ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

猛烈に肉が食べたくなる心理は何?栄養やダイエット・ストレスの面も含め考えてみる

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
猛烈に肉が食べたくなる心理は何?栄養やダイエット・ストレスの面も含め考えてみる

無性にお肉が食べたくなることってありませんか?私は大体1ヶ月に1回の頻度で無性にお肉が食べたくなります。KFCのように調理したものもいいですが、そうではなく、素焼きに塩コショウみたいなシンプルな焼肉が食べたくて仕方がなくなるんですよ。

もちろん好みはそれぞれですが、いずれにしても「なぜだかわからないけど無性にお肉が食べたい!」という時はあると思います。

そういう時の気分だけでなく、栄養面・ダイエットなどの側面からどうするのが良いのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ猛烈に肉が食べたくなるのか?

niku_01

お肉が食べたくて仕方がない!その理由の一つは「お肉が食べられない環境にあるから」でしょう。

例えば、子供中心に食事メニューを考えているとか、お年寄り中心に献立を組んでいる場合などはまずお肉は食べられません。子供中心の食事の場合、お肉も食べられるような年齢になれば問題ないです。しかしお年寄り中心の食事の場合はどうでしょうか。

まず高齢になると脂物を体が受け付けなくなるため、少し添える程度なら大丈夫ですがガッツリ肉オンリー!といったメニューにはできないですよね。なので肉の代わりにどうしても大豆や魚をメニューに加えるわけですが…。

これじゃ肉が食べられない!

そうです、高齢者と食事をともにすると、肉NG、脂物NG、濃い味NGとなるため、「精進料理でも食ってんのか」という気分になるのです。

もちろん、健康的な食事といわれればぐうの音もでないわけですが、かと言ってお肉を全く食べられないというのは非常に辛いはず。そういった日々が続くと、どうしてもお肉を食べたくなってしまうのです。

心理的にお肉が食べたくなるのは食べられない環境にあるからと言っても差し支えないのでは、と私は思います。

当然ながら、これは「ダイエットをしているから」という場合にも当てはめられます。この場合もお肉を食べられない状況ですから、食べたくなるのも仕方がないですね。

肉が食べたくなった時、私ならこうする

私はお肉が食べたくなったらとりあえず買ってきて一人で夜にこっそり食べる、で解決しています。

ラーメンや丼ものなどカロリー高めの食事が私は大好きですが、筋トレやダイエットをしていることもあり控えています。明らかに太るだろうと考えられるものについては物凄く自制心が働きます。なぜか。

ただ、お肉を食べることに関しては全く我慢しません。だって、別にお肉食べても太らないし。もちろん部位にもよりますが、食べる量や部位に注意すれば太る心配をすること無く「お肉食べたい欲」を満たすことも可能。

夜に食べる場合、食べ過ぎには注意しないといけません。たんぱく質だから別に大丈夫でしょ、というわけには行かないのです。プロテインなどは寝る前に飲むことが推奨されていますが、お肉はまず消化をしなければならないため、寝る直前に食べたりすると胃腸の負担が大きくなります。

睡眠の最中には体の壊れた組織を修復するために栄養素が使われる時間なのですが、お腹に食べ物が入った状態だと消化のために集中しなければならなくなり、結果的に肌荒れや筋肉痛が治りにくいといったことに繋がる可能性も否定できません。

なので、いくらお肉を食べたいといっても夜なら控えめにしておくのがベターでしょう。

さて、私がお肉を食べたくなったらどうするかですが、とりあえずスーパーで気の向くままに食べたいお肉を選びます。
niku_01

フライパンで適当に焼きます。
niku_02

豚肉や鶏肉はしっかりと火を通さないとダメですが、牛肉の場合は少し赤くても食べられます。これくらいでもいける。
niku_04

意識の低い焼肉が完成しました。美味しいです。
niku_07

脂分の少ない肉なら割りとたくさん食べても問題ない

はっきり言って、お肉が食べられるならならなんでもいい!という人は部位などこだわらなくても好きなものを選べばOK。上の写真では牛肉のカルビ、ハラミ、鶏肉の砂肝を焼いていますが全部美味しく食べました。満足度は満点です。

