ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活用できるアミノ酸サプリ。

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活用できるアミノ酸サプリ。

マラソンで良い記録を残したいとか、ダイエットをしたい…そんな人は時期など関係なくランニング/ジョギングに励んでいることだろうと思います。

私はある程度ダイエットは完了したため、最近はランニングをする機会がないのですが、やはり余分な脂肪を落とすためには有酸素運動の筆頭格であるランニングは避けては通れません

ランニング初心者の人は「ランニングってただ走ればいいだけでしょ?」と思っている人も多いはず。

ですが、ランニングは足腰への負担が大きく疲労も溜まりやすい有酸素運動でもあります。疲れが溜まってしまうと続けられず、結局ダイエットが三日坊主で終わる…なんていうことにもなりかねません。

そこで活用したいのが、アミノ酸が含まれたサプリやスポーツドリンクです。
ヴァーム(アミノ酸含有量少)やアミノバイタル(アミノ酸含有量多)などのアミノ酸サプリには体の疲労を軽減しパフォーマンスを上げるための成分として必須アミノ酸がほぼ確実に配合されています

もちろん製品によって配合されている量は違うので、自分にあうものを選ぶのが適切でしょう。減量したいだけであればヴァームなどのアミノ酸含有量が少なめなものでも十分ですが、脂肪を落とすと同時に筋肉も鍛えたい、パフォーマンスアップを図りたい…という人はできるだけアミノ酸含有量の多いものを選ぶが正しい選択です。

なんかダイエットしたい人向けに言ってますけど、アミノサウルスはマラソンやトライアスロン、ロードバイクの大会に出場する…といった人でも十分活用できるスペックを備えています

具体的なスペックについては後々お伝えしますが、今現在主流のアミノバイタルなどより必須アミノ酸の量が多いです。

ですので、そういった理由で「新しいアミノ酸サプリは無いだろうか?」と感じていた人にぜひ使ってみてもらいたいなと思いますね。

アミノサウルス公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

ランニング中の疲労回復は必須です

ここで紹介しているアミノ酸サプリのアミノサウルスには、必須アミノ酸であるBCAAが3000mg、アルギニン・オルニチン・シトルリンの3つを配合したOCAAが1000mg、合計で4000mgのアミノ酸が含有されているサプリメントなんですね。

>>持久系アミノ酸なら、長時間パフォーマンスを維持できる「アミノサウルス」

ランニングをしていて10分位から疲れを感じはじめますが、徐々にその疲労感は薄れていきます。しかし走り終わったあとにドカッと疲れが押し寄せてくるんです。

この疲れを残さないためにもアミノ酸の摂取は非常に重要なんですね。私の場合はランニング後にプロテインを飲んでいたのですが、最近ランニング後はプロテインと一緒にアミノ酸サプリも飲むほうが効率がいいということに気づきました。これについては後述します。

BCAAとは?BCAAの働き

で、そもそも必須アミノ酸とはなんぞや?ということも書いておきます。必須アミノ酸とはバリン・ロイシン・イソロイシンのことを指し、とりわけロイシンが筋肉を鍛える上で非常に重要と言われています。(余談ですがロイシンは体内で代謝されHMBという成分に変わります。)

BCAAは筋肉中でエネルギーとして代謝されます。そのため激しいトレーニングや長時間に渡る運動の際の筋肉の疲労を軽減する働きがあります

そういった理由から、BCAAを含むアミノ酸サプリはランナーに愛用されているのですね。

当然ですが、この必須アミノ酸はランナーだけでなく運動する人すべてに愛用されるべき成分です。筋トレをメインに行っている人でもプロテインからBCAAを摂取していますからね(広義で言えばアミノ酸もタンパク質)。

疲労軽減や体型改善のためには非常に重要な成分であることは言うまでもありません。

OCAAとは?OCAAの働き

で、OCAAはなんですかというと、上でも書きましたがアルギニン・オルニチン・シトルリンの3つを配合したアミノ酸ミクスチャーです。これらは「スーパーアミノ酸」などとも呼ばれ注目を集めているようですね。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあるため、より効率よく体を鍛えたいという人にはもってこいの成分。運動によって成長ホルモンは分泌されますが、「もっとドバドバ成長ホルモン出てくれ!」という人には願ったり叶ったり、という感じですかね。

