ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ライフキッカーズはSSL化しました。安全にご覧いただけます!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ライフキッカーズはSSL化しました。安全にご覧いただけます!

このブログはダイエットに関するブログなので、あまり技術系の話は必要ないと思うのですが、念のために記事にしておこうと思ってこの文章を書いています。

2014年から始まったこのブログですが、普通に記事だけ更新する感じではあったものの、ありがたいことに最近は読んでもらえる記事も増えてきました。

で、昨今スマホによるブログ閲覧が急激に増えてきたので、「このブログを読んでいる人のセキュリティも守らないといけないな」と実感してきたわけです。安全じゃないサイトを見てしまって自分の情報が漏れたりしたら嫌ですよね?

このブログが安全じゃないサイトになることはまず無いですが、何者かによってマルウェアやウイルスを仕込まれ、クレジットカードの情報や個人情報盗まれてしまったら大変です。

そういった第三者による盗聴を防ぐためにもデータの通信を暗号化することは大切です。ネット通販サイトなどでは既に導入されていますが、やっとこさこのブログもSSLに対応することができました。

スポンサーリンク

SSL化することでどんなメリットがあるのか?

SSL化することでどんなメリットがあるのか。これは閲覧者側におけるメリット、運営者側におけるメリットの2つがありますが。
まず閲覧者側におけるメリットですが、最初から書いているように個人情報の漏洩を防ぐことが可能になります。例えば、このブログにもありますが、お問い合わせフォームに入力された情報が私だけでなく第三者に漏れてしまうとか。そういったことになると、おちおち問い合わせすることもできませんね。

SSL化するとは、ブラウザとサーバー間の通信を暗号化すること。要するに中身の見えないブラックボックス状態にしてしまうわけです。「とりあえずこのブログ(サーバー)とあんたの端末(スマホやPCのブラウザ)と通信はするけど中身はわからんよ。」という感じ。

通信をSSL化することで運営者側にとってもメリットがあります。例えば、パスワードやIDを盗聴して運営者自身になりすましてログインし、サイトやブログの情報を改ざんされる恐れがなくなる、とかですね。

利用者、運営者ともにメリットがあるのがSSL化することの意義なのです。

SSLかそうでないかを確認するには?

現在閲覧しているサイト・ブログが安全な接続なのかどうかを確認するには、URL欄を見ると一目瞭然ですね。
以下の画像ですが、左側が非SSLサイト、右側がSSLサイトです。何が違うか分かりますか?

ssl

そうですね。URL欄に緑色の南京錠の鍵マークがついているのがわかりますよね。
このマークが付いているサイトはSSL化されている、つまり安全に接続できるサイトだという証拠なわけです。

現状ではまだSSL化されていないブログは多いですが、今後はどのサイトもSSL化が進んでいくことだろうと思います。特に2017年、今年くらいから急激にSSL化していくと思います。

というのも、前々からSSL化については推奨されていたのですが、個人だと技術的に対応するのが難しかったんですよね。ですが今年になってリサーチしてみると、SSL化するための情報がかなり出回るようになりました。ですので個人ブログであっても自分でSSL化ができるようになったわけです。

それにスマホユーザーも今後は増えていくことでしょうし、通信の暗号化は急務なわけです。Googleも「SSL化したらちょっと優遇しますよ」的な事も言ってますから、やはり今年くらいからSSL化するブログは増えるんじゃないかなーと思いますね。

というわけで、今回はちょっとしたお知らせ記事でした。
安全にネットができることに越したことはありませんからね。自分の情報は自分で守らなければならないですが、盗まれてしまうものは防ぎようがありません。

なので、読者の安全を守るためにも、ブログ運営者も色々と策を講じていく必要があるでしょうね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top