ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

シボヘールの口コミレビュー!効果効能を高める飲み方と3ヶ月試した私の評価

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
シボヘールの口コミレビュー!効果効能を高める飲み方と3ヶ月試した私の評価

ダイエットはなんだかんだ結構大変なので、チャレンジする人の多くが一度は挫折を経験している、あるいは途中で投げ出した経験があるのではないでしょうか。

こんなことを書く私自身もダイエットを始めた初期(2014年末くらいかな?)は本当にやる気が続かない日々でした。現在行っている筋トレダイエットは実は2回めの再チャレンジなんですよ。

最初のチャレンジは約100日、つまり3ヶ月ほどで終了してしまったのです。というのも、目標体重程度まで減らせたから。まあダイエットって普通は目標決めてそれに向かってやるだけなので、成功といえば成功なんですが、私の中ではそんなに上手く行った感じも無いんです。ただ痩せたってだけでしたから。

今行っている筋トレダイエットは文字通り体を鍛えることに焦点を置いたダイエットなわけですが、これが実にいいんです。というのも、自分の努力に応じて体も徐々に変化していくのが実感できるため。これからもじっくりと続けていくつもりです。

スポンサーリンク

ダイエットの運動と食事制限がキツイ・効率化したい人はどうする?

さて、ダイエットをしたいのであれば、食事制限と運動は絶対に欠かせません

しかしキツイ運動は嫌だとか、食事制限は辛いと感じる人も多いでしょう。実際私もそうでした。毎日30分のランニングというのは今考えてみるとなかなかハードです。

なので、ここ数ヶ月程度は酸素運動はウォーキング程度しか行っていません。食事制限はご飯の量を毎食半分にする程度。コツは、お腹いっぱいにせず腹八分目をキープすること。これだけで大抵はダイエットできます。

ランニングはちょっときついかな…という人でもウォーキング30分程度であれば、やる気さえ余裕でできるでしょうし、食事制限もご飯の量を半分にして腹八分をキープ、というのさえ守りつつ3ヶ月程度続ければ、ズボラなあなたでもウエストは数センチ、体重も2~3キロ程度は落とせているはずです。

これ以上手軽で簡単なダイエット方法って、はっきり言って他にありません。

食事を酵素ドリンクやプロテインに置き換えるダイエットなどもありますが、あれはお腹がすいてかなり辛いですし、ハードな運動は運動不足の体にはかなりキツいですから、三日坊主になってしまう可能性が高いんです。

なので、ダイエット初期はとにかく上で書いたような簡単で手軽な方法で始めるべき。そこで活用できるのが、ダイエット系のサプリです。

機能性表示食品ってなに?

ここで紹介するシボヘールは「機能性表示食品」であるため効果効能を謳うことが可能。科学的に効果がある成分が含まれているダイエットサプリなのです。化粧品で言えば医薬部外品に近い位置づけですね。

「体重・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪) ウエスト周囲径を減らす」働きのある成分として、葛(くず)の花由来のイソフラボンが含まれています。

葛の花由来のイソフラボンの働きですが、パッケージには以下のように書いてありますね。

届け出表示:本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

要するに脂肪が落とせるますよってことですよねこれ。ウエスト周囲径が気になる、というといわゆるメタボ体型の場合などでしょう。男性の場合ウエストが85cm以上、女性は90cm以上だとメタボ体型と言われています。

メジャーが手元にある人は今すぐ自分のウエストを測ってみてください、どうですか?男性なら85cm、女性は90cm以上ありますか?もしあるのなら、シボヘールを使ってダイエットをして見る価値がありそうです!

もちろんそれ以下の人でも軽肥満に当てはまる体型であるなら、シボヘールでダイエットしてみるといいですね。

シボヘールの公式サイトはこちら!

