ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

【写真】ストライクHMBは本当に効果あるのか?筋トレしながら使った口コミ実践記

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
【写真】ストライクHMBは本当に効果あるのか?筋トレしながら使った口コミ実践記


はじめに
この記事はビルドマッスルHMB、パーフェクトビルドEAAに続いてストライクHMBを使いながら筋トレを実践した、という実践記です。とりあえず成分の働きだけ列挙しとけ!みたいなブログもありますが、この記事では成分云々よりも実際に使った結果どうなったのか?を伝えることを重視しています。例により、ストライクHMBも4回受取が必要な定期購入以外はできません。なので、購入するというときは半年くらいガッツリ筋トレするんだ!という気持ちで頑張りましょう。飲むだけで筋肉がつく…なんてアホみたいなことはないのですから。筋トレを継続することが一番大事です。

最近流行りのHMBサプリについて、調べてもやたら含まれている成分を絶賛している「だけ」の変な口コミサイトしか出てこないし、「真偽はどうなのよ?本当に効果あんの?」という疑問を持っている方は多いでしょう。私自身もそれについては疑問だったので、しょーもない情報しかないし自分で試してみることにした、というのがこの筋トレ実践記の本質です。

気になる方はぜひ最初の記事から読み返してもらえればなと思います。

ビルドマッスルHMB、パーフェクトビルドEAAを飲んでじっくりと筋トレしてきた私には、ある程度HMBサプリの効果があったのかも?と思ったりもします。といっても、HMBサプリなしで鍛えた状態のサンプルがないので比較はできないのが歯がゆいですが…。まあとりあえずは鍛えられている…と、考えておいて損はないでしょう。

国内で販売されているHMBサプリって色々あるじゃないですか。なので、ワタシ的にはどんな違いがあるのか?を色々と検証してみたいわけで。しかし比較すると言っても既に成分について書いているところは多いですから、このブログでは筋トレ実践記としてお伝えしていく所存。

というわけで、ビルドマッスルHMB、パーフェクトビルドEAAに引き続いて試していくのはストライクHMBというHMBサプリです。どのように変化したのか?がわかるように、ビルドマッスルHMB、パーフェクトビルドEAA、それぞれ使い終わった状態の写真を掲載しておきますね。

ビルドマッスル使用前の写真
f0-50

ビルドマッスル終了時(パーフェクトビルド使用前)の写真
f0-133

133pause2

パーフェクトビルド終了時(ストライクHMB使用前)の写真

0-160f

diet160_04

左側の0日は再開ダイエットを開始した当初の写真で、HMBサプリを使い始めたときの状態…ではないです。ドノーマルの状態って感じでしょうか。HMBサプリを使い始めたのが丁度ダイエットを再開して50日目のとき。その時と比べても結構変わってきたよな~と思ったりします。ていうか50日目の写真が汚くて悪意を感じる

まあHMBサプリを飲みながら筋トレをじっくり続けてきて変化があったのはわかりました。ので、引き続き国産HMBサプリの実践記は続けていきます。

というわけで、ようやく本題。最近使っているストライクHMBについてつらつらと書いていきたいと思います。

sthmb_02

このストライクHMBですが、成分はというと以下の通りです。

sthmb_03

◆主成分について(6粒あたり)
カルシウムHMB:1500mg、L-カルニチン:19.98mg、トンカットアリ抽出物:15mg、フェヌグリーク:15mg、クレアチン:10.02mg、BCAA:12mg、Lグルタミン:4.02mg、バイオペリン:1.98mg、シナモン抽出物:1.98mg、乳糖:438.3mg、JAS有機コーンスターチ:21mg、ステアリン酸カルシウム:63mg

ストライクHMBは他のHMBサプリと比べて一日の摂取量が6粒と少し大目。その理由については後述しますが、それにしても他のサプリと比較して含まれている成分が普通ですね。パーフェクトビルドEAAはいい意味で「オールインワンサプリにして他のサプリ飲まなくて良いようにしよう」という印象でした。

一番最初に試したビルドマッスルHMBは、むしろ「余計な成分は極力入れないスタンス」という印象でしたね。国内のHMBサプリも一見すると金太郎飴のような似たり寄ったりのサプリに見えますが、主成分を見てみると結構違いがあって、それぞれの会社が使用者に「どのようなスタンスで筋トレに望んでほしいのか」を暗に示しているように感じられて面白いです。

で、このストライクHMBはL-カルニチンが含まれているのが他のHMBサプリとは違うところかなと思います。この成分は脂肪代謝に重要な成分で、脂質をミトコンドリアに運びエネルギー変換するのをサポートしてくれる成分。

