ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

クレアチンアルティメイトの効果を筋トレ実践レビューで検証!自宅でバルクアップする秘訣も伝授します

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
クレアチンアルティメイトの効果を筋トレ実践レビューで検証!自宅でバルクアップする秘訣も伝授します

健康ブームに乗っかり空前の筋トレブームが到来しつつある昨今、タルタルのお腹のままだとヤバイと感じている人が多いのではないでしょうか?

私も実はその一人で、メタボ体型から1年以上かけて現在の細マッチョ的な体型まで改善してきたわけですが、同じように体型をどうにか改善したい…と考えている人もいるのではないかと思います。

ちなみに、私の現在の体型はこんな感じ。ダイエット・筋トレを行うのは2回目なので「再開ダイエット」となっていますが、再開してから今のところ240日間続いていますよ。

f0-240

s0-240

b0-240

day240-1

day240-2

結論から言えば、私レベルであれば誰でもなれます。メタボ体型の人もね。

ただし条件があります。それは、

1.定期的に適度な運動(有酸素運動・筋トレ)を行う
2.期間は1年~2年を目安にする

はい、以上です。これだけでだれでも私と同じくらいにはなれますよ。

やべぇ、挫折しそう…って思った人は素直でいいですね!

まず挫折しそうと思ってしまう理由はなんとなくわかります。

・かなり長期間であること
・高負荷の筋トレを毎日やれる気がしない
・定期的な運動をできるか自信が持てない

このあたりが主な挫折理由だと思います。
しかし、実際に筋トレをはじめてみると急激な変化を求めない限りそこまで大変ではない、ってことに気づくんですよ。

ダイエットにせよ筋トレにせよ、体型を改善しようとする人が陥ってしまう問題として「短期で目標を達成しようとする」というものがあります。短期で目標を達成するのはモチベーション維持という観点から言えば非常に効率がいいやり方なのですが、筋トレやダイエットには実はあまり相性の良い方法とはいえません。

何故かと言うと、そもそも体型の変化は3ヶ月以降から実感しやすくなるため。そして日々の筋トレや運動のための時間と言うものは限られています。何もしていない人であれば一日中運動していられるかもしれませんが、普通に社会生活をしている人は運動に使える時間って限られているじゃないですか。

なので、ダイエットや筋トレを長期で行い習慣化してしまうことが手っ取り早い体型改善の方法と言えるのです。まあこれは実際に私が2年以上ダイエットを続けてきた経験から言えるのですが、習慣化してしまうことほどラクなものはありません

なので、ここで紹介するクレアチンアルティメイトを使用して体型改善を試みている方はぜひとも長期で筋トレをしてみてもらえれば別の世界が見えてくるのではないかぁと思います。

クレアチン アルティメイトの公式サイトはこちら!


スポンサーリンク

HMBとクレアチン、どっちがいいのか考えてみた

さて、効率よく筋力アップを目指すためのサプリメントは色々あるのは知っていますよね。アミノ酸だったりHMBだったりと、これからも新しいものが出てくるでしょう。ここで紹介するクレアチン アルティメイトは、名前の通りクレアチンに主眼を置いた筋トレ用サプリとなっています。

クレアチンについてざっくり解説すると、クレアチンはアミノ酸の一種で即効性の高いエネルギー源として体内で活用される成分です。それゆえ、トレーニング時のサポート成分として定評がありますね。従って、トレーニングのパフォーマンスが向上し、筋トレ時においてもいつもよりより長く強い負荷をかけることができるようになることが期待できるわけです。

で、より強い負荷をかければ筋トレ効果も当然高まります。それによりバルクアップを目指すのがこのクレアチンアルティメイトの趣旨といえそうですね。

なお間違えてはいけないこととして、クレアチン自体が筋力を強化するわけではないってことです。クレアチンはあくまでトレーニングをサポートしパフォーマンスを向上させる働きしかありません。

ですので過剰な期待は禁物。

クレアチンについてチェックしたところで、ついでにこのブログでも度々とりあげるHMBについても少しおさらいしておきます。

まずHMBは必須アミノ酸BCAAの一種だるアミノ酸、ロイシンの代謝物です。HMBの働きは筋肉が分解されるのを抑制することです。

たんぱく質やアミノ酸は体内で合成と分解を繰り返しているのですが、筋肉も脂肪や糖質と同じようにエネルギー源として消費されています。消費されているからこそ筋肉はなかなかつかないのです。