シボヘールの使い方と特徴まとめ

というわけで、ざっとですがシボヘールの特徴と使い方を以下にてまとめておきますので参考にしてみてください。私の実践記はその後からまとめていきますので、気になる人はそのままスクロールして読んでみてください。

まずはシボヘールのパンフレットなどからざっくりと説明を紹介しましょう。機能性表示食品ですので、効果効能を表示できるというのは上でお伝えしたとおり。

shibohe-ru_05

パンフレットを開いてみると、葛の花由来イソフラボンによるお腹の脂肪低減作用に関する臨床結果のグラフが掲載されています。

shibohe-ru_07

この実験は葛の花由来イソフラボン配合食品と非配合食品を97人の被験者に12週間摂取させたもの。プラセボでも効果が出ていることに逆に驚くわけですが、それ以上に葛の花由来イソフラボン配合食品で脂肪低減作用が見られた、という結果ですね。

shibohe-ru_08

ウエスト周囲径と体重の低減作用についても同様に掲載されています。こちらのほうが明確に結果が分かれているのが面白いですね。ウエスト周囲径の減少量は非配合食品だと逆に増えちゃってます。その反面、葛の花由来イソフラボン配合食品ではガッツリウエスト変化がみられたようです。

shibohe-ru_09

その次のページには、葛の花由来イソフラボンがお腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を分解・燃焼させるメカニズムについて具体的かつわかりやすく掲載されていますのでぜひ読んでおきましょう。

shibohe-ru_10

このページに掲載されている葛の花由来イソフラボンの働きをざっくりまとめると、

・脂肪の合成を抑える
・脂肪の分解を促進する
・脂肪の燃焼を促進する

となります。

これらの働きで脂肪を減らしてくれるのがシボヘールというわけですね。

shibohe-ru_11

飲むだけでも十分効果が期待できますが、適度な食事制限・適度な運動を行うことでより効果を実感しやすくなりそうです。

その次のページにはよくある質問と効果を実感できるまでの期間が掲載されています。

shibohe-ru_12

臨床結果によれば、8週間~12週間の継続で効果が出ることが確認されたということです。要するに3ヶ月続けることではっきりとした効果がわかるわけですね。

平均で-20cmもの脂肪減少という結果がでているのはかなりすごいですよね。ウエスト90cmの人が3ヶ月後にウエスト70cmまで減少していると考えると、相当すごい働きだというのがわかると思います。

この下には簡単なQ&Aも掲載。

shibohe-ru_13

妊娠中や授乳中の使用は控えたほうがいいようですが、それ以外については注意すべきことはそんなにないようです。

シボヘールの飲み方-いつどのタイミングで飲むべき?

shibohe-ru_04

上のQ&Aでも書かれていますが、どんなタイミングで飲むのがベストなのか、気になりますよね。公式では起床後や食事の前などに飲むと飲み忘れが無くて良いと掲載されています。

摂取ポイントはどこでも良いようですし、薬のように食前や食後の指定がないですから自分が忘れにくいタイミングで飲むのが一番良いのでしょう。飲むタイミングによって効果が変わるなんてことは無いですから、神経質になる必要は全くありません。

シボヘールの副作用が気になる!安全に使える?

shibohe-ru_14

シボヘールは脂肪減少効果が認められた葛の花由来イソフラボンを含んだ食品ですが、その副作用についても気になる人がいるのではと思います。効果があっても副作用があるものなんて使いたくはないですからね。

結論から言うと、葛の花由来イソフラボン、ひいてはシボヘールに副作用はありません。葛の花由来イソフラボンの副作用の有無については消費者庁にて公開されているデータによると、

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)の摂取による、副作用等の健康被害はなかった」と記されています。よって、シボヘールの安全性については概ね担保されていると考えて良いでしょう。

もちろん個人差がありますから、実際に使ってみて体に合わなさそうだと感じた方は使用しないようがいいですね。しかしながら、健康に対する害や副作用もありませんので、概ね安心して使うことができると思います。

