ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ダイエットのことを忘れたら痩せますか?→正しくは「忘れるくらい習慣にしたら」痩せる

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ダイエットのことを忘れたら痩せますか?→正しくは「忘れるくらい習慣にしたら」痩せる

ダイエットって、やり始めた頃は本当に大変なんですよね。なかなか体重は落ちないわウエストは変わんないわで「一体いつになったら変わるんだよ!!」と言いたくなるもの。

私も2014年末頃からダイエットを始めたのですが、食習慣を改善したり酵素ドリンク置き換えをしてみたり、ジョギング/ウォーキングを取り入れたりして色々と積極的にダイエットに取り組んできました。

その時のことについては、私のダイエット記録を遡って見てもらえばいいかなと思いますが、結局のところダイエットできたのは運動や食事制限を習慣化して当たり前のように日常に組み込めたからだと思います。

スポンサーリンク

忘れるくらいダイエットを日常に組み込むことが大事

そしてそれを半年以上続けた結果、ダイエットが上手く行ったわけです。忘れたら痩せるというのはつまるところ、「ダイエットしているのを忘れるくらい習慣化できるかどうか」という話になってきます。

1年くらいがんばって運動しているのに痩せない!という人は、運動強度や食事の内容を全く変えていなかったりする可能性が高いです。

もうすこし自分の運動メニューを見返してみてください。1年間ずーっとウォーキング「だけ」だったりしませんか?ウォーキングは有酸素運動の一種で手軽にできる運動ですよね。でも消費エネルギー量はすくないため健康維持には効果的ですが、脂肪を積極的に燃焼させるには不十分

実際のところウォーキングは運動不足を解消し、ガッツリ運動するための下地作りだと考える方が適切です。

脂肪を燃焼するためにはより高負荷の有酸素運動であるジョギング/ランニングを取り入れるべきです。ジョギングを毎日30分程度行えば1ヶ月で結構な成果が見込めます。

この記事は過去の私のランニングを取り入れた初期の記録ですが、しかしまあこのときはデブでしたね…。ランニングと酵素ドリンク置き換えで徐々に体重を落とせた、ということで大きな自信に繋がっていたように思います。

ダイエットを諦めたくなったらどうすべきか?

極論、諦めたら良いと思います。なにもアドバイスすることが嫌になったとかそういうことではなく、私は「ダイエットや筋トレが楽しくないなら別にしなくていい」というスタンスですからね、今のところ。

ダイエットを始めた当初はデブすぎてかっこ悪いからダイエットしようという完全に見栄のみでやっていましたので、途中で投げ出したくなるようなことも多々ありました。

しかしそのたびに自分の理想体型をずーっと考え続けていたんです。ときにはサボってラーメン食べたりした時もありましたけど、そういういのもたまには悪くありません。毎日毎日ローカロリー食ばかりだと飽きますし、運動もはっきり言ってダルい。そんな気持ちになることは誰だってありますって。

そこからどうやって次の運動やダイエットを続けようという気持ちにつなぐかが重要です。

今までの自分のダイエット方法を振り返って、本当に効果があったのか、なかったのか、負荷強度は十分か…といったことを洗い出していくと色々な課題が見えてくるはず。その見つけた課題をこなす気になるかどうかでしょう。

ダイエットなんぞテキトーにやればいいんです!

「また1キロ増えた…アレだけ頑張ったのに、ダイエットなんて意味ないじゃん!」そんな叫び声がどこかで上がってそうですけど、別に1キロ増えたから何なんだよって話

「1キロ増えてもそのあとしっかり運動して2キロ落とせばええやん。」言いたいのはそれだけですね。厳密には運動して筋肉が増えると体重は増えます。それを太ったと勘違いしてしまう場合は少し勉強が足りません。

そもそも、ダイエットなんて厳密にやらなくて良いんですよ。完全主義者のように、30日間で○キロ痩せる!みたいな目標を掲げたところで、現実的に30日で落とせるのは1~2キロ程度ですからね。

それ以上落とすとリバウンドの可能性が高まるので、むしろ後先考えるのであれば無茶苦茶なダイエットはやらないほうが賢いです。

ダイエットって短期間でどうのこうの、と言われることがかなり多いのですが、実際にはダイエットは死ぬまで続きます。死ぬまでって、あなた続けられます?無理でしょ。だからこそダイエットなんぞ適当でいいんです。

「半年で3キロ位痩せてればいいや」くらいの雑な目標を掲げて趣味で楽しむ、くらいの適当さ加減で良いんですよ。

そうすれば、「痩せなきゃ…!」みたいな変な義務感にさいなまれることもありませんし、それがストレスになって過食になる…なんてことも起こりません。「趣味で軽い運動と食事制限やってます、痩せれば儲けもの」くらいのガバガバ意識のほうが変なストレスが溜まらず自由にやりやすいですよ。

まとめ

というわけで、ダイエットを成功させるには忘れたほうがいいですか?という人に対する回答はこうです。

・忘れるくらいエネルギー制限と運動を習慣にすること
・ガバガバくらいの適当な目標を立てる(厳密な目標をたてない)
・ダイエットを楽しくやる

この3つをきっちり(?)守れば、気づいた頃にはダイエットをやり終えていますから。
なので、焦らずじっくり適当に、そして楽しくダイエットを続けていきましょう!

あ!運動強度は徐々にあげていかないと意味ないからな!そこだけは注意です!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top