L-カルニチンによってより効率的に体脂肪をエネルギー変換できるので、筋トレ・ダイエットをしている私としては結構嬉しい。最近有酸素運動といえばウォーキングくらいしかしていないのですが、思っていたよりも無駄な肉が付いていないのはL-カルニチンのおかげなのかもしれない。

sthmb_04

おもむろにパッケージを開けてみる。中には今まで使っていたHMBサプリよりも小粒なサプリが入っていました。

sthmb_05

これが一日の摂取目安量の6粒です。この6粒で1500mgのHMBを摂取できますが、一番効率的に体を鍛えられると言われている推奨摂取量は一日3000mgです。なので、ガッツリ鍛えたければ1日に12粒程度飲む必要がありますが…。

ストライクHMBは180粒しか入っていないので、1日12粒飲んでいるとたった15日で終了してしまいます!もちろんストライクHMB一袋を飲み終えてしまったら2回目まではプロテインとか別のサプリで繋いでも良いんですけど、できれば20日以上は持たせたい。なので、筋トレを休む日は飲まないとか、飲む量を12粒ではなく8粒程度にしておくとか色々と工夫の余地がありますね。

一日8粒にとどめておけば、最低でも22日はもちます。なので私は自分の筋トレ負荷を考えて基本は一日8粒飲むようにしました。もちろん負荷が少ない日は飲む量を減らして調整します。ま、やり方は以前と全く変わりませんのでそんな感じでやっていこうと思います。

sthmb_06

当然ですが、HMBサプリを飲むのは運動前。筋トレしたあとはホエイプロテインを飲みます。寝る直前も飲みます。プロテイン飲みまくりで120食分のSAVASホエイがもう無くなりそうです!

これが自分の筋肉に変わっていると思うと感慨深いような、そうでもないような…。
あ、そういえば今まで全く書いていませんでしたが、私は国産のサプリやプロテインのほうが好きです。だって、アメリカ産のプロテインやHMBサプリはなんか怖いですし。もちろん、「いやいや、怖いとか成分的に問題ないでしょ(笑)国産のものなんて無駄に高くて詐欺っぽい広告だしてるしどっちも大して変わらないよ」みたいに思う人もいるでしょう。

確かにそうです。でも体に取り入れるものは極力国産が良いんです。食品も大抵国産でなければ積極的に食べたり買ったりしたいと思わないんですよねー。そのあたりは個人の価値観の問題なので、自分に合ったものを選んでもらえれば良いかと思います。ただ、個人的には海外製のHMBサプリやプロテインはちょっと怖いので、これからも出来る限り国産の製品を使っていこうと思っています

スポンサーリンク

ストライクHMB実践記!俺の筋肉はこうなった!

というわけで、ここからは一袋飲みきるまでの具体的な記録などをまとめていきたいと思います。

基本的な筋トレメニューは今までと全く変わりません。

・ウォーキング30分(有酸素運動)
・プッシュアップバーを使った腕立て(30回~50回)
・腹筋ローラーによる立ちコロ(30回~50回)

内容は全く変わりませんが、負荷強度をアップしています。
パーフェクトビルドを使っていたときは20,30回程度を最高負荷にしてましたけど、最近は最低負荷が30回となっています。で、最高負荷が50回。もちろん筋肉痛のときは躊躇なく筋トレなしとか10回だけとかにしますけどね。

日々筋トレをしていると、こんな感じでこなせる回数が増えてくるので地味に楽しい。昔ながらの作業ゲーをしているような、夢中になれるあの感じがあります。

筋トレってジムとかに行ってガッツリベンチプレスなんかをしないとできないと思っている人もいるかもしれませんが、自重トレーニングでもある程度は鍛えられるということを知ってもらいたいですね。というか、私がその自重トレでもっと鍛えられればよく分かるようになるわけですけど、まだ時間が掛かりそうです。

初日~10日目のメニューと感じた変化

さて、ストライクHMBを飲み始めたのは2016年の12月29日からですね。この日の2日くらい前から30回の負荷にチャレンジを始めていたので、結構疲れていました。なので、翌日の30日は立ちコロも腕立ても10回しかできていません。

毎回書いていることですが、基本的に筋トレは毎日やるものではないんですよね。私は低負荷筋トレを毎日やることで疲れや筋肉痛を極力避けていますが、筋肉痛になるときはなります。どういうときか?というと、負荷を一気にアップした時。