ヘルシーにお肉を食べたい時のオススメ部位

ただ、やはり脂分が少ないほうが太りにくいというのは事実ですので、牛肉、豚肉、鶏肉でどの部位を選ぶのが良いのかを軽く紹介しておきますね。

牛肉の場合

牛肉の場合、たんぱく質は非常に豊富なのですが、どの部位を選んでも大抵脂分が多いです。ただその中でも脂分が少ないものを選ぶ場合はかたやももを選ぶといいですね。かた・ももはともに脂分が少なく赤身がほとんど。ちょっと硬いですが、食べようと思えば食べられるはず。個人的にはハラミもおすすめ。脂分はやや多めですが柔らかいので美味しく食べられます。

逆におすすめしないのはカルビ=バラ肉ですね。バラ肉はたんぱく質が少なく脂質が多い部分なので、ダイエットや筋トレをしている際にはイマイチ。というか、脂が多すぎて食べ過ぎると気持ち悪くなるので、控えめにしておくのがベター。

豚肉の場合

豚肉を食べる場合、ヒレやロースが脂分が少なめでいいですね。特にヒレ肉は脂分が非常に少ない上にたんぱく質が非常に多いのでおすすめ。ヒレカツとかでもいいですが、生姜焼きなんかでも美味しく食べられます。もも肉も脂質少なめなので捨てがたい。

豚の場合もバラ肉はタンパク質が少ない上に脂質が多くイマイチな印象。

鶏肉の場合

鶏肉は全般的に脂質が少ないのでどの部位でも安心して食べられます。特にささみはダイエットや筋トレ時に「これ食ってれば何の問題もない」と言われるくらいベーシックな部位。なので、ささみに関してはバクバク食べてもオッケーです。ただあまりにもパサパサしているので途中で飽きるかもしれませんが。。。そこは工夫のしどころが発揮されるべき。むね肉も概ね脂質が少なめなので食べやすいでしょう。

ただ、お肉の食感を楽しみたいのであれば、やっぱりもも肉。これは捨ておけません!塩コショウをぱぱっと降って適当に味付けし手役だけでも美味しく食べられる、まさに至高の部位がもも肉なんですよ。

手羽先も軟骨を食べる時の歯ごたえがたまらないですね。ぶっちゃけ鶏肉に関しては気をつけるのはよく火を通すことくらいじゃないですかね。どの部位でも美味しく食べられます。

むしろ食べたいものを我慢するストレスのほうが悪影響

さて、何故か知りませんがお肉の部位のオススメ部分について力説してしまいましたが、話を戻すと「無性にお肉を食べたくなるのはなぜか」です。そしてそれを解決するにはどうすればいいのか。

食べたくなるものは我慢せず食べましょう。これ以外に解決方法はありません。

もちろん、脂質が多い部位は避けるといったちょっとしたコツはいりますが、どうしても食べたいというのなら我慢せず食べるべきです。あと、私みたいにやっすいお肉を買って一人でほそぼそ食べる必要なんてないです。

自分だけ食べるんじゃなくて折角食べるならみんなで食べよう!という発想で美味しいお肉を選ぶのもあり

>>米沢牛専門店 さかのネット通販・販売サイト



私も時たま家族で美味しいお肉を食べるようにしていますが、そんなに不評ではありませんよ。むしろ良くしてくれている、と感謝されてるくらいですし。

なので、気が向いたらみんなで美味しいお肉でも食べてみてください。気が向かなければ一人焼肉で…(笑)

まとめ:肉を食べたいなら食べなさい。話はそれだけです

というわけで、お肉が食べたくなった時の心理と対策について私なりの解決方法をまとめました。結局のところ、お肉を食べたくなったら食べる!これが一番手っ取り早い方法になりますね。

我慢するのもいいですが、我慢ばかりだと楽しくありません。家族のことを考えるのなら仕方ない場合もありますけど、たまには食べてもいいでしょう。コンビニで唐揚げを買い食いしてもいいでしょうし、何らかの方法でお肉を食べておいたほうが「お肉食べたい欲」は鎮まります。

ダイエットのことを考えるなら、脂質控えめの部位を選ぶことで効率的にタンパク質を摂取(もといお肉食べたい欲を消化)できますよ。

適度に食べたいものを食べるのは全然オッケー!ヘンに我慢するより気分的に楽になるので、食べたくなったら遠慮せず食べていきましょう。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top