消費されずにつきっぱなしだったら、ちょっと筋トレしたらみんなボディービルダーになってますよね。(世の中にはそのような体質の人もいるようですが…)

いずれにせよ、筋肉は分解されエネルギー源として使用されます。その分解をできるだけ抑制する働きがあるのがHMBなのです。筋肉の分解を抑えられれば効率よく筋力アップが可能ですよね?そういう理由からHMBサプリを使用する人が増えているのです。

もちろんロイシンのサプリを飲めばいいじゃないかという話でもありますが、ロイシンでは体内に摂取してから代謝というプロセスが必要となるため、ダイレクトにHMBを摂取したほうが早いんですよね。

さて、このようにクレアチンとHMBそれぞれについて概要をチェックしてみると、「じゃあどっちがいいの?」という疑問が浮かんでくるのではないかと思います。

ぶっちゃけ、好きな方を使えばいいと言うのが私なりの結論です。HMBは筋肉の分解を抑制してくれるのでいつもの負荷でバルクアップを目指したい人向けですし、クレアチンはよりハードなトレーニングで限界を目指しつつバルクアップしたいという人向けです。

厳密に考えればこのように用途に違いはあるものの、トレーニングに対する向き合い方の違いでしかありません。
どっちみち筋トレしながら使えば同じような効果を得られるわけです。ですから、どっちでも好きな方を使えばいいです。

場合によってはHMBとクレアチンを両方使う方法もありますね。HMBとクレアチン両方を配合したサプリメントもあるので、両方使いたいという人は以下の記事もチェックしてみてくださいね。

クレアチンでもガッツリ筋トレすれば最終的に鍛えられますから、別にHMBでなくてもいいという人はクレアチンを活用しましょう!クレアチンアルティメイトのメリットを一つ紹介するなら、スポーツドリンク感覚で飲めるということでしょう。味付けもほぼスポーツドリンクなので、HMBサプリのように苦い粒を飲む必要がないっていうのもメリットと言えばメリットかもしれませんね。質感や味については以下で更に詳しくレビューしますのでチェックしてみて下さい。

クレアチンアルティメイトのレビュー!

というわけで、ここからはクレアチンアルティメイトのレビューをしていきたいと思います。
クレアチンアルティメイトは箱のパッケージになっていてこの中に小分けにして30袋が封入されています。

creatine-ultimate_01

箱を開けるとこんな感じ。「NO PAIN,NO GAIN」ってなんか懐かしいフレーズですよね。「痛みなくして成長なし」って意味ですがまさに筋トレについてはこの通り。楽して鍛えられる…なんて甘い話は筋トレにおいては全くないです。

creatine-ultimate_04

この小袋のなかにパウダータイプのクレアチンサプリが入っています。

creatine-ultimate_06

細かいレビューは後回しにして、原材料を確認しておきましょう。

creatine-ultimate_03

原材料を書き出しておきますね。

■クレアチンアルティメイト原材料一覧
クレアチンモノハイドレート、ブラックジンジャー抽出物、コロハ種子抽出物、黒コショウ抽出物/クエン酸、香料(乳由来)、トレハロース、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ネオテーム)、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-アルギニン、プルラン、ヘスペリジン、L-グルタミン

これらの成分についても後で詳しく解説しますね。
というわけで同封のパンフレットについても軽くチェックしておきます。

クレアチンアルティメイトがおすすめできる人として、パンフレットには以下のように記載されていますね。

・逞しく強い体をつくりたい
・プロテインを飲んでも実感できない
・持続力がほしい
・ブヨブヨ・ガリガリを卒業してモテボディになりたい

これらに該当するのであれば使ってみる価値はあるのではないでしょうか?個人的には筋トレを効率化したい人におすすめしたいかなという印象です。

creatine-ultimate_14

そして、配合されている成分としてはこれらがメインとなっています。HMBは配合されいませんが、HMBサプリに含まれているものとほぼほぼ同じものが配合されているため遜色なく使うことが可能。

creatine-ultimate_15

クレアチンについての説明もありますのでわかりやすいですね。

creatine-ultimate_16

クレアチンアルティメイトの具体的な活用方法も記載されています。
短期間で効果を実感したい場合は「クレアチンローディング」をすれば良いようですが、個人的にはそこまでしなくてものんびりやれば良いんじゃないかと思います。