新年に入って1月1日に腕立て・立ちコロともに50回やってみたのですが、思いのほかきつかったようで普通に筋肉痛になりました。

普通に筋肉痛になりました(大事なことなので二回言いました)。

筋肉痛になったらどうするのか?休む。それだけ。しかし私は休みたくないので、翌日の1月2日はとりあえず10回程度をヒィヒィ言いながらこなしましたとさ。

丁度このときに初詣に行っておみくじを引いたのですが、大凶でした。なんか毎年大凶引いてる気がするんだけど何なんだろう…。おみくじって引き直していいし、あとから上書きできるものなんで大したありがたみもないですが、「大凶=気を緩めずに頑張れ」って意味でしょ?と拡大解釈しておきつつ今年一年頑張ります。そんなことはどうでもいいですね。

とりあえずこの日は筋肉痛になるわ大凶引くわ散々でしたって話です。

さて、筋肉痛になったと思ったらなんと翌日の1月3日には回復していました。睡眠のちからってすげー!と、驚きつつ筋トレをこなします。普通に30回やってこの日はおしまい。

次の1月4日は筋肉痛に怯えつつも50回にチャレンジしました。筋肉痛になった翌日は負荷を減らしたからか、結構あっさりと50回をクリアできました。次の5日にも疲れを残さなかったので、思ったよりもさくっと鍛えられてきているようです

その後、6、7日も全く同じメニューを30回こなしていく…という感じで筋トレしながらストライクHMBを10日間飲みました。とりあえず10日目までの一覧表がこんな感じ。

sthmb1-10

体重が1日目よりも増えているのですが、多分普通に正月太りです。2月までには勝手に解消されるはず。されなかったら、筋肉の量が増えただけかもしれません。そのあたりは写真を見なければ判断は難しいですね。

この時点でのお腹の状態はこうなっています。

0-170f

day170_04

160日目の写真とくらべてみると、若干引き締まった感が出てきました。
(↓左が160日目、右が170日目)

写真ではわかりにくいですが、私の中では広背筋と大胸筋がかなり変化してきている感じがします腹筋を割りたいのに別のところが鍛えられるってどうなんだ?って感じなくもないですが、筋トレを続けていけばそのうち腹筋も割れてくるでしょ、と自分に言い聞かせながら引き続き筋トレを頑張っていきたいと思います。

11日~20日目のメニューと感じた変化

2017/1/18 追記
お待たせしました…!それでは11日~20日目以降の記録も書いていきますね。
昨年の12月末頃から飲み始めたストライクHMBですが、11日目~20日目は今までの筋トレ実践記の中では一番筋トレに力を入れた期間でもありました。

10日目までは30回~50回程度の筋トレ回数を目安に筋トレをしていましたが、この程度では疲れなくなってきました。日々の筋トレで地味に鍛えられてきたのでしょうね。

筋トレをしても、限界ギリギリまで攻めなければはっきり言って意味がないわけです。筋肉を大きくするために必要なことは、筋肉痛ですよ。筋肉痛がなければ筋肉は超回復せず、大きくはなってくれません。

なので、本気で筋トレするのであれば日々の回数調整やコントロールは非常に大切なこと。ですので私も「もう少し行けるかも?」というときは目安回数を超えることを目指しています。

ストライクHMB10日目の1月7日から14日目の1月11日までは普通に今まで通りの30回~50回程度の筋トレ回数をこなしていたわけですが、もう少し行けるだろうと感じたので翌日から回数を70回に増やしてみました。ただ、

「!こいつは効きすぎる…!」

ということで、15日目、16日目ともに70回こなしたところでダウン。思いの外きつかったのか、17日目になる1月14日は筋トレ休みという名目で腕立ても立ちコロも10回だけして終了しました。

今思えば、筋トレを始めた当初(2016年9月頃)は10回でも結構キツイと感じていたんですよねぇ。今は10回なんてサクサク終わりますが、以前の状態考えると成長したんだなと感じます。もちろん、使用しているHMBサプリ(今はストライクHMB)やプロテインの働きもあると思いますよ。

そして転機となるのが18日目の1月15日。この日から一日の筋トレ回数を100回としました。70回やって疲れは出たものの、筋肉痛にはそれほどならなかったので100回もできそうだ、という判断です。

実際やってみたら筋トレに1時間程度かかるものの、100回も問題なくこなせるということがわかりました。いつの間にか結構鍛えられていたんだな。

そして19日目(1月16日)から飲むHMBサプリの量も少し増やして、摂取目安量6粒の2倍の12~13粒を飲むようにしています。その理由は単純で、筋トレの強度が上がるのでそれに合わせてHMBの摂取量も増やしているというだけ。