健康になるために使うのに、逆に体調を崩してしまうなんて話になりませんからね。

シボヘールで効果を実感するための食事内容

shibohe-ru_15

シボヘールの安全性についても確認できたところで、シボヘールで効果を実感するための食事内容について少し考えてみましょう。ここだけの話、シボヘールを飲んでいるから大丈夫だろうといって食習慣を改善しようとしないのはNGです。

ダイエットで失敗する人のほとんどは、○○を使っているから大丈夫と思って自分から運動不足や食習慣を改善しないことに由来するのでは?と私は考えています。

もちろん私の考えですので、絶対ではないのですが、自分からなにもしようとしない場合脂肪燃焼効率が高まらず、効果を実感しにくくなってしまうのではないかと思うわけです。

従って、シボヘールを使って効果を実感したいのであればきちんと食生活の改善をしたり、適度な運動を行うことが大切であろうと私は考えています。

サプリ頼みなんて良いことはありません。きちんと自分の生活習慣を見直して正せるところは正すというのがあるべきダイエットの方法です。

シボヘールの原材料・成分

シボヘールの原材料についてはパンフレットにも掲載されていますし、パッケージの裏面にも書いてあります。
shibohe-ru_02

原材料を抜粋しておくと、

還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

これだけですね。無駄な成分が含まれていないのがよくわかると思います。
エネルギーについても4粒で3kcal程度なので、何も飲んでいないのと同じレベル。ですから心配する必要は全くありません。

この一袋に120粒入っていますから、一日4粒飲めば30日間使うことができますよ。

シボヘールは公式サイト以外だとドラッグストア・アマゾン・楽天どこで買える?

シボヘールは主要な通販サイトで販売されているかどうか気になる方もいると思います。最近は自社サイト以外で商品を扱うところも増えているのですが、シボヘールはというと…。

shiboraku

shiboama

2017/2/26時点ではアマゾン、楽天どちらにおいても取扱はありませんでした。ドラッグストアでも見てみましたが、置いていませんでした。
ですので、シボヘールは公式サイト以外からは今のところ購入できないようです。

定期縛りなし!お得に続けるコツ

公式サイトからしか購入できない商品につきものなのが定期縛りですよね。定期便なら割引しますけど、絶対3回は受け取ってね、という条件がついている商品が多いのですが、シボヘールは定期縛りがありません。なので、使う側としては物凄くありがたいです。

ただ、効果を最も実感するには3ヶ月程度の継続が必要ですので、1ヶ月で辞めちゃう、みたいなのはいまいち良くないですね。
定期だと初回は980円で送料込み。2回目以降は2808円(税込み)ですので、3ヶ月使用しても6500円程度。一ヶ月約2000円で続けられるのはありがたいです。

価格的にもそれほど高くないですし、効果も期待できるので個人的にはコスパが高い商品だと思いますね。

ちょい待ち!シボヘールを解約する前に考えたいこと

で、じゃあ3ヶ月使ってみて効果があったらもう辞めるかーと思う人もいるでしょうけど、ダイエットは最低でも半年程度は続けるものと私は考えています。

ですから3ヶ月と言わず、半年ほど続けてみるほうがさらなる効果を期待できると思います。最も理想的なのは、健康的にダイエットを続けて「これ以上減りそうにない!」というところまでウエストや体重を落とすことです。

それくらいになったらシボヘールを終了しても良いのではないかと思います。運動や食事制限と組み合わせて理想的なダイエットを実現しましょう!

シボヘールの公式サイトはこちら!

