ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

シックスパッドを使ってみたら想像以上に腹筋刺激がやばかった。これは買いですわ

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
シックスパッドを使ってみたら想像以上に腹筋刺激がやばかった。これは買いですわ

最近巷(?)で話題…になっているかどうかは定かではないんですが、個人的にものすごく気になっていた腹筋用のマシンがあります。それが、シックスパッド

人の口コミがどうとかはさっぱりなんですが、こういうEMSマシンは昔から物凄く興味があったんですよね。古いところでは元祖EMSマシンのアブトロニックなんていうのもありますよね。10年以上前から存在しているわけですが、もうその頃から私は興味津々で、通販番組で見かけるたびに「ほしいな~」なんて思っていました。と思うものの、当時はまだ中学生あたりだったので、そもそも通販ショッピングなんてできなかったんですよ。

昔っから私は太ましかったんで、引き締まったお腹って良いよなぁ~なんて思いつつ大人になったわけですが、仕事に没頭するようになってから見事に太りました(泣)そこからのダイエット記録はブログに全部記録しているので気になる方は読み返してもらえれば良いですが、とりあえずひたすら運動と食事制限をするだけのダイエットだったわけです。まあ最近は筋トレも加えていますけど。

そこでふと思うわけですよ。「もっとラクにダイエットや筋トレがしたい」って。だって、腹筋ローラーも物凄く効果があるんですけど、やりすぎると腰が痛くなってしまって筋トレどころじゃなくなるんですよ。(この記事を書いている時点で痛い!)

だからこそ、体に負担が少なく、でも筋トレ効果は高いEMSマシンを使うという選択肢がもやもや~っと浮かんできました。

そういえば最近筋トレ系のブログで「シックスパッドがやたら取り上げられてるよなぁ…」ということで調べてみると、思ったよりも口コミなんかが高評価でして。これなら大丈夫なんじゃないの?ということで、私も使ってみることにしました。

>>シックスパッド アブズフィットの詳細はこちら

目次

スポンサーリンク

腹筋専用アブズフィットを使ってみた!

アブズフィットを使う準備

sixpad_001

私は腹筋さえ鍛えられれば他のところは気にしない感じなので、とりあえずシックスパッドのアブズフィットのみを注文。指定日にきっちり到着しました。

sixpad_02

それなりに分厚い箱を想像していたんですが、実際はそんなことはなかったぜ。。。まあ輸送用の箱は普通にデカかったんですけどね。

んで、中身一覧がこちらです。

sixpad_03

左上:説明書・注意書き
左下:ベルト
右上:本体と台紙
右下:電池・オープナーとジェルシート

かなりシンプルなのですぐに使い始められそうな感じがありますよね。ぶっちゃけジェルシートを本体に貼ってお腹に貼り付け→スイッチオンですぐ使えます。超シンプルで良い。とても良い。

電池セットの方法

アブズフィットはコイン電池(CR2032)1個で動きます。コイン電池というとあまり馴染みがないですが、子供の頃にたまごっちやデジモンなんかのデジタル機器で遊んでいた人はボタン電池をよく覚えているでしょう。あれを平べったくして小銭のようにしたのがコイン電池です。とりあえず電池の入れ替え方法を見ておきましょう。

sixpad_04

アブズフィットの電池は裏側から交換します。オープナーを溝にはめてクイッと捻るだけ。締める時もクイッと捻るだけ。簡単!オープナーがなくなったら10円玉とかで対応可能です。

sixpad_05

開ける方向に捻ったあとは、オープナーの出っ張り部分で電池蓋を引き上げるだけ。

sixpad_06

はい、簡単に開けることができました。使っている最中に電池がポロッと落ちる心配も全く無いので安心です。

ちなみにこのコイン電池を新品の状態で使用すると、レベル8で約30回使用できるようです。アブズフィットには刺激の強さが1~15レベルまであり、自分にあったレベルから始められます。で、当然ながらレベルが低いほうが電池の消耗も少なく長持ちします。逆に、レベルを10以上にするとかなり早く電池が済んでしまうのだとか。