オルニチンには疲れを回復する働きだけでなく上記のアルギニン同様成長ホルモン分泌を促す働きがあるため、アルギニンとのあわせ技でダブルパンチも狙えます。

シトルリンには血管をしなやかにするはたらきがあり、研究によれば、運動後の筋肉痛を約37%軽減させたという実験結果もあるようですね。

これらをそれぞれ単独で摂取するのは非常に面倒なのですが、一つのパッケージで「OCAA」としてまとめて摂取できるのは有り難いところ。

BCAAが必須アミノ酸であるのに対し、OCAAはそこにプラスアルファしてくれる成分と言えそうです。

アミノサウルス公式サイトはこちら!

アミノサウルスの働き

aminosaurus_05

アミノサウルスの箱には端的に3つのサポートポイントが書かれています。

・エネルギーの源から、理想のパフォーマンスをサポート!
・エネルギーのめぐりや流れ、回復をサポート!
・タンパク質の材料がカラダづくりをサポート!

概ねBCAA、OCAAの説明で書いたことが書かれていますよね。原材料と成分の項目を見てみるとこのようになっています。

aminosaurus_03

aminosaurus_04

栄養成分表示は書き出してみましょう。

■栄養成分表示(1包5gあたり)
エネルギー 19.8kcal
たんぱく質   4.0g
脂質       0g
炭水化物    0.9g
食塩相当量    0g
——————————
ロイシン    2000mg
イソロイシン  500mg
バリン     500mg
アルギニン   500mg
オルニチン   250mg
シトルリン   250mg

BCAAのうちロイシンは非常に多く含まれているのがわかりますよね。
また、イソロイシン、バリンも500mgずつ含まれており、非常にバランス良くBCAAを摂取できることがわかります。

OCAAをみてみると、アルギニンが500mgと最も多く、オルニチン・シトルリンともに250mg配合されています。

上の項目を見ると、たんぱく質がほとんど含まれていません。
アミノ酸も広義ではたんぱく質だ、と上で書きましたが、プロテインとアミノ酸では使用目的が異なります

プロテインは主に体を鍛えたい場合に使用し、アミノ酸は即効性が必要な時に使用します。消化吸収もアミノ酸のほうが格段に早く胃腸への負担も少ないんですよね。

このように言うと、「じゃあプロテインなんぞ飲まずに日常的にアミノ酸飲めばええやん?」と思う人もいるでしょう。
ですが、アミノ酸は必須アミノ酸以外にもたくさん存在します。体を構成するアミノ酸20種類をすべてアミノ酸サプリだけで摂取することは不可能とまでは言わないですが非常に困難なんです。金銭的な負担が物凄くでかくなるわけ。

だから、プロテインとアミノ酸は上手に使い分けるのが賢い使い方というわけですね。
個人的には運動後にアミノ酸サプリとプロテインを両方飲むのが最も効率よく体を引き締められる方法ではないかと思ったりもします。

アミノ酸で疲労回復しつつ、持久力を高めて運動パフォーマンスをアップし、運動後にプロテインでたんぱく質をしっかりと摂取することでアミノ酸サプリだけでは摂取できないアミノ酸やその他の栄養成分を補給できるわけ。ね?効率いいでしょう?