筋トレでウェイトアップした私が3ヶ月間ガチで脂肪を減らす試み

shibohe-ru_01

さて、シボヘールについてざっくりとお伝えしてきましたが、ここからは私が実際にシボヘールを3ヶ月使用してどの程度ダイエット効果が得られるかを検証していきたいと思います。

ちなみに、私は現状ダイエットが必要な体型というわけではないのですが、減量は必要だと感じています。というのも、筋トレで筋肉をつけるためにあえてたくさん食べたりプロテインを飲みまくっているため体重がかなり重くなってきたんですよ。

ウエストも計測し直したところ、筋トレを始める前よりも3センチほど太くなっていました。筋肉をつけようとするとどうしても脂肪も増えますから仕方ないんですが、体脂肪率の低い体型の方が筋肉が強調されるので見てくれが良くなるわけです。

そういう理由で私も実際に3ヶ月間シボヘールを使っての減量を試してみることにしてみました。

検証方法としては、

・3ヶ月間シボヘールを使用する
・有酸素運動はウォーキングのみ
・筋トレ内容はいつもどおり
・食事内容は腹八分目を目安に高カロリー食は控える

程度ですね。条件的には「ダイエットの基本を忠実に守る」程度です。寒い時期はウォーキングすらしないので、3月中の運動はほぼ筋トレのみかなと思います。4月5月はウォーキングを再開するかも。

人によってはジョギングなどのややきつめの有酸素運動を取り入れたほうがいい結果につながることもあるので、自分の体とよく相談してみましょう。

シボヘール使用前の私の体型

ちなみに、シボヘール使用前の私の体型はというとこんな感じ。

0-20f

0-220s

0-220b

day2201

人によっては「お前ダイエットする必要あんの…?」って思う体型かもしれませんけど、最近良く食べているので体重がガンガン増えてるんですよ。

day2202

こんな風に横っ腹をつまめますからね。体脂肪率や体重などの月単位グラフをウェルネスリンクで見てみるとこのようになっています。

mygraph

去年は体脂肪率も低かったのに今年に入ってからかなり上がってきていますね。
筋トレで筋肉を増やすためにしっかり食事をしているというのもありますし、写真を見る限りはデブとは言えませんが、このまま放置だとタダのデブになるので、体脂肪もしっかり落とさなければなりません。

というわけで筋トレサプリと合わせてシボヘールもしっかりと活用していきたいと思います。

シボヘールでのダイエット実践記

ではここからシボヘールを使ったダイエット(筋トレ)記録の実践記をお伝えしていこうと思います。

シボヘール1ヶ月目

1日目~10日目

まずは初日から10日目を見てみましょう。
シボヘールを飲み始めたのは2月24日からです。この頃はまだ自己流で筋トレをしていたので、今思えばただの基礎体力づくりでしかなかったように思いますね…。

この調子で5日目の2/28まで筋トレを続けた結果がこちら。

shibohe-ru1-5

5日間では特にこれといった変化もないので、この間に挟んだダイエット記録220日目の写真は上で掲載したとおり。

とりわけ太っているという状態でもないですが、なかなか落ちてくれないウエスト周りの脂肪が減らしてより筋肉を目立たせたいところです。

そして2/28まで同じメニューで筋トレをしつつ、休憩を一日挟んでいました。
ぶっちゃけ、ここまではほぼ毎日筋トレをしていたのでやり過ぎだと思います。

これから筋トレを始める人は必ず1日おきにトレーニングを行ってくださいね。
で、こんな調子でダーッと筋トレをやってしまったものだから、その疲れが溜まって3月の初めは調子が狂い始めます。
3月2日までは普通に筋トレしていましたが、3/3からは疲れを取るために4日間連続でトレーニングを休んでしまいました。

shibohe-ru6-10

こんな感じでまとめて休養を挟むと疲れはとれるものの、その間に筋肉が徐々に分解されてしまうため効率的な筋トレにはなりません。まあ自分のやり方が悪かったので仕方がないのですが。

11日目~20日目

その後もまだ自己流筋トレのやり方を変えず続けていくことになるわけですが…。
3/6まで4日間連続で筋トレを休んで疲れをしっかりとったところで3/7から再開。いつも通り立ちコロと腕立てに加えてダンベルトレーニングを行います。