ちなみに私は最初からレベル10前後で使用しているため、毎日アブズフィットでトレーニングすると1ヶ月前後で電池を交換しなきゃいけないようです。

ジェルシートを本体に貼り付けよう!

sixpad_07

電池のセット方法がわかったら、次はジェルシートを本体電極部に貼り付けていきましょう。
このアブズフィット用ジェルシートは6枚セットになっているんですが、シックスパッドを購入すると自動的に定期購入となります。上手にメンテナンスしつつ使えば1ヶ月以上は粘着力が持続するので、90日間隔程度で購入するようにするとかなり節約になると思いますよ。定期便でもシート一箱3000円程度はしますからね。

このジェルシートの良いところは、変な液体をお腹につけたりしなくていいところですね。昔あったパチモンのEMSマシンはジェルみたいなのをお腹に塗って使うタイプでしたが、お腹がベタベタになってしまい面倒くさいところもあったわけで。

シックスパッドはジェルではなくジェルシートですからね。仕様時にお腹にペッと貼り付けて、終わったら剥がす。お腹を拭いたりする必要はまったくないんですよね。時代の移り変わりとともに随分進化したんだなぁと思ったりもします。

というわけで、ちゃっちゃと本体にジェルシートを付けていきましょう。

sixpad_08

とりあえずですね、このオレンジ色のフィルムが貼ってある方を表にして引っ張り、フィルムを剥がしていきます。

sixpad_09

湿布みたい。

sixpad_10

んで、この状態で本体の電極部に貼り付けしていきます。

sixpad_12

片方を貼り付けたらもう片方のフィルムを剥がして貼り付けていきましょう。

sixpad_13

このジェルシート貼り付け作業をを6箇所の電極全てに行います。最終的に全部貼り付けたのがこちら。

sixpad_14

ただ貼り付けるだけなので特に言うところはないのですが、注意すべきは左右の上下部分は余白(?)部分が狭いのではみ出ないように貼り付けてください。ズレてはみ出していた場合は一度剥がしてもう一度貼り直しましょう。

最終的に問題ないようであれば、腹部に貼り付ける部分の透明なフィルムも剥がしていきます。

sixpad_15

この透明フィルムを全て剥がしてようやく使用できる状態になりました。

sixpad_17

ちなみに、使用後は付属の台紙に貼り付けておくことでシートの粘着力低下を防止できます。

sixpad_18

この状態でさらに袋に入れておけばもう完璧ですね!アブズフィットには防水機能がないのでこのクリアケースにしまっておけば飲み物をこぼしてしまっても濡れる心配はありません。

sixpad_19

というわけで、使用準備はこれで万端。あとは実際に使ってみるだけです!

シックスパッドの具体的な使い方と感想

はっきり言ってヤバイ…すごくお腹に刺激が…!

じゃあ実際に使ってみっか!とお腹に装着してみた図がこちら。

sixpad_20

sixpad_21

ちょっと斜めに貼り付けてしまったが問題なく使えます。毎回鏡見て貼り付けるのは面倒ですしね。こんくらい適当でいいんですよ。んで、斜めから見るとこうなります。

sixpad_23

なんかそれっぽいぞ!

>>シックスパッド アブズフィットの詳細はこちら

刺激のレベルは15段階まで調節可能

sixpad_19

このアブズフィットは15段階までレベル調整ができます。本体の+-(プラスマイナス)ボタンを一回押すだけですぐに次のレベルに変更可能。普段から腹筋に対する筋トレをしている人は最初から10レベルあたりでも問題なく使えるはず。私自身も最初は1レベルから試してみたんですが、「ん?大したことないぞ…」と物足りなさを感じたのですぐに2,3,4…とレベルを上げていき、「おっ!これくらいがちょうどいいな!」と感じられるのがレベル10でした。

