ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

ニンテンドースイッチの購入レビューと初期設定の方法解説

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
ニンテンドースイッチの購入レビューと初期設定の方法解説

ニンテンドースイッチといえば、任天堂が満を持して発表した新ハードですね。
そして今日はその発売日でした。私は今日まで全くもって興味がなかったのですが、冷やかしの気持ちで開店10分前にゲオに行ってみたところ、びっくりするくらい人がいませんでした。

秋葉原では前日から並ぶ人のニュースがあったくらいですが、片田舎では全くそんなことはなく、せいぜい10人程度が並んでいる程度でした。冷やかしのつもりで行ったらいつの間にか整理券が配られ、普通に購入してしまいました。なんてこった。

予約すらせず購入できてしまってちょっと罪悪感を感じなくもないですが、買ってしまったものは仕方ない。ちなみに、店員さんに「どれくらい入荷してるんですか?」と伺ったところ、「15台しか入っていないんですよー」とお答え頂きました。店舗によっても差があるのでしょうが、やはり少ないですね。とは言え、本当に欲しい人は予約をしているはずですから気にしなくても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチのレビュー

switch_02

早速ですが、スイッチのレビューをしていきたいと思います。
今回購入したのは上記写真の通り。

ゼル伝はレジで「これって限定版入荷してます?」とこれまた伺ったところ、普通に入荷していたのでそちらを選ばせて頂きました。予約なしでも限定版って買えるっぽいですね。

switch_04

本体の内容物は、本体、ジョイコン2つ、ドック、ジョイコングリップ、ACアダプター、ジョイコンストラップ、HDMIケーブル、そしてセーフティーガイドで全てです。

紙の説明書が同梱されていないことに世代間ギャップを感じました…。気を取り直して開封してみます。

switch_05

箱は上段、下段に分かれており、上段に本体とジョイコンが配置されています。

switch_06

そして下段にその他のケーブル類が封入されていました。

switch_08

箱の側面には「はじめかた」が図解されているため、簡単に初期設定が可能となっています。

switch_07

内容物を検めましょう。左上からACアダプター、HDMIケーブル、ドック、ジョイコンパッド、本体、ジョイコン、ジョイコンストラップです。

switch_09

全部黒系の色なのですが、カラーを選んだ人はジョイコンが水色と赤になっていますよ。何気にカラーのほうが人気だったのか、入荷数がグレーより少なかったのが意外でした。

スイッチ本体の大きさはこんな感じ。スマホより大きめのタブレット端末程度の大きさですね。

switch_10

せっかくなのでスマホと大きさ比較。左からスイッチ、Nexus69P、Nexus5です。結構大きいのがわかるのではないでしょうか?

switch_12

厚みもそれなりにあるのですが、重量はあまり感じられません。

switch_13

両側面にはジョイコンを自由に取り外しできる構造となっています。

switch_14

ジョイコンは上からスライドさせてカチッと音がするまで差し込みます。

switch_15

カチッと音がなり、固定できたらOKです。

switch_16

ジョイコンを外すには、裏面の小さい丸ボタンを押しながら上に引っ張るだけで簡単に外せます。力ずくで引き抜こうとすると本体やジョイコンが吹き飛んで破損してしまう可能性もあるので慎重に。

switch_20

本体にジョイコンをセットするとこうなります。かなり横幅が広くなりました。

switch_18

Nexus6Pと並べるとかなり大きく感じます。はっきり言ってこのままだと遊びにくいと付け加えておきますね。

switch_19

一旦ジョイコンを外してドックに本体を設置するとこんな感じ。

switch_21

本体がそのまますっぽり収まりますし、ACアダプターをジョイコンにセットしておけば、ジョイコンごと本体も充電できて一石二鳥。遊び終わったらそのようにしておくことで、次に立ち上げる時もスムーズでしょう。

switch_22

ちなみに、本体から取り外したジョイコンはストラップをセットすることで右左分けて使うこともできます。

switch_23

ジョイコングリップにセットすれば遊びやすいコントローラーとして機能します。

switch_24

若干窮屈に感じなくもないですが、操作性はそれほど悪くはありません。ただ、ガッツリ遊びたいという人はプロコントローラーを購入しておくほうが良いかもしれませんね。

switch_25

スイッチには紙の説明書が同封されていないため、取り扱い説明を読みたいときはスイッチの公式サポートページを参照するようにしましょう。

switch_26

ついでにここらでガラスフィルムも貼り付けておきましょう。液晶保護フィルムにはスマホと同じようにフィルムタイプとガラスタイプがありますが、液晶に傷を付けたくないのであればガラスのほうが強度が高いのでおすすめです。

switch_27

貼り付け方法もスマホと全く同じで、まず同梱の布で画面のホコリや指紋などの汚れをしっかりと落としたあとガラスフィルムを貼り付けるだけ。

switch_28

気泡やホコリが入らないように気をつけながら貼り付けてくださいね。

switch_29

これであらかた本体や周辺機器については確認できたと思います。

ニンテンドースイッチの初期設定

switch_31

次にスイッチの初期設定についても確認していきましょう。ACアダプターを本体に接続することでスイッチが自動的に起動します。
起動後はすぐに言語設定になるので、「日本語」を選んで次に進みます。