そして3/8はダイエット記録230日目。その時の写真がこちらです。

f0-230

n230

可もなく不可もなく、特にこれといって変わりはありません。まあまだシボヘールを使い始めて2週間程度なので変わるほうが怖いわけですが。

シボヘールのようなサプリは基本的に3ヶ月程度は使用しないと効果が見込めないので、のんびりと気長に使うのが大前提です。

そしてシボヘール15日目まで到達した時の記録がこちらです。

shibohe-ru11-15-2

体重は相変わらず1キロ前後の変化。大きく変わった数値は無いようです。気長にやっていくしかありませんね。

そして16日目以降もコツコツと筋トレしていき、シボヘール20日目(3/15)になるとこのような記録になりました。

shibohe-ru16-20

体重増えてるぞ、おい

丁度このあたりのタイミングで美味しいものを食べたり夜中にお肉を食べまくったりしたので若干体重が重くなってしまいました…。

仕方ないじゃないですか!美味しいものは生きていいく上で必須!ダイエットしていてもやはり食べられないのは辛いですし、時には美味しいものを食べてストレス解消するのも大事です。(という言い訳)

まあ冗談抜きで食べたいものは食べたほうが精神的には良いです。あえて食べないようにするほうがストレスになるので、適度に息抜きして下さい。

そんなこんなで21日目に続きます…。

21日目~30日目

21日目までは今までと同じだったのですが、22日目となる3/17からは有賀誠司氏著の書籍を参考にダンベルによる「筋肥大プログラム」を開始しました。

バルクアップ向けのメニューを4ヶ月続けるプログラムで、

1:第1筋肥大期
2:第1筋力養成期
3:アクティブレスト期1
4:第2筋肥大期
5:第2筋力養成期
6:アクティブレスト期2

というプログラム展開で行います。筋トレメニューについては書籍を参考してもらったほうがわかりやすいのでチェックしてみて下さい。

まあ自宅でできる程度の普通のダンベルトレーニングと思ってもらえれば差し支えないかと思います。ただ自宅でできる割に結構負荷が強いので頑張らないといけませんが。

そして3/18(23日目)から腕の太さも計測開始。そうこうしているとダイエット記録240日目に到達しました。その時の写真がこちら。

f0-240

day240-1

day240-2

なんというか、脂肪が減っているというよりも筋肉のほうが増えているような印象です。有酸素運動をしていないから当たり前といえば当たり前ですよね。ダイエットの場合はジョギングなどの軽い有酸素運動も同時に行ったほうがウェイトダウンにつながるでしょう。

25日目までの記録はこうなりました。

shibohe-ru21-25

やはり体重の増減はありません。もう私の場合この辺が限界なのかもなぁとこの時点では思っています。あとは無駄な脂肪を落とすだけ。筋肉も増えているでしょうからむしろ体重は増えていくのでは?とも思いますが、どうなることやら。

そしてこの調子でシボヘール30日目(3/25)まで筋トレを続けた結果こうなりました。

shibohe-ru26-30

はい、記録的にやっぱり体重などほぼ計測値は変わりません!まあ1ヶ月程度では変わらないってことですね…。ですが日々筋トレを行っているためか、結構がっしりした体型に変わってきたと思います。

引き続き、シボヘール2ヶ月目を頑張っていきたいと思います。

シボヘール2ヶ月~3ヶ月目

5/4 追記

さて、シボヘールもそろそろ3ヶ月目が終了しようとしているのでぼちぼち経過を書いていきたいと思います。一袋目を終えたところからのんびりと筋トレをしつつ他のサプリと併用していました。

二袋目も終了した4/25付近の体型がこちらです。

f0-280

day2801

day2802

ん???

240日目あたりまではまだ肉付きが良かったのですが、280日目になると若干無駄な贅肉が落ちてるように見えませんか?

