ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

【写真】マッスルエレメンツHMBは本当に効果あるの?筋トレしながら使った口コミ実践記

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
【写真】マッスルエレメンツHMBは本当に効果あるの?筋トレしながら使った口コミ実践記
はじめに
この記事はマッスルエレメンツHMBをガッツリ試してみたという実践記です。そもそも、HMBサプリについて検索した時に出てくる記事は「おめぇ実際試してねーだろ!」と突っ込みたくなるような内容のものが多いです。飲み始めて1日5分の筋トレを1ヶ月続けたら腹筋割れたわ(^^)
といった巧妙な記事が多いのですが、それは現実的にありえないので真に受けないでくださいね。この記事の趣旨としては、私が実際にマッスルエレメンツHMBを飲みながらゴリゴリ筋トレしたらどこまで変化するか?をまとめた実践記になります。もちろんマッスルエレメンツ以前にも複数のHMBサプリをガチで試してきたので、実践記の内容については割りと自信があります。ですので、「HMBサプリの記事ってって明らかにウソやんけ!」と思っている人にもある程度は納得してもらえるんじゃないかなーと思っています。
なので、これからHMBサプリ、とりわけマッスルエレメンツHMBを試してみようかなと気になっている方にはじっくりと目を通してもらえたら嬉しいです。

というわけで、昨年9月頃から続いている筋トレ実践記ですが、なんだかんだで6ヶ月目に入りました。半年間HMBサプリを使いつつ筋トレしてきた感想として、かなり変化を感じられた!!といっても過言ではありません。

まず、ダイエットを再開しはじめた時の状態(左)と筋トレを始めた直前の体型をみてみましょう。
f0-50

私はダイエットを始めて50日目頃からHMBサプリを飲みながらの筋トレを始めました。上記の写真のように、筋トレを全くしない状態だとただ皮下脂肪が減っていくだけだったわけですが、HMBサプリを飲みつつ筋トレをしてきた結果、このような状態(右写真)にまで変化しました。

0-180f

どうでしょうか?この間に筋トレとして行ってきたのは1日30分~1時間程度の腕立てと腹筋ローラー(最初は膝コロ、途中から立ちコロ)のみです。

普通は短期間で一気に鍛えようとしますが、体がついていかないので 挫折しがちになってしまうんですよ。これはダイエットでも同じで、地道なカロリー制限や運動を少しずつ続けることでリバウンドや挫折なしに体を引き締められる王道的な方法です。

私は今まで2年間以上ダイエットを続けてきた経験から、筋トレも地道に続けるのが一番楽だし挫折なく続けられるだろうと確信して続けてきました。で、上の写真のような結果になったわけです。

結構すごくないですか?

短期間でダイエットや筋トレの結果を求めるのも悪くはないのですが、実は大きな落とし穴があるんですよ。それがリバウンド。リバウンドの理屈については以下の記事で詳しくまとめていますので、ついでに読んでみてください。

そういうわけで、私は目先の結果だけを求めずに筋トレしています。確かにサクッと鍛えられればそれでも良いのですが、ダイエットも筋トレも究極的には自己満足ですし、自分が納得できる範囲でやれば良いんじゃないかなーと。とはいえ、やっぱり効率的なことに越したことはありません。

なので、私は筋トレ前にいつもHMBサプリを飲んでます。HMBサプリは効果ねぇよ!なんて口コミもちらほら見ますが、それは既に体が鍛えあげられている人か、あるいは十分な筋トレができていない人のどちらかでしょう。

私個人でいえば、しっかり使って筋トレすれば普通に効果あるやんけ!と感じてます。いやマジで

マッスルエレメンツHMB公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

HMBの働きとマッスルエレメンツの特徴

んで、今現在(2017/2/2)使っているマッスルエレメンツなのですが、このHMBサプリの特徴としては私が愛用してやまないプロテインであるザバスのソイやホエイと成分の配合が似ていること。

muscleelementshmb_03

■原材料一覧
HMBカルシウム、クレアチン-水和物、デキストリン、コエンザイムQ10、αリボ酸、大豆ペプチド、L-オルニチン塩酸塩、DNA核酸、RNA核酸、米胚芽抽出物、ブラックジンジャー抽出物/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース、ビタミンC、クエン酸、L-アルギニン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、シクロデキストリン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

例えば、普通のHMBサプリには含まれていないビタミン類やパントテン酸、葉酸などの成分が、このマッスルエレメンツには含まれています。なので、ほぼほぼプロテインと同じくらいバランス良く栄養を摂取することが可能。