アミノサウルスレビュー

というわけで、ざっくりと理屈をお伝えしたところで早速アミノサウルスについてレビューしていきたいと思います。
aminosaurus_01

アミノサウルスは一箱に14包入っているアミノ酸サプリです。

aminosaurus_06

一包に5gが封入されていて、これをそのままガバッと口に突っ込んで飲めばOKという男らしいサプリ。

aminosaurus_08

袋から出して見ると、サラサラパウダーとまでは行かなくても粒状の小さな粉になっていることがわかります。

aminosaurus_10

近くで見るとこんな感じ。やっぱ粒でかいっす。

aminosaurus_11

指にくっつけてみると大きさがわかりやすいですね。かなり柔らかめの粒なので、軽い力でもすぐに潰れます。

aminosaurus_12

一応パイナップルの味付けをしてあるとこの事だったので、そのまま飲めるかをチェックする目的でペロッと舐めてみたのですが…

うーん、このいかにもなサプリ感…

個人的にはそのままでも飲めるというのが結構魅力的だったのですが、アミノサウルスはそのままで飲むのにはあまり適していなさそうな味でした。口の中にでろっと残る感じがあるので、はっきり言ってランニング中やランニング前、ランニング後などのどが渇いているタイミングで飲むと高い確率でむせると思います。

完全に慣れた人であればそのままぐいっと飲むことも可能だとは思いますし、無駄な水分を取らないためにはそのまま飲むほうが良いのでしょうが、おそらく上級者向けの飲み方だと思います。

折角疲労を軽減するためのサプリであっても、飲みにくいとあっては台無し。
というわけで、今度は水に溶かすと飲みやすくなるのか?を試してみました。

aminosaurus_13

用意したシェーカー、水におもむろにしなやかに、かつ勢い良くアミノサウルスを突っ込みます。

aminosaurus_14

粉ヴァームなどのスポーツドリンクのようにサラッと水に溶けてくれるかな?と思っていたものの元々そういう飲み方のサプリではないので待てど暮らせど水に溶けてくれません。

aminosaurus_15

なので、適度に混ぜました。その結果がこちら。

aminosaurus_16

なんと!普通のスポーツドリンクのようになりました。

aminosaurus_18

早速この状態で飲んでみます。

アミノサウルスの味と飲み方

aminosaurus_17

で、肝心の味ですが、飲みにくかった粉状態とは打って変わり、パイナップルの味がほのかにする程度ではあるものの非常に飲みやすくなりました。

おぉ…!これならグイグイ飲めるぞ!!

個人的には、アミノサウルスは水に溶かして飲むのがデフォでええんとちゃう?と感じてしまうくらい飲みやすさが段違いだったように感じます。

とにかく粉状態では飲みにくいですので、自分に合わせた飲み方を探してみてください。

アミノサウルス公式サイトはこちら!

アミノサウルスのベストな活用法

aminosaurus_08

つーわけで、ざっくりとではありますがアミノサウルスをレビューしてみました。
では次にアミノサウルスはどのように活用するのがよいのか?を考えていきたいと思います。

アミノサウルスの摂取タイミング

アミノサウルスはアミノ酸なので、どういうタイミングで飲むのが最も良いのかについては色々と考えを巡らせたいところではあります。

まずアミノサウルスが推奨している摂取ポイントを確認しておきましょう。

aminosaurus_03

箱裏面の右側に書いてある「お召し上がり方」に摂取ポイントがざっくり書かれています。

「スポーツ前・中・後など1日1~3包を目安に、水などと一緒にそのままお飲みください」

だそうです。ただ、アミノ酸の働きと吸収速度のことを考えると運動前に飲むのは少しもったいないと感じますね。

運動中であれば疲労感を感じる前にエネルギー補給できるため、十分効率的といえます。

運動後の場合も疲労を翌日に残さなず回復できるため、摂取ポイントとしてありといえます。ただし、プロテインと併用する場合は運動中にアミノサウルスを飲み、運動後にプロテインを飲むのが良いでしょう。

一度に両方飲むのは難しいですからね。

摂取ポイントに優先順位をつけるならば、私としては以下のようになるのではないかなと感じます。

運動中≧運動中>>>運動前

普通に運動中に水に溶かしたものをスポーツドリンク感覚で飲むのが一番効率がいいと思いますよ。
クエン酸や塩分が含まれていないので、ヴァームなどを少量混ぜれば完全無欠のスポーツドリンクが完成しますね。

アミノサウルスは効果があるのか?

aminosaurus_11

うるせぇ!んなことよりさっさと効果あったかどうかを教えろよ!