私も今見て気づきました。ちなみに体重や体脂肪率等のデータにはあまり変化はないのですが、写真でみると変化が見えて面白いですね。

ウエストも私程度でも1cmくらいは減ってきているので、どうやら効果はあるようです。私は夜中にラーメンを食べたり結構ヤバイ感じの時があったわけですが、それでも現状を維持できているのは日々の筋トレとシボヘールを続けていたからじゃないかなーと。

仮にシボヘールを飲まず筋トレだけやっていたらどうなっていたのか…。たぶん、夜食のせいでもっと太っていたんじゃないかと思います。

そう考えるとシボヘールを飲んで損はなかったんじゃないか、と感じますね。

3袋目はまだまだ続きますので、飲み終わったら最終的な評価などを書いていこうと思います。

2017/5/30 追記:シボヘール飲み終わりました
endsiboheru

3袋用意したシボヘールですがつい先日全て飲み終わりました。2月末から飲み続けて3ヶ月経過しましたが、どうなったのでしょうか?結果がこちらです。

f0-310

s0-310

b0-310

day310

あんまり変わってねぇ!

実際のところ、無駄にお腹周りに脂肪がつき始めていないだけでも十分といえるんじゃないかなぁと私は思います。

シボヘールは「体重・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)、ウエスト周囲径を減らす」という効果が期待できるわけですが、私の場合筋トレをしているため体重は減らず、むしろ増加傾向でした。それが当たり前ですが…。

そもそも私自身が現在ダイエットよりも筋トレを優先しているため、大きな体重減少といった結果は見られませんでしたが、お腹周りの脂肪が増えたりするようなことはなかったため、有酸素運動を絡めたダイエットを行うであればそれなりの効果は期待できるんじゃないかと感じました。

筋トレとダイエットを平行してやろうという人は、体重が減ったりということを実感できないと思いますのでその点注意したほうがいいでしょう。

シボヘールは効果なし?痩せない理由や飲むタイミングについて

で、色々とネットでも「シボヘールって効果ないんじゃないの?」とよく調べられているようです。

注意したいのですが、まずシボヘールは機能性表示食品で、効果効能を表示することができるサプリです。ただしそれは、必ずしも効果を保証するものではない、ということです。

従って、シボヘールを飲めば確実に痩せられるんだ!と思ってしまうと後でがっかりしてしまうので気をつけて欲しいところ。

シボヘールはお腹の脂肪を減らすサポートをしてくれるのであって、脂肪を減らすという作業をするのは自分の役目になるわけですよ。

要するに、シボヘールを飲んでいても運動しなかったり食事制限をしなければあまり変化を感じられないってのは当たり前なわけですよ。

「効果ないじゃん!」といっている人は恐らくそのあたりを勘違いしているんでしょう。ここでダイエットのために必要なチェックポイントを少しまとめておきます。

・継続した有酸素運動を行っているか(ジョギング・ウォーキングなど)
・適度な食事制限をしているか(間食やエネルギーの摂りすぎはないか)

はっきり言って、ダイエットはこの2点のみ注意していれば大抵は問題なくできるんです。でも、数ヶ月継続するということが難しいので途中で諦めてしまう人も多いんですよね。

そして、運動も食事制限もせずサプリだけに頼ってダイエットしよう、という人もダイエットに失敗する可能性が極めて高いです。端的に言えばダイエットは摂取エネルギー量よりも消費エネルギー量を増やせばよいので、食事量を減らして運動するだけでそれなりに効果があるんです。

年齢的に激しい運動は厳しいといった人でも、軽めの運動をしつつある程度の食事制限を行えば結果が出てくるんですが、それでもサプリだけに頼ってしまうのはやっぱりダイエット自体が面倒くさいからでしょうね。