レベル1~5あたりはなんかお腹がムズムズするな~程度のかなり弱い電気刺激になっているため、腹筋への負荷は小さいです。要するにあまり鍛えられないと。もちろん筋トレを普段からしていない人はレベル1~5あたりを数日間続けてからレベルアップしたほうが体に優しいと思います。

しかし最初に言ったように、レベル1~5あたりだと物足りなさというか、ただ痒い程度の刺激にしかならないですから、普段から筋トレをしている人はしょっぱなからレベル8~10付近で問題無いと思います。

動画でもわかるくらい腹筋が動くには最低でも10レベルは必要

折角ですし、実際にアブズフィットを使うとどんな風にお腹に刺激が行き渡るのか?というのをわかりやすく動画で撮影してみました。

レベル10でこれくらい振動します。動画では大したことないように見えますけど、かなり強い負荷がかかってますよ!例えて言うなら腹筋ローラーで立ちコロをガッツリやってるよりかはちょっと弱いですが、でもそれくらいは強い刺激となっています。なので、腹筋に力を入れていないとプルプルとお腹が震えてしまいます(笑)

人によって刺激の強さ・感じ方はバラバラだと思うので、まずはレベル1からちょうどいいと感じるレベルを探っていくのがベストでしょう。間違っても電源入れた直後にレベル10とかにしないこと!唐突に刺激がこないよう、予め弱い刺激が来て、それから強い刺激が来るようになってますが、それでも慣れてないとかなり強い刺激だと感じてしまうはずです。ですから、少しずつレベルを上げていくことが大事です!

ちなみに、レベル14~15になると、腹筋がかなり収縮するようになるので相当キツイです。レベル10付近とはもはや別次元。なので、自信がない人は無理にチャレンジしないように。もし試してみて「これダメだわ!」と思ったらすぐにマイナスボタンを連打してレベルを下げましょう!

私は使い始めて2日目から早速レベル15で使っていますが、筋トレしてる感がすごいです。こんだけ刺激が強かったらアブローラーやらなくて良いんちゃう?と思わなくもないです。それくらい刺激が強いってことですね。ガッツリ鍛えたい!という人の期待に十分答えられる負荷強度となっていました

>>シックスパッド アブズフィットの詳細はこちら

シックスパッド・アブズフィットの評価

というわけで、使い方から実際に使ってみた感想までをざっくりとレビューしてみたわけですが、ここからは個人的にここはこうして欲しかったとか、ここは良かった、みたいな評価を書いていこうと思います。

イマイチだったり改善してほしいところ

結局のところアブズフィットだけで腹筋割るのは無理

これを言うと元も子もないかもしれませんけど、でも大事なので最初に言っておきましょう。
ぶっちゃけ、アブズフィットだけで腹筋割るのは無理です。公式サイトではロナウドが付けている写真がありますけど、そもそもロナウドはアブズフィットを使わずとも無駄がない体なんですよね。アブズフィットだけであのような体にするのははっきり言って無理。

まずアブズフィットは腹筋への刺激はかなり強烈ですけど、腹部の脂肪はかなり分厚いです。脂肪を燃やすにはジョギングのような有酸素運動が欠かせないわけです。無酸素運動の筋トレでは脂肪は減らせません。

つまり、がっつり腹筋を割るには最初から有酸素運動でお腹の脂肪を減らしておく必要があるわけです。お腹の脂肪が減ってくれば筋肉が浮かび上がりやすくなりますから、シックスパックも目指せる…そういうわけです。腹筋が割れる目安が体脂肪率16%付近なので、結局それくらいまで体を絞らなきゃダメってこと。

まあ普通に考えたらこれだけで引き締まった体になるのは無理ってわかるはずですから、ジョギングや腕立て、腹筋ローラーなど別のトレーニングと併用して使うのがベストと言えるでしょうね。

鍛えれば鍛えるほど電池の消耗は激しくなる

当たり前ですけど、トレーニングのレベルを上げれば上げるほど電池の消耗は激しくなります。なので、ガッツリトレーニングをする人は電池の消耗には気を使ったほうが良いかもしれません。

とはいえ、コイン電池は普通にやすいのであまり気にする必要はないと思います。Amazonだと2個入りが300円台で買えます。安すぎじゃね?

