ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

「時間がない」はホント?筋トレ時間を確保する方法を考えてみた

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
「時間がない」はホント?筋トレ時間を確保する方法を考えてみた

「忙しくて筋トレする時間がない!」という人に対して「はぁ?そんなのはみんな同じです」と、こんな風に言ってしまうと話が終わってしまうわけですが、実際筋トレする時間を確保できないという人は時間の使い方を考えて見る必要があると思います。

筋トレして今のだらしない体型にサヨナラしたいのはやまやまだけど、どうやって時間を確保すれば良いのかわからん!という人向けに、ここでは時間の確保方法と効率的な筋トレのやり方について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

筋トレする時間がないは甘えか?

最初に書いたように、筋トレする時間がない、というのはちょっと間違いだと思います。正しくは「筋トレに使う時間を捻出・確保するのが面倒くさい」のではないでしょうか?

確かに、今の時間の使い方が一番良いという人もいるはず。時間の使い方を変えて何になるんだ?と感じることも多々あるでしょう。でも、体を鍛えたいのであれば嫌でも時間の使い方を変える必要があります。

無駄な時間を洗い出せ!

最初に考えたいことは、どの程度自分が時間を無駄にしているか?を考えることですね。誰だって少なからず必要のないことに時間を使っているものなのですよ、悲しいことに。。。

なので、その無駄な時間浪費を筋トレ時間に変えられないか?というのが最初に考えるべきことです。何が無駄な時間なのかですが、例えば以下のようなことが時間の無駄ですね。

・悩む時間
・意味もなくネットをダラダラ見る時間
・特に見たくもないテレビを見る時間
・時間を掛けすぎる食事
・仕事終わりに寄り道する時間
・etc…

なにが無駄か?という線引は人により様々だと思いますが、「何の役得にもならない、非生産的な時間の使い方」=「無駄な時間の使い方」と考えて差し支えないと思います。

…心当たりがありすぎて吐気がするんですけど!!

とにかく、こういった非生産的な時間を極力なくすようにすれば、どんなに忙しくても一日30分程度は時間が作れると思います。特に寝る前にダラダラスマホを見てしまうという人は、その時間を筋トレに使って運動後はさっさと寝るようにしたほうが健康的です。

時間は作るもの

ココまで言えば何が言いたいのかわかると思いますが、「時間は作るもの」です。学生の時は時間が無限にあるように感じていたかもしれません。しかし一度社会に出ると自由にできる時間がどれほど貴重かというのを嫌というほど思い知らされますし、ご存知のはず。

だからこそ、何か達成したいこと、実行したいことがあればそのための時間を能動的に確保していくことが大事になります。ですので、そのように考えつつ自分の一日の時間の使い方について振り返ってみて下さい。絶対無駄に浪費している時間が見つかりますから。

ながら系の筋トレは大抵続かない

時間がないならながら筋トレすればいいじゃない!って思うじゃないですか。しかしその幻想を打ち砕く。

ここ2年~3年くらいで健康ブームが広がったように思います。それによってテレビでも健康に関する情報番組が増えた用に思いますが、その中で時たま紹介される「ながら系」の運動ってありますよね。

「テレビを見ながらできる」とか「一日たった5分、家事や仕事をしながらできる」といったように紹介されることが多いですが、あれ続けられている人ってどのくらいいるのでしょうか?

・テレビの前でちょっとやってみて効きそうだ → おしまい
・2~3日ほど続けてみる → 本来やるべきことから集中力を削がれると気づく → おしまい
・見て満足する → おしまい

やばいぞ!続かないパターンしか思いつかない…!

ながら系トレーニングは一見効率よく感じますが、大きな問題があります。
それは、トレーニングに集中できないということ。これは実際大きな問題です。

集中しなければ強い負荷をかけることは難しいですし、強い負荷をかけるには意識を集中しなければなりません。適当にぱぱっと強い負荷なんて掛けられないんです。下手したら怪我しますし。

なので、結局そういったながら系トレーニングはほぼ続かないんです。片手間でできることほど続かないとはなんと皮肉なことでしょう。

ですからしっかりと筋トレのための時間を確保すること、これが重要ですよ!

筋トレとその他の優先順位をつけるべし!

自分の時間の使い方を改めて見直してみても、やっぱり筋トレのための時間が確保できそうにない、という人もいるでしょう。

そういう人は、筋トレするタイミングが今ではないのかもしれません。どういうことか?というと、筋トレ以上に優先度の高いタスクを抱えているんじゃないか?ということです。

例えば資格試験の勉強だとか期日が近い資料作りだとか、あとは個人的に深い悩みを抱えている状態だとか…。そういった時に筋トレなんてやってられっかよっ!って感じじゃないですか。少なくとも私なら後回しにするでしょう。

なので、あなたがいま筋トレをやるタイミングにあるか否か?ということもしっかりと考えてみるべきなんじゃないかなーと思ったりします。

特にそういったことが無いのであれば、筋トレの時間を確保する努力を少しはしたほうが良いかもしれませんね。

まとめ:筋トレは一定期間集中してやらないと効果が見えてきませんよ

というわけで、筋トレする時間がねぇ!って言う人向けにどのように時間を確保すればいいかを考えてみたわけですが、そもそも別のタスクを抱えている人は筋トレはまだしなくていいと思います。

アレもしなきゃいけない、これもしなきゃいけないと言った状況で自分のやりたいことをねじ込もうとすると大抵は失敗に終わります。

やるべきことを全て片付けてから自分のやりたいように筋トレをするほうが習慣化しやすいです。筋トレは最初のほうが肉体的にもメンタル的にもかなりキツイので、考え事等がある場合はやらないほうが無難。

タスクや悩みを全て片付けてから筋トレを始めれば、きっと習慣化してだらしない体を引き締められると思います。ガッツリと体型を鍛えたいのであれば、時間確保も大切な課題になってくることを忘れないで下さいね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top