国産HMBサプリは1500mgを目安量にしている物が多いですが、研究によればHMBが一番効果を発揮してくれるのは3000mgということです。これはDNSのサイトにも記載されているので気になる方はチェックしておきましょう。

で、そこから私は少し筋トレメニューを変更し、10回1セットを20回1セットに変更しました。
最終的な回数は同じですが、10回連続と20回連続では負荷のかかり具合が違うのでいい刺激になります。

ひぃひぃ言いながら1月17日に20日目をクリア。ここまでガッツリ筋トレしても筋肉痛にならないというのはなかなかすごい状態かも…!?とかおもっていたら、普通に翌日筋肉痛が来ました

ただ、誰もが想像するような痛みの残る筋肉痛ではなく、程よい疲労感が残っている程度だったので、構わず次の日も筋トレしますよ!

そして20日目までの記録がこちらです。

day170-180data

15日以降から100回が目安になっているので、一日の筋トレ時間は1時間です。
一時間というと長く感じるかもしれませんが、休憩も含めると大抵このくらいになります。

その休憩の合間にプロテインをがぶ飲みって感じですね。一日5食はプロテイン飲んでる気がします
HMBサプリは筋トレの直前~10分前に飲んでおくという感じ。

この時点(ダイエット180日目)でのお腹の状態がこちらです。

0-180f

0-180-4

170日目と比べてみるとこのようになりますね。
(↓左が170日目、右が180日目)

170日目よりもわずかに引き締まってきた気がしました。それに、大胸筋と二の腕がやたら鍛えられているようにも思います。

少し暗い場所で写真を撮ると、結構いい感じに凹凸が見えてきましたよ!

hukkin2

hukkin

元々は細マッチョを目指していたのですが、このままだとゴリマッチョになりそうです。自重筋トレだけでそこまで鍛えられるのか?というと微妙ですけど、やってみるのも面白そうなのでこのまま筋トレを続けていく所存です。

21日~最終日までのメニューと感じた変化

というわけで、21日目、1月18日の記録を見ていきたいわけですが、実はこの日でストライクHMB一袋が終了してしまいました!

まあ筋トレ負荷をアップしたと同時に摂取量も2倍に増やしたので仕方ありませんね。一日後の記録を乗せるのもどうなのよって感じですが、一応掲載しておきます。お腹の写真は20日目と変わらないので掲載はしません。同じものを並べてもねぇ…と思いますし。

とりあえず21日目、最終日の記録がこれです。
day22

体重は増加傾向ですが、上の写真を見る限りは太っていっているわけではないですね。普通に筋肉によって体重が増えているんでしょう。

ストライクHMBを1袋飲み終えた感想

strikehmb_02

で、ストライクHMBを一袋飲み終えました。後半は筋トレの強度をアップしたこともあり、プロテインと一緒にガンガン飲んでしまいましたが、別に体調が悪くなったりとかそういったことは全くありません。いや、あると困るんですけどね。

なので、問題なく飲めたことがありがたい。国産のサプリは海外産のサプリと比較してある程度信用して飲めるんじゃないかと私は考えています。まあそこは好き好きで良いかと思いますが。

ビルドマッスルを一袋飲みきるまでには約3ヶ月かかったわけですが、ストライクHMBは21日で飲み終えました。ビルドマッスルやパーフェクトビルドは一袋が120粒入っていて一粒あたりの大きさが大きく量の調整がざっくりになります。

4粒あたりにHMBが1500mgはいっているので、一粒あたりは375mgというわけですね。

一方ストライクHMBは一袋に180粒入っていて、6粒で1500mgのHMB含有量となります。一粒あたり含有量は250mgとなりますね。

HMBの推奨摂取量3000mgからすると、ビルドマッスルやパーフェクトビルドは8粒、ストライクHMBは12粒飲むことになります。

ストライクHMBは粒が小さいのでより細かく量の調整ができるのがポイントかなと感じました。

ストライクHMBのイマイチかなと感じたところ

はい、というわけでここまでストライクHMBの実践記をお伝えしてきましたが、写真で見ると結構びっくりするくらい変わりましたね。

やはり数ヶ月じっくり筋トレをすると見た目はどんどん変わっていきます。逆に言えば、数ヶ月間みっちり使わないとHMBサプリって意味がないんですよね。

口コミなどをみると、「一ヶ月使ってみたけど効果ありませんでした!最悪!」っていうのをHMBサプリ全般で見かけるわけですが、「それちゃんと筋トレしたんですか?まさか、一日5分程度の軽い筋トレでやりましたなんて言ってませんよね?」と聞きたい。