creatine-ultimate_17

筋トレは時間を掛けてのんびりやっても効果は同じですからね。できるだけ極端な負荷を掛けないことが長続きするコツです。

creatine-ultimate_18

簡単なQ&Aもあるので目を通しておくと良いですね。注意点は、カフェインと一緒に摂取しないこと、水分補給をしっかり行うこと、程度でしょうか。

creatine-ultimate_19

クレアチンアルティメイトを飲んでみた

ざっくりとパンフレットをチェックしたところで実際に飲んでみたレビューをお伝えしていきましょう。
私は一日に飲む量は2袋に決めたので、それに従って毎日飲んでいこうと思います。

ちなみに、トレーニング休みの日は飲まなくて良いのか?が気になる人もいると思いますが、どっちでもいいです。飲みたい人は飲んで軽く腕立てや腹筋ローラーを20回程度こなしておけば十分。休養も大事ですが、それくらいの軽いトレーニングはやってもOKだと思われます。というか私はやってます。

飲み方としては、トレーニング前に一袋分を飲み、トレーニング後にさらに一袋飲むだけ。簡単ですね。体調に合わせて4袋くらいまではOKとパンフレットには書かれていますが、ちょっともったいない気もするのでそのあたりは自分の体調などを考慮して調整することをおすすめします。

creatine-ultimate_07

クレアチンアルティメイトはご覧の通り白いパウダータイプのサプリで、クエン酸が含まれているためスポーツドリンクのような爽やかな飲み心地。

creatine-ultimate_08

一袋につき100~200mlの水やスポーツドリンクに混ぜて飲みます。そのまま水に混ぜても十分味がついているので別にスポーツドリンクと混ぜなくても大丈夫です。

creatine-ultimate_10

混ぜてみるとこんな感じ。色は若干白く濁る程度でしょうか。

creatine-ultimate_12

においも若干ですが酸味があってマジでタダのスポーツドリンクじゃねぇか!というレベル。美味しく飲めますが、底に溶けなかった粉が沈殿してしまうのがちょっと残念でしょうか。ともあれ、別に効果があればその程度は大した問題ではないですが。

creatine-ultimate_13

このようにして適当に水と混ぜたクレアチンアルティメイトをスポーツドリンク感覚でトレーニング前、トレーニング中、トレーニング後に飲むと効果的に筋トレできるというわけですね。プロテインと併用してガッツリ鍛えていきましょう!

自宅筋トレでバルクアップするために必要なこと

はい、簡単にですが質感のレビューもしてきました。このクレアチンアルティメイトを活用してバルクアップしたり細マッチョになるために必要なことは何かというと、諦めずに筋トレすること以外にはないです。

身も蓋もない答えで申し訳ないですが、それ以外には体型改善する方法はありません。もちろん筋トレと合わせて食事改善も行えばベストですね。しかし食事だけは自分の好きなものを食べたい!って人も中にはいるでしょうし、あまり気にしなくても大丈夫。しっかりトレーニングさえすれば、20代であれば徐々に体は変化していきます。

ただし30代40代であれば新陳代謝や筋力など体の基礎的な力が衰えつつあるため、食事改善も同時に行ったほうが効果的なことは言うまでもありません。

私は筋トレしている時に活用している筋トレグッズをピックアップすると、

・プッシュアップバー(腕立て用)
・腹筋ローラー(立ちコロ用)
・ダンベル

今のところこれだけです。これから増える可能性もありますが、今は特に必要ない感じ。ダンベルだけで上半身は十分鍛えられそうなので、どっぷりとダンベルトレーニングに邁進するつもりです。

腹筋も腹筋ローラーだけで十分鍛えられますから、ワンダーコアみたいな場所をとる上に高い器具は不要です。まさにこれらは自宅筋トレにおける3種の神器と言っても過言ではないと私は思っていますよ。

安い、場所を取らないという最強のメリットがあるので、自宅筋トレをするならぜひ用意してほしいです。
そしてこれらのグッズを使いつつ状況に応じてクレアチンアルティメイトやHMBサプリを活用すれば鬼に金棒ってもんです。自宅筋トレを効率化してたくましい体型を目指していきましょう。

クレアチン アルティメイトの公式サイトはこちら!