それに加えて運動時のパフォーマンスを高めるコエンザイムQ10、αリボ酸、クエン酸といった成分が含まれているので、運動後も疲労感に包まれてダウン…ということもないです。私は毎日筋トレしているんですが、本当は毎日筋トレしちゃダメ。必ず一日~二日おきにするのがルールなのですが、なんだかんだ筋肉痛にならずに毎日続けられています。それにはこのマッスルエレメンツHMBが大きく貢献してくれているようにも思いますね。

そもそも筋肉痛が起きにくい体になっているということは、より大きな負荷をかけても大丈夫、ということ。大きな負荷を掛けて筋肉痛を起こし、超回復させること…このサイクルで体は徐々に鍛えられていきます。

ですからHMBサプリを活用することで、より大きな負荷を掛けられるようになり、結果的に効率的に体を鍛えることができる…と、私は今のところ感じていますね。

そもそもHMBの働きは、端的にいうと筋肉の分解を防ぐことにあります。そもそもHMBはロイシンの代謝物。ロイシンはBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)としてプロテインに含まれていますが、代謝後のHMBにおける一日の推奨摂取量3000mgを摂取するには、約20~50杯ものプロテインを飲む必要があるわけです。理屈としてアホらしいですよね?

しかも、ロイシンを摂取したあとはHMBに代謝しなきゃいけないわけですから、プロテインからHMBを摂取しようとしたらとんでもなく非効率だというのがわかるはず。だからこそ、HMBを直接摂取するのが最も効率が良いわけです。

マッスルエレメンツHMB公式サイトはこちら!

芸能人も活用するマッスルエレメンツHMB

そういうわけで、最近はHMBサプリを活用している人が以前よりも増えてきました。芸能人の方でもナチュラルに活用していたりします。

元テラスハウスメンバー宮城大樹さん↓
渋くて格好いいっす。

↓渋いメンズファッション誌BITTER専属モデルの中川貴仁さん。
半端なく格好いい体型でヤバイ。

↓格闘家で俳優の黒石高大さん。
鍛えすぎぃ!

↓アメリカ人と日本人のハーフモデルさん。
インスタ遡ってみるとめっちゃバランス良い筋肉のつき方でビビる。

…と、このように筋トレやってる芸能人の方々にも活用している人は結構いる模様。
なんつーか、私が紹介するより説得力がありすぎて困るんですけど。。。

まあそんな感じで、HMBは割りとトレーニーには浸透してきているのではないかと思う今日このごろ。

muscleelementshmb_04

つーわけで、こういったクソ格好いい体を目指して私もマッスルエレメンツを使い始めてみたわけです。手のひらに乗せてみるとこんな感じ。結構小さいのがわかるんじゃないでしょうか。

muscleelementshmb_06

このマッスルエレメンツHMBの摂取目安量は一日6粒。しかし私は毎日筋トレするので一日6粒だと物足りないんです。なので、1日12粒(=HMBの一日の推奨摂取量3000mg)を飲むことに決めました。うむ、手に乗せてみると結構多い。

muscleelementshmb_07

マッスルエレメンツの前に使っていたサプリは適当に量を調整していたのですが、今回はガッツリ飲んでいきます!

muscleelementshmb_08

マッスルエレメンツのお供はビール…じゃなかった、ザバスのアクアホエイプロテインです。泡立ちが半端ないですが、クエン酸が入っていて適度に酸味がありスポーツドリンク感覚で飲めるので最近はまってます。

マッスルエレメンツHMB公式サイトはこちら!

マッスルエレメンツHMB実践記!俺の筋肉はこうなった!

つーわけで、実践記に続きます。

マッスルエレメンツを使い始めた時のメニューとしては、

・立ちコロ100回
・腕立て100回

だけ。ウォーキングは雪が降ったり色々してたので行ってません。やっぱり寒いときは筋トレだけでいいや。
風邪引いてもこまるしね。

というわけで、結局初っ端からこの2つのメニューのみで筋トレを進めていくこととなりました。

…ってか、前と何も変わってねぇ!

初日~10日目のメニューと感じた変化

んで、マッスルエレメンツHMBを使い始めたのは2017年の1月19日からでした。この日から23日まで5日間みっちり筋トレをやっていくわけですが、22日は疲れていたので半分の50回だけで終了。翌日の23日はちゃんと100回こなしました。

相変わらず100回はクソキツイです。なんたって、疲労が溜まって腕が徐々に動かなくなっていくんですよ!まあこんな感じでガッツリ負荷を掛けなきゃ筋肉も鍛えられないのでしゃーないですが・・・。

結局そこまでやって筋肉痛となり、1月24日は何にもしませんでした!良いじゃないか、こんな日があったってねぇ…?