他にも探せばバルク品でもっと安い電池もあるので、電池消耗で困ることはほとんどないだろうなぁと思います。あるとすれば、電池交換が煩わしい…くらいでしょうか。あまり気にするほどのことでもないですが、念のため書いておきました。

防水機能がないのは残念

さて、このアブズフィットですが、見るからに水に強そうなのに実は防水機能はありません。なので、お風呂場なんかで使うと故障の原因になるのでやめましょう。また、汗だくの状態で使うのもNG。お風呂上りに使いたい場合もあるかもしれませんが、汗が引いてから使うように。あとは、夏場の使用時は汗が本体にくっつかないようにタオルなどで適宜拭くことが大切かと。

防水機能がついていれば最高だったんですけど、こればかりは仕方ありません。なるべく水気のないところで、そして汗が本体に付着しないよう心がけて使っていく他ないですね。

デジタル表示がないので現在のトレーニング強度がわからなくなる

思った以上に不便に感じたのが、デジタル表示がないこと。デジタル表示で現在のトレーニング強度がわかるようにすれば物凄く便利なのになーと。別にデジタル表示じゃなくアラート音で知らせてくれたりしてもいいのですが、とにかく現在のレベルがわかりにくい。

レベル1かレベル15であればとりあえず連打しておけばマックスになるのでわかるのですが、その中間あたりのレベルはほんとにわかりづらい。自分でわざわざ「いまレベル3だから次はレベル6に…」みたいな感じで弄くりまくってると、あれ?いまのレベルってなに?状態になります。自分でしっかり覚えておかなきゃいけないので、面倒くさいの極み

次世代機にアップデートすることがあるなら、ぜひそのあたりも検討してほしいですね。

アブズフィットのみだと腹筋以外は鍛えられない

最初に「アブズフィットだけだと腹筋を割るのは無理」って書きましたが、結局のところアブズフィットで鍛えられるのって腹筋だけなんですよね。腹筋だけ鍛えたい人は良いんですが、普通に考えると見た目のバランスが悪くなります。

そういったことからも、体全体を使う腹筋ローラーや腕立てなどの筋トレも併用すべきだなぁと改めて感じました。もちろんボディーフィットを使って二の腕や太ももなどを部分的に鍛える事もできますけど、それをするくらいなら腕立てやアブローラーをすれば良いんじゃないの?と思ったりもするわけで。

それが面倒だ、という人はボディーフィットを使いましょうねってことだと思いますが。個人的にはアブズフィットだけで十分だと思いますけどねぇ。。。

すごく良いな!と思ったところ

イマイチだと感じた点をまとめたところで、じゃあ逆に良かったと感じたところをまとめてみます。

背中を痛めることなく腹筋運動ができるのは画期的!

まず個人的に一番良かったのは、背中を痛めることなく腹筋運動ができるというところ。私は腹筋ローラーを割りと頻繁にやっているのですが、休みを空けずにやったりするので背中が痛くなって強制的に腹筋を休むことになるわけです。しかし、本当は毎日しっかり腹筋がしたい。

アブズフィットはそんな私の個人的な要望を汲み取ったかのように、腹筋以外には全く負荷をかけずに腹筋運動が可能です。苦痛に顔を歪めて、しかも筋トレができないという機会損失を考える必要がなくなるっていうのは私としてはめちゃくちゃ大きいメリットなんですよ。