そんな声も聞こえてきそうなくらい長々と書いてきていますが、たしかにアミノサウルスはどの程度効果があるのか、気になりますよね。

私は現在ランニングではなく筋トレオンリーなので、ランナーとして効果がどうか?をお伝えすることはできません…。

しかし実際に使ったランナーさんの口コミを見ると「30kmほど走って足がもつれるくらい疲れてきても、途中でアミノサウルスを飲むことでペースを戻せた」なんて声もありますね。

まあプラシーボ効果も無いとは言い切れませんが、実際に私がランニングをしていてアミノ酸を使っていた時は、確かに疲労回復というか疲れにくくなったように感じました

ですので、アミノサウルスでも同じような効果を実感できるだろうと思ってます。そういう意味でランナーに最もおすすめのアミノサウルスですが、筋トレの最中に飲むと疲労の蓄積具合がかなり違うと感じました。

push

私は毎日100回程度の腕立てと腹筋ローラーを使った立ちコロをしているわけですが、結構キツくて途中で何度も休憩を取っています。その結果、1時間くらい平気でかかってしまうこともしばしば…。

しかしアミノサウルスを途中で飲むことでほんのりと疲労が軽減し、1セットでできる回数が増えました

こういうことを加味すると、ランニングだけでなく全てのスポーツで十分活用できるスペックがあるアミノ酸サプリなんじゃないかと思ったりしますね。

アミノサウルス公式サイトはこちら!

アミノサウルスって他のアミノ酸サプリと比べて価格はどうなの?

アミノサウルスとその他のアミノ酸サプリはどんな違いがあるのか?も気になるところですよね。
最初に言っておきますが、アミノサウルスは定期だと初回のみ二箱で3200円です。単純計算で一箱1600円。

2回目からは一箱2720円となります。でも他のアミノ酸サプリより全然コスパ高いんですよ?

せっかくなので有名どころのアミノ酸サプリと比較してみます。

スーパーヴァームとの比較

まずはスーパーヴァームパウダー。このヴァームパウダーには1包につきアミノ酸が3000mg配合されていると同時に、コエンザイムQ10、L-カルニチンも含まれています。

ただ、アミノ酸3000mgといっても含まれている量が明確ではありませんし、17種類と多いです。

(プロリン、リジン、グリシン、チロシン、スレオニン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、アルギニン、イソロイシン、アラニン、グルタミン酸、トリプトファン、ヒスチジン、セリン、メチオニン、アスパラギン酸Na)

なので、バランス良くアミノ酸を摂取したい人には向いていますが、必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシンを徹底的に摂取したい人には向かないですね。

アミノバイタル GOLDとの比較

アミノバイタルがアミノ酸サプリの中では最も有名なものではないかと思います。このアミノバイタルGOLDにはアミノサウルスと同じくアミノ酸が4000mg配合されています。

具体的なアミノ酸の内訳を見てみましょう。

■アミノバイタルGOLD1包(4g)のアミノ酸内訳
ロイシン    1600mg
イソロイシン  430mg
バリン     440mg

——————————–
必須アミノ酸計 2400mg
——————————–
他アミノ酸   1540mg
——————————–
合   計   4000mg

はい、というわけでアミノバイタルGOLDのアミノ酸内訳はこんな感じ。「他アミノ酸」については公式サイトでも明かされていないので、ぶっちゃけ何が入っているのかよくわからん状態です。

アミノバイタルGOLDはアミノ酸全体の含有量で言えばアミノサウルスと同じですが、1包あたりの必須アミノ酸に絞るとアミノサウルスのほうが多いことに気づくはずです。

もう一度アミノサウルスのアミノ酸含有量を書いておきますね。

■アミノサウルス1包(5g)のアミノ酸内訳
ロイシン    2000mg
イソロイシン  500mg
バリン     500mg

——————————–
必須アミノ酸計 3000mg
——————————–
アルギニン   500mg
オルニチン   250mg
シトルリン   250mg
——————————–
他アミノ酸   1000mg
——————————–
合   計   4000mg