そしてその翌日1月25日はマッスルエレメンツ6日目。気合を入れてまた腕立てと立ちコロ100回をこなしていきます。しっかし、やっぱ丸々1日休むと筋肉痛が一気に回復しますね。超回復とはよく言ったものです。

次の26日もこの勢いでグイグイと腕立てと立ちコロをこなしていきます。前日までは筋トレに1時間ほど掛けてじっくりやっていたのですが「もう少しどうにか時間を短縮できんものか?」と思いたち、30分でこなせるかチャレンジ。

その結果、普通に30分程度で腕立ても立ちコロも100回こなせました。しかし、半端なくきつかったです…。1時間掛けてじっくり休憩をはさみながらやっている状態と、休憩を最小限にして腕立てと筋トレを交互に繰り返すメニューはマジで負荷強度がぜんぜん違う。後者のほうがかなりキツイ。

ただ時間の短縮はとても大事です。私も時間が欲しい。というわけで、その日から休憩時間を削って30分~40分前後で筋トレが終わるように調整し始めました。

やり始めてみると意外と続くもので、27日もホイホイ続いたんですよ。ですが28日になって筋肉痛の兆候がでてきたので、いつもの半分の50回だけこなして翌29日はお休みに。

やっぱり休憩を含めない筋トレはキツイですね。といいつつやるんですけどね。
で、しっかり休んで30日はいつもどおり100回こなしてマッスルエレメンツHMB10日目を迎えました。
記録的にはこんな感じですね。

mehmb1-10

体重とかの増減はほぼありません。ただ、体脂肪率が19%で安定してきたので春以降は有酸素運動で絞っていかなきゃなぁ~などと思っています。

そもそも筋トレするときって最初は太るところから始めたほうがバランス良く鍛えられるんですよね。筋肉を落とさず絞るというのが非常に難しいようで、どうやってそれを実現していくかが課題になりそうです…。

で、ダイエット記録190日目(マッスルエレメンツ8日目)のお腹の状態がこちら。

0-190f

0-190b

0-190s

day190_04

190

もう十分細マッチョ的な体型にはなったと思いますが、まだ腹筋が中途半端だったり、腕が微妙な感じだったりするのでまだ筋トレは止めません。

今までだったら確実に「もういいや」ってなっているところですが、流石に今あるHMBサプリを使わないわけにはいかないじゃないですか。そのまま置いてても無駄ですし、それならいっその事最後までいっちゃえ!ということでガンガン使っていきますよ!

11日目~20日目のメニューと感じた変化

で、ここからマッスルエレメンツ実践記11日目(1月31日)に突入します。
私、ここらで少し考えてみたんですよ。

立ちコロと腕立てだけじゃなくて他のメニューも入れてみるか、って。
というのも、上で書いたように腕が中途半端なんです。

胸筋や腹筋は今のままで十分鍛えていけそうですが、腕や肩だけでなく背中もどうにかしたい。
しかし私はジムに行きたくはない!ということで自宅でできる方法を探してみたんです。

