変わるため、理屈上は太ります(ほとんどないですけどね)。そういった非効率な部分を削ぎ落とすためにHMBサプリがあるわけです。

食事のカロリー計算やたんぱく質の量を毎日気にするのって面倒ですよね。そこから被らない食事メニューを考えると更にめんどくささが増すわけで…。HMBサプリを活用することで、食事で摂取しなければならないたんぱく質の量を気にする必要がほとんどなくなるのは結構でかいと思いますよ。

なので、食事やプロテインからのたんぱく質摂取が大変だ、と感じる人などにもおすすめかなと。個人的には食事もプロテインもしっかり摂りつつ、筋トレ後にHMBサプリを活用するのがベストだと思いますけどね。

>>ビルドマッスルを使ってガチで鍛えたい人は公式の定期購入を4ヶ月ほど続けたほうがお得です。

まとめ:まずはダイエット・筋トレだけで体が変わることを実感して!

というわけで、筋トレ用のHMBサプリが向かない人の特徴をまとめてみました。なんだかんだ言って、筋トレさえ続ければ体は鍛えられます。筋トレサプリをいくら飲もうとも、筋トレしなければ鍛えられません。

やるかやらないかの2択だけなので、半年後にめっちゃかっこいい細マッチョ体型に慣れているか、はたまたダルンダルンの中年太り体型のままかはあなたの努力次第。

やると決めたならしっかり筋トレに取り組んでほしいなと思います。筋トレの効果があんまり出てこなくて中だるみな気分になってきたときほどHMBサプリが活躍してくれるはず。

HMBサプリは使い所を間違えると「ほんとに効果あんの?」と思ってしまいますけど、使うべきタイミングで使えば「まじかよ!」と思ってしまうくらいには筋トレ効果を発揮してくれます。

ぜひとも、自分が使うべきタイミングを見極めてみてもらえればなと思います。

>>ビルドマッスルを使ってガチで鍛えたい人は公式の定期購入を4ヶ月ほど続けたほうがお得です。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top