クレアチンアルティメイト実践記!

ここからは私のクレアチンアルティメイト実践記をお伝えしていこうと思います。節目に到達次第追記していきますね。

クレアチンアルティメイト1日目~10日目

クレアチンアルティメイトの初日は3/17です。丁度この日から私はダンベルトレーニングのバルク体型向けプログラムを開始しました。

バルク体型向けのメニューですが、具体的には上半身をバランス良く鍛えるための筋トレが10種類ほどパッケージされたものを30分で行うというプログラム。

これがかなり効くんです…。もう初日からヘロヘロで、翌日は筋肉痛だろうなと思っていたら案の定その通りに。

プログラムでは1日毎に休暇を必ず設けることになっているので強制的に休みになるわけですが、これ休みなかったら絶対超回復しないだろうなぁ~と思うわけです。そんだけ負荷が強いってことですね。

そして翌日3/18が丁度ダイエット記録240日目ということで、その時の写真は最初にも掲載しましたがもう一度確認。

f0-240

day240-1

パッとみは結構いい感じに引き締まってきたように見えますね。去年は腕立てと腹筋しかしていなかったわけですが、ダンベルトレーニングを開始してから急激に引き締まったように思います。

day240-2

力こぶを作ってみるとちょっとそれっぽいですよね。私としては現状を維持しつつもう少し筋肉の隆起を立体的に出来たらなぁというのが理想なので、まだまだ筋トレは続きます。

ここからはもうほぼ同じメニューが続くので、少し省略してクレアチンアルティメイト10日目までの記録を見てみます。ちょっと縦に長いですが…。

creatinurulmate1

体重やデータなどは正直なところあまり参考にはならなくなりました。ここからは写真の記録が重要になってくると思います。

筋トレですが、一日おきに休みとトレーニングを繰り返しています。ただ腕立てと立ちコロはできるだけ毎日やるように調整していますよ。まあもちろん疲れて出来ない時は普通に何もしませんが…。

10日目までは特に変わったことはありません。強いていうならば、右腕がちょっと太くなったくらいでしょうか?

11日目~終了日

引き続き11日目からの記録を見ていきたいと思います。クレアチンアルティメイト11日目の3/27もいつも通りの筋トレメニューをこなしました。

クレアチンアルティメイトは筋トレしつつメニュー切り替えの間にちょっとずつ飲んでいるので、トレーニングが終わる頃にはすっからかんになることが多々ありましたね。

スポーツドリンクとほぼ一緒でクエン酸が入ったちょっと酸味のある味ですから疲労回復にはもってこいです。プロテインより味がうまいってどゆこと…。

そしてその翌日3/28がダイエット記録280日目でしたので、写真をチェックしておきましょう。

f0-250

day250-1

day250-2

見た感じはゴツゴツ感というか、筋肉の凹凸がぼちぼち感じ始められましたね。これも日々の筋トレとクレアチンアルティメイトなどサポートサプリのおかげでしょう。筋トレサプリ使ってなかったら多分ここまで頑張れてない気がする。。。

そして13日目の3/29からも筋力養成プログラムを淡々とこなしていきます。15日目、4/2(最終日)までの記録が以下になります。

creatinurulmate2

3/31と4/1はクレアチンアルティメイトを飲んでません。3/31は単純に飲み忘れで、4/1は腕立てや腹筋もせず完全に休みにしたので飲みませんでした。

というか、4/1は部屋の模様替えで力仕事をしたのですが、重いものも割りと軽々運べて自分の筋力アップをかなり実感できた一日でした。

ただ、重い物を持ちすぎて若干筋を痛めた感じがあったため、軽い筋トレも休んだ次第です。まあ一日休んだくらいではどうともなりませんから、気にすることはありません。習慣化した筋トレは最強です!

筋肉は過去のトレーニング歴を覚えていて、筋トレを再開すると普通よりも早く筋肉がつくという話があります。
仮にここで筋トレを止めてしまったとしても、再開すればまた筋肉はもりもり付いてくるわけです。まあこんな中途半端なところで辞めるつもりはないですが、仮に筋トレを辞めることになったとしてもちょっと頑張ればすぐ復活しますよって話ですね。

クレアチンアルティメイトによる実践記を終えた感想

creatinend

はい、そんなこんなで15日間(正確には17日間)のクレアチンアルティメイト実践が終わりました。ここからは実際にクレアチンアルティメイトを使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

筋力アップ効果は実感できたか?