その結果、ダンベルによるトレーニングであればかなりバランス良くトレーニングできるということがわかりました。

思い立ったが吉日、早速ダンベルを注文しました。

danbel_01

danbel_09

danbel_10

ついでにトレーニング用グローブとダンベルトレーニング参考書も購入。これでガッツリダンベルトレーニングできる準備は整いました。

つっても、まずはどんなやり方があるのかを勉強しなければならないので、とりあえずダンベルトレーニングは週末くらいまでおあずけ。

月が変わって2月に突入しましたが、相変わらず2月1日~4日も立ちコロと腕立てを100回こなします。
day11-15

そうこうしていたら、いつの間にかマッスルエレメンツが一袋終わってました。。。
mehmb2_01

そりゃまぁマッスルエレメンツHMBは全部で180粒なので、一日12粒飲んでたら15日で一袋終了するのは当たり前なんですけどね。

ですが、さすがに15日間だけだと変化もへったくれもねぇ!ということでマッスルエレメンツはレビューとして二袋目も試していきます

mehmb2_02

そして二袋開始の16日目、2月5日からはダンベルを取り入れた筋トレを始めました。

day16-17

メニューとしては、今までの腕立てと立ちコロを50回にして、そのぶんダンベルに時間を割くというもの。上の表だとみにくいので具体的なメニューを書き出すとですね、

・立ちコロ50回
・腕立て50回
・スタンディングショルダープレス50回
・ベントオーバーロウ50回

こんな感じ。スタンディングショルダープレスは肩を鍛えるためで、ベントオーバーロウは背筋を鍛えるためのトレーニングです。

ダンベルトレーニングの参考書をみつつ簡単なものから取り組んできつつ、今までの腕立てや立ちコロもできれば続けたいと考えたらこんな感じのメニューになりました。

本当はもうちょっとバリエーションを増やしたほうが良いんでしょうけどね。まだ参考書を読み切っていないので、そのあたりは追々詰めていこうと思います。

で、何気にマッスルエレメンツを使い始めて17日目でダイエット記録は200日目を達成してました!

その結果がこちらです。

0-200f

0-200s

0-200b

day200_04

正月太りもすっかり収まって、割りとかっちりしてきたように思います。やはり写真を見ると肩の筋肉と背筋が弱いので、これ以降は重点的に鍛えていきたいですね。胸筋と腹筋は別にコレくらいでも良いのかもしれない。

というわけで、引き続き頑張っていこうと思います!

21日目~30日目のメニューと感じた変化

2017/2/22追記
はい、ようやく30日目までの筋トレを終えたので最後までお伝えしていきますよ!

まず2月9日がマッスルエレメンツ20日目。この日から22日目となる2月11日まで

立ちコロ50回
腕立て50回
スタンディングショルダープレス50回
ベントオーバーロウ50回

をこなしていきます。ただ、ダンベルメニュー2つだけだと中途半端になってしまうため、次の日からサイドレイズ50回をメニューに追加することになります。

ダンベルの重さは片腕5kg。スタンディングショルダープレスとベントオーバーロウだけだとやや物足りない感じがありましたが、サイドレイズを加えてるとかなり負荷が大きくなってきますね。

三角筋と僧帽筋が鍛えられるようになるため、これらのメニューによって背中、肩、首を総合的に鍛えることが可能になったわけです。すごくね?

流石にこれだけやるとかなりキツイ筋トレ強度となるため、2月13日はお休みに。休むときはしっかりと休みましょう。
休みの次の日は2月14日ですが、この日も休みの続きくらいのレベルで、立ちコロと腕立てを10回だけして終了。

他のメニューは休んでも、腕立てと立ちコロだけは最低限続けていくのが大事かなと感じてます。筋トレの基本みたいなメニューですからね。
で、その翌日の2月15日はマッスルエレメンツを使い始めて25日目。

トレーニングメニューをもとに戻していきます。50回だときつそうなので回数は30を目安に行いました。
ここまでの結果を以下の表にまとめています。

day20-25

そして2月16日がちょうど筋トレ210日目。せっかくなので写真もチェックしておきましょう。

0-210f

0-210s

0-210b

day210_04

day210_06

いやぁ、もう完全に細マッチョの領域に踏み込んでるでしょって感じですよね。
もう少し筋トレ強度を挙げつつ、筋トレ期間を1年、1年半と続けていくに連れてよりガッチリした体型になりそうです。

さて、ダイエット210日目の記録を確認できたら、マッスルエレメンツ26日目からのトレーニングもチェックしていきますよ。

ダイエット210日目かつマッスルエレメンツ26日目にあたる2月16日~2月18日までは今まで同様それぞれのメニューを50回ずつこなしていきました。
そしてその翌日の19日には休みをはさみます。やはりダンベルメニューを加えてぶっ続けで筋トレするのはなかなかこたえます。。。

なので、適度に休みを入れるのも筋トレの重要な要素。超回復させないと疲労もとれませんし、なにより筋肉が大きくなりませんからね。
しっかり休みを取って、29日目に当たる2月20日もこなします。休み明けは回数を30回くらいにするのがちょうどいいですね。

そして最後の2月21日も同じく30回のメニューとしましたが、ダンベルプレスを40回追加しました。
スタンディングショルダープレスとは違い、寝転んで行うプレスなので体全体への負担は少なめになります。なので首や肩の筋トレに集中できるっぽいです。

たった状態で行うトレーニングよりもダンベルが軽く感じるので、ダンベルは他のメニューよりも回数を多くこなしたほうが良さそうですね。
はい、で最終的なデータはこのようになりました。

day26-30

実践するメニューが増える代わりに、それぞれの実施回数が減っていくのはある意味仕方ないですね。負荷の強度の問題もありますが、そもそも私は30分~1時間程度しか筋トレの時間はとれないんです。