だから、背中が痛い日はアブローラーなしでアブズフィットオンリーで筋トレをする、みたいなこともできちゃうわけで。あれ?最高かよ。

しかも椅子に座ったままでも腹筋運動できるんで、何かしらの作業をしている間に腹筋運動を完了できます。時間の有効活用感がすごい。

色々メリットはありますが、個人的にはこれが一番デカかったですね。

ジェルシートは使い方次第でかなり節約できるから維持費は意外とかからない

アブズフィットのジェルシートは使い捨てです。大事なことなのでもう一度言いますが、使い捨てです。さらに言うと、シックスパッドを購入するときに「定期付」で購入すると、30日、60日、90日、いずれかの周期でジェルシートを購入することになります。このとき30日周期を選ぶと維持費がかさみますが、90日周期を選びつつ、電極部に貼り付けたジェルシートのメンテナンスをしっかり行いつつ清潔に使えばかなり長持ちさせられます

どうするかというとですね、説明書に具体的に書いてあるのですが、ジェルシートの粘着面に水滴をたらし、指でこすって汚れを落として自然乾燥させる。これだけで粘着力が復活します。

あと使う前に自分のお腹を清潔な状態にしておき、古い角質が付着しないようにしたり、へそ付近の体毛をカットしておくことで粘着力低下を予防できます。

30日周期でジェルシートを購入すると、年間4万円近い維持費になるわけですが、90日周期なら1年で1万3千円程度の維持費で収まります。なので、ケチ臭いですけどコスパをより高めるのであれば90日周期の定期を選んでおけば間違いないですね。

ちなみに、どの程度の期間で粘着力が減るのかですが、毎日使うと概ね7日ほどで粘着力が低下したと感じるようになります。具体的には、今まで端っこまでバッチリくっついていたのに、徐々に端のほうがくっつかなくなってきて自然にペロッと剥がれるようにます。このようになってきたら、粘着面シートに水滴を垂らしてから自然乾燥させましょう。

実際このようにやると、粘着力が初期の状態に戻るので心置きなく使えるようになりますよ。

自動でトレーニングメニューを変えてくれるからラク

シックスパッドは時間経過によって自動でトレーニングメニューを変更してくれます。いちいち自分でボタンを押してメニュー変更、みたいなことは一切なく、超簡単にトレーニングができるというのがうれしいですね。負荷の強いメニューばかりだと疲れるのですが、間に負荷の低いウォームアップを挟み緩急付けてあるため疲れにくいです。これ、地味にすごいと思う。

1回のトレーニングが約23分で、終了間際はクーリングダウンのために弱い刺激がきます。よく考えて作ってあるなぁと関心しますよ。

ボタンの長押しで電源オンオフできるから誤作動の心配はない

電源のオンオフはボタンの長押しとなっています。なので、電源ボタンは存在しません。電源ボタンがあるとわかりやすいっちゃわかりやすいんですが、誤作動していつの間にか電池がなくなってたとか、変なタイミングで電源が入って焦る、なんてことがありそうですよね。

アブズフィットには電源がなく、プラスボタンを2秒間長押しすることで電源がオンになります。オフにするときはマイナスボタンを同じように2秒間長押しするだけ。電源オン・オフ時はピーッというアラートが鳴るのですぐわかります。この仕様にしてあることで、誤作動の心配がないというのもアブズフィットの良いところでしょうね。

トレーニングは一日23分だけ!姿勢も気にせず超手軽に腹筋を鍛えられる

アブズフィットのいいところは、とりあえずお腹に貼り付けて電源オンにすれば勝手に腹筋を鍛えてくれるところでしょう。別に突っ立ってなくても椅子に座った状態で使えますし、場合によっては寝転んだ状態でも使えます。(睡眠時はNG)

姿勢もタイミングも特に選ばずにトレーニングできるので、とにかく効率性は半端ないと思います。負荷がかかるのも腹筋のみなので、背中や腰の負担を全く気にする必要がないというのも素晴らしいと感じますよね。腰痛持ちの人でも安心して使えるのがアブズフィットというわけです。