ただ、食事制限や運動を習慣づけてしまえば別に面倒なことはないですし、シボヘールをあわせて活用することでダイエットの相乗効果につながるとは思います

このあたりをしっかり実行できるかどうかでシボヘールによる効果も大きく差が出ると思いますから、折角ダイエットしようと決めたのなら食事制限・運動をきちんと行いつつシボヘールを3ヶ月程度続けてみて下さい。

そのうえで、効果があったかなかったかを自分でチェックすることがベストだと私は思います。

シボヘールの評価

と、いうわけで3ヶ月に渡って使ってきたシボヘール…結論から言えば私は十分効果を感じられたと思います。というのも、3ヶ月の間に一時的に気が緩んで食べ過ぎたりした時期があったのですが、意識して食事量を減らしつつシボヘールを飲んでいたら自然と体重も戻ってきたんですよね。

従って、暴飲暴食せず普通にダイエットのための生活習慣を作った上でシボヘールを活用すれば、きちんと効果は出てくるのではないかと。

できてるようで出来ないのが生活習慣の改善です。自分では「これくらいでいいだろう」と思っていても、割りと食事が脂っこいものばかりのままだったり、運動の強度が足りなかったりすることもよくあるものです。

1ヶ月ほどダイエットを実行してみて、効果があったかなかったか?というのは実は分からないもの。本当に効果が出てくるのは3ヶ月後以降ですからね。

なので、最初の1ヶ月で「効果ないじゃん!」と言い切るのはナンセンス。3ヶ月以上ダイエット生活を実践した上で判断するのが適切だろうと私は思います。

これからシボヘールを使ってダイエットに取り組もうと思っている方は、ぜひともそのあたりをしっかりと意識した上で取り組んでほしいです。

シボヘールの公式サイトはこちら!

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

ニッピコラーゲン100で関節や腰痛予防!無味無臭ですぐ溶け使いやすい

ニッピコラーゲン100で関節や腰痛予防!無味無臭ですぐ溶け使いやすい

たんぱく質と言うとプロテインとか筋肉のイメージがあるかもしれませんが、コラーゲンもたんぱく質の一種。たんぱく質という大枠の中にプロテインもコラーゲンも分類されます。 摂取したたんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、必要に応じてたんぱく質(筋肉...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録480日目-まだまだ筋トレが足りない

再開ダイエット記録480日目-まだまだ筋トレが足りない

気がついたらもう再開ダイエットを始めて480日目に突入しました。惰性でやっているのか習慣となってしまったのかよくわかりませんが、すでになにも意識しなくてもトレーニングできるようになっています。 ただ、逆に負荷に慣れすぎて鍛えられている感じが...
More

ダイエットのコツ

冬の体型維持のポイントは?冬に運動や筋トレしておけば年始からダイエットしなくて済む

冬の体型維持のポイントは?冬に運動や筋トレしておけば年始からダイエットしなくて済む

大きな台風も通り過ぎて寒さを感じるようになってきた今日この頃、しっかり運動続けてますか?大抵の場合、寒くなってくると運動なんてやりたくもなくなってくるわけですが、冬でも運動を続けるかどうかが体型維持出来のポイントなんですよね~。 夏もそうで...
More

ランニング

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

昨日の記事でランニング再開するという話をしたのですが、早速ランニング再開しました。思い切りがつくと行動に移すのは早い方です。なので前のようにサッと始められたのですが… 久しぶりのランニング…めっちゃきついぞ! まさか自分でもこんなにキツイと...
More

コラム的なもの

カフェイン中毒になったらコーヒー飲む習慣を一時的に断つべき理由

カフェイン中毒になったらコーヒー飲む習慣を一時的に断つべき理由

コーヒーを飲みすぎると大抵はカフェイン中毒になってしまいます。カフェインは適量であれば害はありませんが、飲みすぎると体調が悪くなってしまうんですよね。 私自身毎日コーヒーを飲んでいて、一気に飲みすぎた日は頭痛と謎の焦燥感で一日台無しにしてし...
More
Return Top