クレアチンアルティメイトを使ったことによる筋力アップ効果は実感できたかどうか…コレが一番気になるところだと思いますが、私個人で言えばできたといえばそうですし、そうでもないともいえます

その理由は、クレアチンアルティメイト以外にも別にHMBサプリを使っていたため。なので単純にクレアチンアルティメイトだけで筋力アップを実感できたわけではありません。

まあ結局どうだったのかといえば筋力アップは実感できたので結果オーライといえばそうなんですが…。クレアチンアルティメイトだけでの効果を期待していた人には申し訳ないです。

ただ、別にクレアチンアルティメイトやHMBサプリを使わなくても筋トレだけでそれなりに鍛えられはします。鍛えられるスピードが早くなるかどうかだけなので、こだわらない人は別に使わなくてもいいでしょう。

ただ、やっぱり効率的に筋トレをして早く結果を出したいという人は使ってみると良いかもしれないですね。

筋トレ持続力アップは実感できたか?

筋トレ持続力アップ効果については公式サイトでも言われているとおりですが、これも実感したような気がします。筋力養成プログラムは思っているよりもキツイのですが、クレアチンアルティメイトを飲んでいたらほんのり余裕がでてきたように思います。

まあ疲労回復成分が含まれているので当たり前っちゃー当たり前なんですけど。感覚的にはスポーツドリンクの高級バージョンって考えると良いのではないかと思います。

ただし、クレアチンアルティメイトは水に溶けずに残留する事が多いため、混ぜるときには水を多めにして飲んだほうがいいです。溶けなかった粉が口に入るとザラザラして気持ち悪いですからね。その点だけ注意してもらえればと思います。

価格は納得できるか?

筋力アップと筋トレ持続力アップの効果はぼちぼちあったクレアチンアルティメイトですが、じゃあ価格は納得できるか?が最後のポイントですよね。

クレアチンアルティメイトの価格は定期だと初回が500円(送料)のみです。2回目以降から5925円(税込)となり、4回の受け取りが必要になります。

整理すると、4ヶ月間定期購入すると以下の費用が必要となります。

初回500円 + 5925円 × 3回 = 18,275円(4回分)

概ね4ヶ月程度あればデブから普通体型へダイエットすることは出来ますし、普通体型から細マッチョ体型へ変わることもできます。

ただ、筋骨隆々のバルクアップ体型だと普通体型から最低4ヶ月間はみっちりと筋トレが必要になるので、実際に4ヶ月で目標達成できるかどうか?というのを考えておく必要があります。

ここだけの話、4ヶ月でムキムキになるのは相当難しいです。私の筋トレダイエット記録を遡ってもらえればわかりますが、私は半年以上筋トレを行っていて250日目あたりの体型ですからね。

ジムに通って本格的なトレーニングを行わない限り4ヶ月でムキムキのバルクアップ体型になるのははっきり言って難しいです。運動経験に乏しく、そして忙しい社会人が3ヶ月やそこらの短期間でマッチョになれるわけがないじゃないですか。完全に理想でしか無い。

ただし、逆に言えば4ヶ月と言わず半年、さらに1年、2年と時間をかけて筋トレを続けていけば、過去に運動や筋トレ経験のない人でも細マッチョやバルクアップ体型を目指すことは十分可能だと思います。

私自身スポーツ経験はほとんど無いですし、体も物凄く硬いですが時間をかければそれなりに体型は変化していくというのを実感しています。

なので、これからも筋トレを続けつつその記録を残していき、なかなか体型が変化しない…と悩んでいる人の参考にしてもらいたいなと思っています。

そういうわけで、時間をかければそれなりに体型は変化する、というのが私なりの結論になるかと思います。価格は十分納得できる範囲ではないでしょうか?ただ、正直なところHMBも成分として含めてほしかったなというのが本音ですが…。

クレアチンアルティメイトはHMBと併用したい

クレアチンは筋肥大の促進を促す成分かつ身体能力の向上など、トレーニーには嬉しい成分です。個人的にはHMBも同時に摂取できれば最強だなと感じます。

HMBも色々な種類がありますが、クレアチンと組み合わせるのなら筋力アップに焦点を絞った成分凝縮タイプがおすすめですね。以下のページでは成分凝縮タイプでおすすめのHMBサプリをまとめているので参考にしてみて下さい。