ただし、座った姿勢だとお腹の脂肪の厚さがまして腹筋まで信号が伝わりにくくなり、結果的に立って使うときよりも弱い刺激となってしまいますので、その点のみ抑えてうまく使えば良いですね。

逆に言えば、体が真っ直ぐの姿勢にさえなっていればいいので胸を張って座るとか、膝立ち状態だと立っているときと変わらない刺激で腹筋が鍛えられますよ。

>>シックスパッド アブズフィットの詳細はこちら

【おまけのQ&A】使う前に気になることとその答え

さてさて、個人的にイマイチなところ、いいところをまとめたところで適当にQ&Aいっときましょう!私が気になってたところもざっと答えをまとめてみましたので参考に!

毎日使っても大丈夫?→毎日使おう!

アブズフィットは基本的に毎日つかってもOKです。もちろん筋肉痛になったら休んだほうが良いですが、筋肉痛になるまでは毎日使ったほうがいいトレーニングになります。使ったあとはプロテイン飲んでおけばOK!

お風呂で使える?→防水じゃないから無理!

防水機能はついてませんからお風呂では使えないです。水のないところで使いましょう。

メンテナンスはどうすれば?→布で拭けばOK!

少し湿らせたタオル・または乾いたタオルで本体表側を拭きましょう。お腹への接着面はあまりタオルで拭かないほうがいいです。なんでかというと、ジェルシートにタオルがくっついてしまうと粘着力が落ちてしまうから。なのでよほど汚くならない限り、接着面はメンテ不要です。

ジェルシートの粘着力が低下してきたタイミングで手入れすれば無駄がなくて良いですね。というか、ほとんど手入れいらずなので個人的に嬉しいです。細かい作業あんまり好きじゃないので…。

どのレベルから始めればいい?→1から徐々に試していこう!

上でも散々書いていますが、とりあえずレベル1から始めましょう。お腹が痒いくらいの刺激しかない!という場合は徐々にレベルを上げていき、自分にあうレベルを見つけましょう。

アブズフィットはAmazonで正規品買える?→買える。価格も全く同じ。

アブズフィットは公式サイトで類似品に注意して!と注意喚起しています。Amazonで検索すると普通に出てくるんで、大丈夫なのか?とレビューを見たりしたのですが、どうやら正規品のようです。っていうか販売会社がMTGなので当然ですが。

Amazonで公式の代理店から単品購入できるわけですが、その公式代理店も単品で販売してます。

>>アブズフィット単品購入はこちら!

価格は全く同じなので、どちらでも自分の好きな方で購入すればいいかな~と。まあ故障時の保証面で言えばAmazonではなく公式HPで買ったほうが確かなんですけどね。Amazonだと本当に保証が受けられるのかどうか微妙なラインなので…。

というわけで、Amazonでも公式代理店から購入できますが、個人的には公式代理店のHPから購入するほうがいいかな~と。

公式のジェルシート高いわ!互換ジェルある?→ある。Amazonで買える。

ちなみにですが、単品で購入するとジェルシートは自分で毎回注文する必要があります。定期購入だとジェルシートも割引されるのでお得に続けられるわけですが、節約しておきたい!という人にとっては結構苦痛。どうにか安く維持したいという場合は本体を単品で購入し、Amazonでジェルシートの互換品を購入する方法もあります。

ただし、公式では「正規のジェルシート以外を使った場合は保証対象外」と注意書きがあります。ですから保証を気にする人は互換品は使わないように。

こっちが正規品。

こっちが互換品。

互換品ではこれが一番評価が高いですね。ま、保証対象外ですからご利用は計画的に、とまとめておきます。

まとめ:諸条件を考えると、アブズフィット購入はリアルにありだと思う。その理由。

色々と書いてきましたが、結局のところシクスパッドは買いか、なしか?私の答えとしては『買い』で問題ないと思います。その理由についてはこれまでつらつらと書いてきましたわけですが、要点をまとめるとですね…。

