ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

濃い目の便秘改善ハーブティーを一日1杯以上飲むともれなく漏らすって話

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
濃い目の便秘改善ハーブティーを一日1杯以上飲むともれなく漏らすって話

今まで生きてきて便秘になったことがない人っていないのではないでしょうか?
便秘のときはでないでないと思っていても、唐突に便意が来てしまうもの。はっきり言ってそういうのは困るわけで。

笑い話ですが、通勤電車で漏らすとかありますよね。実際に現場にいたり漏らした本人だと全く笑えないですけど。
便秘になると便意がコントロールできないという大きなリスクがあります。だからこそ、日々快便を心がけたいわけです。便秘になると体臭が臭くなったりおならが臭くなったり、あるいは痔になる…といった悪影響がありますからね。

私の場合は便秘から痔になるというケースが今まであったので、出来る限り便秘にはならない生活を心がけているわけですが、なるときはなります。
なのでたまに便秘解消ハーブティーを飲むわけですが、飲んだ翌日に物凄く快便になるわけですよ。

便秘の人にはぜひ活用してもらいたい方法なのですが、一つだけ注意点があります。それは、飲みすぎると下剤効果を発揮してしまうということ。出ないものを出そうとしているだけなのに、出過ぎてしまうって怖いですね。。。これはこれでやばいので、体験談的なことを書いておきたくて記事にしています。

スポンサーリンク

便秘改善ハーブティーは一日1杯まで!濃すぎたり飲みすぎると下痢になります

便秘解消用ハーブティーは便秘解消にはもってこいなのですが、飲みすぎてはだめ。これについては「キャンドルブッシュ」という成分が大きく関わっているようです。

国民生活センターの調査によれば、キャンドルブッシュにはセンノシドと呼ばれる成分が含まれており、飲みすぎると下痢や腹痛などの症状が現れるとのことです。

詳しくは上記のリンクを見てもらえれば良いですが、調査された12商品のうち、「2~3杯飲むと医療用医薬品と同量のセンノシドを摂取する可能性がある銘柄が半数ある」と書かれています。

そして後半では消費者へのアドバイスとして、こういったお茶は適量を短期間のみ飲むことが望ましいとまとめられています。もちろん、体調が悪くなるほど飲まないのが望ましいですね。

実際飲みすぎると下痢になります

これは私の体験談なのですが、あんまりにも効果があったうえに割りとお茶として飲んでも美味しいので、一日に2~3杯飲んだ日がありました。で、次の日になる前、つまり夜中に物凄くトイレに行きたくなったんですよ…。

お腹が物凄く気持ち悪い状態だったので、なにかに当たったのかな?と当日に食べたものを振り返ってみたものの、疑わしいものはなにもありません。まてよ、そういえば便秘解消のお茶たくさん飲んだからじゃないか?と調べてみたところ、キャンドルブッシュには摂取しすぎると下剤の働きがあるということを知ったわけです。

軽くショックでしたが、なるほどと納得しましたよ。もちろん便器の上でな!
次の日もお腹がゆるくて気持ち悪い状態が続いたのは言うまでもありません。

なんでもそうだけど適量を守ることは大事です

便秘解消のために飲んだのに、便通が良くなりすぎてやばかったという話なんですが、度を越してしまうと悪い結果につながりやすいです。元々は体にとっても良いことのはずなんですけど、やりすぎると逆効果になるものって意外とありますよね。

・ストレス解消のためにたくさん食べる → 食べ過ぎると太る
・ダイエットのために食事を抜く → 体の免疫力が下がる
・筋肉をつけたいからって筋トレしすぎる → 体が熱を持ってしまったり激しい筋肉痛になる
・良かれと思ってプロテインを飲みすぎる → 太る
・眠気覚ましにとコーヒーを飲みすぎる → 頭痛や動悸がする

あぁ…思い当たることがありすぎる…。
何事も程々にしておくことが大事なのでしょうね。

特に体や健康に関わることは自分できちんと調べて、適量を守り活用することは大切だと身をもって実感しています。
まあ、たまには度が過ぎるくらいがちょうどいい時もありますが、そこは自分の判断で切り抜けて行くしかありませんね。

話がずれましたが、便秘解消のお茶は物凄く効果が見込めます。翌日に今まで溜まっていたものが出ていくくらいには。
しかしその反面、飲みすぎるとお腹がゆるくなったり下痢になってしまう可能性もあるため、飲む量は一日1杯にとどめておくのがベターと言えそうです。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top