HMBとクレアチン両方使うのは金額的にキツイ!という場合は国産より安めのバルクスポーツのHMBでもいいと思います。

どっちか片方だけがいいと言う場合、個人的にはHMBのほうがおすすめ。HMBは筋肉の分解を抑制するはたらきにより筋トレ効率アップを図ります。対してクレアチンは一時的に身体能力をアップして、より負荷の強い筋トレを行うことで筋トレ効率アップを図ります。

ゴールは同じですがその過程がちょっと違うってことですね。私としてはラクができるほど良いという考えなので、クレアチンもいいですがやはりHMBかな~と感じますね…。

まあこのへんは個人の好みで選ぶよりも、現在のトレーニング強度の問題を考えるとよりシンプルになります。あまり強い負荷を掛けられない!という筋トレ初心者の人は、HMBで筋力を維持しつつ徐々にトレーニング負荷を強くしていくという方法がありますね。

クレアチンの場合は「ガンガン強い負荷かけるぜ!」という筋トレ初心者を脱したくらいの人におすすめできると思います。

もっともっと単純にすれば、

・HMB=筋トレ初心者~上級者まで幅広く使える、筋力を維持しつつ程々の負荷でトレーニングしたい人向け
・クレアチン=筋トレ初心者以降のガンガン鍛えたい人におすすめ

ってところじゃないかと個人的には考えてます。クレアチンにしてもHMBにしても、結構良いお値段になるので、自分現在の状況と筋トレに対するモチベーションをしっかりと考えて、どちらを選ぶのが良いかをよく考えましょう

というわけで、個人的にはクレアチンアルティメイトは十分筋トレ効果アップが期待できるパウダーだなと感じました。ガンガン鍛えてやるぜ!というモチベーションの高い方は、試してみてはどうでしょうか。

クレアチン アルティメイトの公式サイトはこちら!


ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

女子向けHMBクイーンズスリムの口コミレビュー!HMBをガチで1年使った私の評価と効果

女子向けHMBクイーンズスリムの口コミレビュー!HMBをガチで1年使った私の評価と効...

筋トレといえばメンズ、そしてHMBといえばメンズ…なんだか筋トレ関係はすべてメンズがやるものというイメージが出来上がっているような気もしますが、実は最近女性向けの筋トレグッズも徐々に出始めてきています。 そもそもどうして筋トレするのが良いの...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録390日目-気がついたら普通に太ってたので有酸素運動します

再開ダイエット記録390日目-気がついたら普通に太ってたので有酸素運動します

ここ数ヶ月、そろそろ有酸素運動しなきゃ…と言い続けてきました。まるでそれがフラグであったかのように最近もりもり太り始めています。 理由は単純で、普通に食べる量が増えているから。夏だからか知りませんがお腹が空いてしまうんですよ…。にも関わらず...
More

ダイエットのコツ

女性向け加圧シャツでダイエット効率アップしよう!使い方と注意点

女性向け加圧シャツでダイエット効率アップしよう!使い方と注意点

加圧シャツといえば最近話題の運動によるダイエット効率を高めるシャツですが、メンズ向けのものしか無いのかな?と思ってしまいますよね。てか私も紹介しているのはメンズ向けだけでしたしね。(当たり前ですが) しかし、何気に女性向けの加圧シャツも最近...
More

ランニング

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

昨日の記事でランニング再開するという話をしたのですが、早速ランニング再開しました。思い切りがつくと行動に移すのは早い方です。なので前のようにサッと始められたのですが… 久しぶりのランニング…めっちゃきついぞ! まさか自分でもこんなにキツイと...
More

コラム的なもの

買い替え不要!オムロンの体重計HBF-252FでErr2が頻発する原因と対処法

買い替え不要!オムロンの体重計HBF-252FでErr2が頻発する原因と対処法

私は毎日体重計で自分の体重を計測して残しているのですが、体重計がサクサク動いてくれないとイライラして体重測るのが面倒になってしまいますよね。 私が使ってる体重計はHBF-252Fなんですが、最近やたら挙動がおかしくなって、体重計に乗っても計...
More
Return Top