・腹筋のみ集中して鍛えることができる
・ジェルシートは90日周期で購入すれば維持費節になる
・ジェルシートの互換品もあるので維持費は大きく抑えられる(非推奨)
・腰への負担なく腹筋が鍛えられる(重要)

こんなところになるかなと思います。しつこいようですが、私としては腰への負担がまったくなく腹筋が鍛えられるというのが物凄くでかい。背中が痛くて腹筋ローラーができない時なんかにガッツリ活用したいフィットネスグッズだと感じます。腰痛持ちの人なんかは物凄く重宝すると思う。

当然ながら、アブズフィットだけで引き締まった体を作るのは無理です。なので、腹筋ローラー(アブローラー)や腕立て、ジョギングなどの有酸素運動を適切に組み合わせて活用することが大事。フィットネスグッズを効果的につって100%の効果を引き出したいじゃないですか。だから、食事や生活習慣もしっかりと改善してほしいなと。

ダイエットや筋トレは器具やサプリ、プロテインなんかに目がいきがちですけど、きちんとした生活習慣を構築した上で行うことが大事です。その上で使えば筋トレ効果アップにかなり期待できるんじゃないでしょうか。

私自身もまだまだ鍛えられた体には程遠いですが、このアブズフィットも活用して行ければなと思っています。実は今のところお試しで借りている状態なんですが、リアルにこれは買ってもいいかなあとお財布と相談中。買ったとあれば、ガッツリ活用していきたい所存です。

もしあなたがアブズフィットに興味があるのであれば、ぜひとも検討してみてもらえればなぁと思います。

>>シックスパッド アブズフィットの詳細はこちら


シックスパッド

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

やっぱ赤い方が格好いいかも?Z5660Mニキシー管を輸入してニキシー管時計にセットしてみた話

やっぱ赤い方が格好いいかも?Z5660Mニキシー管を輸入してニキシー管時計にセットし...

Z566Mニキシー管時計を購入してはや数ヶ月が経過しました…。 未だに飽きが来ない美しすぎる時計なんですが、販売者の人は「赤いニスを剥がしたz566mの方がキレイだった」っていう話をしてたんですよねー。 どうしてもその言葉が頭から離れなかっ...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録360日目-ついにダイエット(筋トレ)1年継続!

再開ダイエット記録360日目-ついにダイエット(筋トレ)1年継続!

再開ダイエット記録をつけはじめて360日が経過しました。約1年ですよ? 自分でも1年もダイエット兼筋トレをこんなに長く続けて来られるとは思っていませんでした。 前回のダイエットが100日(3ヶ月程度)で終了したのを考えると、大幅に期間が伸び...
More

ダイエットのコツ

スーパー酵素プラスの成分や評価を口コミレビュー!楽天やAmazonより公式販売店がお得

スーパー酵素プラスの成分や評価を口コミレビュー!楽天やAmazonより公式販売店がお...

ダイエットといえば基本は運動でどうにかなります。しかし、運動不足だったり日々の疲れが溜まって運動なんかしてられるか!って人もいるでしょう。正直、運動するのが面倒くさい!って思っちゃいますよね。 だからこそ手軽にできる食事制限ダイエットが人気...
More

ランニング

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活用できるアミノ酸サプリ。

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活...

マラソンで良い記録を残したいとか、ダイエットをしたい…そんな人は時期など関係なくランニング/ジョギングに励んでいることだろうと思います。 私はある程度ダイエットは完了したため、最近はランニングをする機会がないのですが、やはり余分な脂肪を落と...
More

コラム的なもの

ダイエットで体型改善したいなら食事と運動どっちも大事と理解しよう!

ダイエットで体型改善したいなら食事と運動どっちも大事と理解しよう!

ダイエットという食事制限をして痩せるという方法が簡単で手軽、というイメージがあるかもしれませんが、実際は運動を組み合わせることでより早く、より健康的にダイットにつなげることができます。 なぜ食事制限だけでダイエットしようとして失敗してしまう...
More
Return Top