その中でいかに効率よくトレーニングを行うか…これを考えるのもトレーニングの一環だろうなぁと思ったり。やはり筋トレは奥が深い。

マッスルエレメンツHMBを飲み終えた感想

day210_01

そしてついにマッスルエレメンツ2袋飲み終えました。普通は一袋を1ヶ月かけて飲むのですが、私は筋トレ強度をホイホイアップしていることもあるので一日12粒飲んでいました。ですので、1ヶ月で2袋消費ということになってたわけです。一日のHMB推奨摂取量も3000mgですから、6粒では物足りないという感じでしたしね。

day210_02

いやぁ、30日間みっちりマッスルエレメンツを使ったことで、結構な変化があったんじゃないかなーと感じますよね。
今までよりも筋トレの強度もアップしていますし、ある意味鍛えられるのは当たり前なのですが、それでも気分的な面で結構違います。

ここでマッスルエレメンツ使用前と使用後の写真を比較してみましょうか。まずは180日目の状態。適度に細くなっている感じがありますが、ただ細くなっただけと言えなくもないです。

0-180f

0-180-4

そしてこちらがマッスルエレメンツを2袋、30日間みっちり使用した使用後216日目の写真です。

0-216f

day216_01

少しずつですが、ゴツゴツした体型になってきているように感じますね。
筋トレを始めた当初の「細マッチョ体型」は十分クリアできました。ここからさらにバルクアップを目指すのか、もうここで諦めるのかは人によると思いますが、私はまだまだ筋トレを続けていくつもりですよ!

なぜかというと、筋トレして最も体型の変化を感じられるのはおそらく1年~2年程度と思っているからです。ダイエットの時も1年以上かかりましたからねぇ。

急激に短期間で変化させるよりも、時間をかけてじっくり体型変化させるほうが体にとって負荷が小さいですしね。のんびりやるほうが気楽ですし、続けやすいと思います。

というわけで、長々と実践記をお伝えしてきたところで最後に私なりのマッスルエレメンツHMBの感想をまとめておきましょう。

マッスルエレメンツHMBのイマイチかなと感じたところ

まずマッスルエレメンツHMBのイマイチかなぁと感じたところは、味がマズイってところでしょう。ぶっちゃけると、このHMBサプリのまずさと言うのはほぼどのHMBサプリにも言える共通の残念ポイント。

まあそんなに味わって飲むようなものでもないですし、水やプロテインなどと一緒に飲めば特に苦味などを感じること無いですから、慣れればどうってことはないですね。

あとはちょっと他のHMBサプリと比べて初回以降の値段がやや高めってところでしょうかね。まあプロテインに含まれるべきビタミンBなどの成分がてんこ盛りなので、この値段はある意味仕方ないと言えなくもありません。

しかし逆に言えば、プロテインの成分もマッスルエレメンツに含まれているため、プロテインの節約にはつながると思います。ザバスのようにビタミンBが含まれているものではなく、たんぱく質オンリーで構成されている価格の安いプロテイン、例えばボディーウィングのプロテインなどのほうが組み合わせて使うならコスパが高いはず。

マッスルエレメンツHMBの良かったところ

マッスルエレメンツの良かったところといえば、やはり配合成分が非常に充実しているということでしょう。

コエンザイムQ10、αリボ酸、DNA核酸、RNA核酸などはほかのHMBサプリには含まれていない独自成分といえます。運動のパフォーマンスを高める成分ですので、筋トレ強度をガンガンアップしても耐えられる強靭な筋肉に仕上げてくれるはず。

まとめ

自分の体に自信がない、細マッチョになりたい、もっと体を引き締めたい…男であれば誰でも一度はゴツゴツした格好いい体型に憧れるもの。

しかし実際に筋トレをしてみると物凄くキツイんですよね。だからなかなか続かないわけです。しかし、マッスルエレメンツHMBを使いながら筋トレすれば、筋肉の分解を抑制してくれるため、より効率的に筋肉の鎧を構築できるというわけ。

筋トレすれば体型ががっちりするだけでなく、メンタル面も自信を持つことができるようになります。実際私も以前よりかなり前向きになれましたし、日々のストレスが結構キツいと感じる人はぜひマッスルエレメンツを使いながら筋トレしてみてほしいです。

そして、やると決めたら3ヶ月以上はきっちりやりましょう。でなければ、結局お金を無駄にしただけという結果になってしまいます。

筋トレはきちんとやれば必ず効果が出るものですので、焦らずじっくりと習慣化してほしいなと思います。

マッスルエレメンツHMB公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top