アミノバイタルGOLDは1包が4gなのですが、5g換算に直してもアミノサウルスのほうが必須アミノ酸含有量は多いことがわかります。

というわけで、アミノサウルスは割りとメジャーなアミノ酸サプリよりも必須アミノ酸含有量が多いということがわかって頂けたんじゃないかと思います。

価格もお手頃で、必須アミノ酸含有量が他の有名所よりも断然多いアミノサウルス
使って見る価値は十分あると私は思います。

アミノサウルスがおすすめできる人

aminosaurus_19


ガッツリとアミノサウルスについて見てきましたが、概ねどんなアミノ酸サプリかわかってきたんじゃないでしょうか。

具体的におすすめできる人を上げるならば、

・ランニングで長距離・長時間走ってダイエットしたい
・フルマラソンを完走できるだけの粘り腰が欲しい
・筋トレ中にヘタれることなく負荷をかけたい
・トライアスロンでいい成績を残したい
・ロードバイクで走れる距離を伸ばしたい
etc…

こういった人にアミノサウルスはおすすめできると思います。
とりわけ体力に自信がない人であれば、こういったアミノ酸サプリは疲労回復やカラダづくりに役立つので活用して損はないはず。

アミノサウルスをしっかり活用すれば、ランニングやマラソンの記録も伸ばせると思いますし、筋トレなどでもより負荷の高いトレーニングが出来るようになると私は思います。

ですので、今の自分の記録に納得ができない!もう少しどうにかならんのか!!という人にこそ活用してみてもらいたいアミノ酸サプリですね。

アミノサウルス公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

HMBマッスルプレスを使ってみた口コミレビューと私の評価。効果を実感するための方法

HMBマッスルプレスを使ってみた口コミレビューと私の評価。効果を実感するための方法

最近色々なメーカーがHMBサプリを発売していて筋トレブームがまた来ているのかなぁと感じますが、加圧シャツのマッスルプレスを販売している日本サプリメントフーズもHMBサプリを販売開始しました。その名もHMBマッスルプレス。そのまんま過ぎる感じ...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録300日目-アクティブレスト期を規則正しく過ごした結果、リバウンド防止!

再開ダイエット記録300日目-アクティブレスト期を規則正しく過ごした結果、リバウ...

再開ダイエット記録もついに300日に到達しました。ここ1ヶ月ほど夜食を食べたりお酒を飲んだりと色々あって太り気味でしたえが、アクティブレスト期で筋トレもしない状態のため流石にまずいよなぁ…と思い、そういった変な習慣を辞めてみることにしました...
More

ダイエットのコツ

私が体型改善にかけた期間と行った筋トレ・ダイエット方法まとめ

私が体型改善にかけた期間と行った筋トレ・ダイエット方法まとめ

体型の改善にはロマンがあります。 えっ!いきなりロマンとか言い出して、この人どうかしたの?って感じがするかもしれませんが、実際にこれまでの変化を振り返ってみると自分でも「結構変わったなぁ…」と感じるんですよ。 例えば、ダイエットを始めて一番...
More

ランニング

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活用できるアミノ酸サプリ。

ランナー必携サプリのアミノサウルスを使ってみた。ランニングだけでなく筋トレでも活...

マラソンで良い記録を残したいとか、ダイエットをしたい…そんな人は時期など関係なくランニング/ジョギングに励んでいることだろうと思います。 私はある程度ダイエットは完了したため、最近はランニングをする機会がないのですが、やはり余分な脂肪を落と...
More

コラム的なもの

私が体型改善にかけた期間と行った筋トレ・ダイエット方法まとめ

私が体型改善にかけた期間と行った筋トレ・ダイエット方法まとめ

体型の改善にはロマンがあります。 えっ!いきなりロマンとか言い出して、この人どうかしたの?って感じがするかもしれませんが、実際にこれまでの変化を振り返ってみると自分でも「結構変わったなぁ…」と感じるんですよ。 例えば、ダイエットを始めて一番...
More
Return Top