そもそも、筋トレって最初は負荷が弱い状況から始めるので、一日数分で終わるんですけど、現実的にその程度を続けても筋トレ効果は出てきません。

筋トレ効果を発揮するには、筋肉痛になるくらいやる意外にほかはないんです!しつこいですが、

筋トレ → 筋肉痛 → 超回復 → 筋トレ → 筋肉痛 → 超回復 →…

というスパイラルを延々と繰り返すことで筋肉は鍛えられるんです。なので、常に自分の限界に挑戦する気持ちがないと、筋トレなんて意味が無いんですよ。どうしてか?そりゃだって、面倒くさいことが一番嫌じゃないですか。それに疲れるし。

毎日仕事で忙しい中で、なんで疲れが増えるようなことをせにゃならんのだ、と。だからこそ、本気で筋トレをしたい人以外にストライクHMBみたいなHMBサプリはおすすめできません

中途半端に使って、「鍛えられねーじゃん、詐欺かよ!」っていうのはもう目に見えてるじゃないですか。だったら最初から買うなと。

本気で格好いい体型になりたい!と思っている人だけが使えば良いと思いますよ。

ちなみに、ストライクHMBの値段についてですが、他のHMBサプリと同様に初回は500円のみです。
ただし、最低3回は継続して使うことが前提になるので注意してください。

2回目以降は500円ではなく、5925円となります。

定期3回でどれくらい費用がかかるのか、軽く計算してみるましょう。

■ストライクHMBを3ヶ月定期購入すると…
初回500円 + 5925円 × 2回 = 12350円

はい、1万2千円ちょっとですね。高いような、そうでもないような…微妙な値段です。
ちなみにザバスのホエイプロテインは120食分で1万円未満。

同じ3ヶ月なら微妙に安いホエイプロテインを使うほうが良いんじゃない?と思うかもしれません。
ですが、プロテイン(たんぱく質)とHMBでは吸収スピードはHMBのほうが早いので、どちらかを使うというのであればHMBのほうが良いのかもしれません。

私はどちらも使っています。プロテインとHMBサプリの両刀ですが、筋トレ強度をガンガン挙げているにも関わらず筋肉がつくスピードが早く、筋肉痛もここ数日はほとんどきていません。なので、何も使わずに筋トレしている状態と比べると、めちゃくちゃ効率がいいように思いますね。

いずれにせよ、HMBサプリそのものにはダイエット効果などはありませんから、飲んだ後にガッツリ筋トレすること、そしてそれを半年~1年程度は継続して行うことが重要だと私は考えます。

ストライクHMBの良かったところ

ストライクHMBの個人的に良かったところとしては、上でも書いたように使う量の調整がより細かくできるということでしょうか。基本的には目安量をそのまま飲むか、あるいは2倍の12粒飲むかの2択なわけですが、状況によっては8粒とか、4粒とかに調整し易いんですよね。

特に筋トレ初めて初期の頃は、一度にガッツリやるのは無理なんですよね。なので、例えばですが40回目標のトレーニングを2セットに分けて、サプリを飲むのも二回にすればベストなタイミングで飲むことができます。

分けて筋トレすれば疲れも溜まりにくくなるのでおすすめですよ。
あとはまぁ国産HMBサプリであることもあげられるでしょう。海外サプリは怖いので、個人的には国産のものをこれからも使っていきたい。

あと、最近一番効果を実感できたのもストライクHMBかなと思いますね。

まあもちろん筋トレの強度をガッツリあげたというのも理由だと思いますが、それでもかなりガッチリ体型に変化してきたと思いませんか?

まとめ:ストライクHMBを使った期間は物凄く鍛えられた感があった

もう一度出しますけど、これが筋トレ最初期の写真。

f0-50

s0-50

b0-50

そして現在がこれ。

0-180f

0-180s

0-180b

hukkin2

hukkin

大胸筋は特に鍛えられました。
私はここまで腕立てと腹筋のみの自重筋トレしかやっていませんが、それでも時間をかけてきちんとトレーニングすればこの程度には鍛えられますし、もっと鍛えられるだろうと手応えを感じつつあります。

もし本気で鍛えたいのであれば、半年ほどじっくりと筋トレしてみることをおすすめします。
その過程でプロテインやここで紹介したストライクHMBなどを活用すれば、より効率的に筋トレが可能になるはず。

ガッツリ鍛えるんだ!という方にぜひチャレンジしてみてもらいたいですね。

strikehmb_01

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top