switch_32

地域設定も「日本」を選択して次へ。

switch_33

利用規約に同意し次へ。

switch_34

この段階でネットワーク設定に入るので、Wifiパスワードなどを準備しておきましょう。

switch_35

接続したいネットワークを選択します。

switch_36

接続するネットワークのパスワードを入力して次へ。

switch_37

間違いがなければ「接続しました」と表示されるので次へ進みます。ちなみに、スイッチはタッチパネル対応なので本体のOKをタップしても進めます。

switch_38

次はタイムゾーンの設定です。「東京」を選択して次へ。

switch_40

以上でほとんどの設定は終了です。あとはユーザー設定だけですのでガイドは不要でしょう。
以下ではテレビはPCモニタにつなぎたい人向けの接続方法をお伝えします。

スイッチをテレビへ接続するには

switch_41


テレビやPCモニタに繋いで遊びたい人は上記の画面で「テレビにつないでみる」を選択します。

テレビにつなぐために、本体からジョイコンを取り外します。

switch_42

ジョイコンを取り外した状態で「つぎへ」を選択して進みます。

switch_43

ドック、HDMIケーブル、ACアダプターの3つを用意しましょう。

switch_44

用意できたら、ドックにHDMIケーブル、ACアダプターを接続します。

switch_45

図で示されているように、ドックの背面のカバーを開きます。

switch_47

HDMIケーブルとACアダプターを端子に接続しましょう。あとはケーブル同士が絡まらないように注意しつつ蓋を閉めればOK。

switch_48

ここまでできたらACアダプターをコンセント、HDMIケーブルをテレビやPCモニタのHDMI端子に接続します。

switch_49

こんな感じで適当につなぎます。私の場合はテレビではなくPCモニタに接続しました。

switch_50

HDMIが接続できたら、本体をドックに収納します。それと同時にテレビやPCモニタの入力をHDMIに合わせることで、画面を映し出せます。ここで画面が映らない人はもう一度HDMI入力にできているかを確認して下さい。

switch_52

接続や入力選択に間違いがなければ以下のようにテレビやモニタに映し出されますよ。問題なく映ったのであれば「映りました」を選択し次へ進みます。

switch_53

ここまできたらもう一息。アイコンとニックネームを決めましょう。

switch_54

アイコンのラインナップには疑問が残りますが、気にせず選択して次に進みます。アイコンはあとからいつでも変更が可能です。

switch_55

アイコンが選択できたらニックネームを入力していきます。こちらもあとからいつでも変更できるので、適当なものを入力しておけば大丈夫です。

switch_56

必要に応じて他のユーザーを追加できますが、必要なければ「このままでOK」を選択して進みます。

switch_57

その後、保護者向けの使用制限の設定項目が表示されますが、必要なければ「スキップ」を選択して進みましょう。

switch_58

以上で準備完了です!HOMEボタンをおしてHOMEメニューを開いて下さい。

switch_59

こちらがホームメニュー。白ベースのシンプルなHOMEはWiiの時から変わりませんね。

switch_60

このあとすぐ本体の更新があるため、遊ぶまでにはあと少しだけ時間が必要です。

switch_64

プロコントローラーのセット方法

switch_61

人によってはプロコントローラーで遊びたいという人もいるでしょう。設定方法が気になるところでしょうけど、設定は本当に一瞬だけ。

付属のUSBケーブルを本体側面のUSBポートに接続します。
switch_62

画面左下にコントローラーマークが表示されます。

switch_63

以上!設定もへったくれもありませんよね。一瞬で設定が完了したので私もあっけにとられてしまいました
switch_66

ちなみにこのプロコントローラーはUSB充電ですので、わざわざドックに接続しなくてもPCやACアダプターから給電が可能です。フル充電しておけば約40時間使用できるのでUSBをつけっぱなしにしておく必要はありません。

ブレスオブワイルドの中身を確認しつつソフトを起動してみよう!

switch_67


これで本体側の設定は全て終了です。早速ソフトを起動したいところですが、これ、限定版なので一応中身も確認しておきましょう。

箱は結構薄いので雑に扱うとすぐ痛むと思います。

switch_68

限定版の中身はソフトとサントラ…

switch_69

そしてアミーボです。

switch_701

サントラは24曲入りなので聴き応え抜群。24曲目はメインテーマのコンサートバージョンとなっています。

switch_71

ちなみに、ソフトはDS用ソフトよりも小さいサイズでした。

switch_74

こいつを本体上部のスロットに入れます。

switch_77

ソフトの向きは、ラベルのある方が画面と同じ向きですのでお間違いないように。

switch_78

問題なければHOMEメニューにソフトタイトルが表示されます。

switch_79

場合によっては更新データをインストールする必要があります。

switch_80

やっとこさ起動できました。長かった…。

switch_82

まとめ

以上、やたら長々と設定方法についてお伝えしてきました。これから購入するぞ!という人の参考になればと思います。
なお、私は買ったは良いものの遊ぶ時間が今のところ確保できそうにないので、できるだけネタバレを見ないように少しずつ遊びたいところです。。。

発売日に購入できなかった人も、4月頃になるとマリオカート8などの人気タイトル発売に合わせて買おうとすると大変な目に遭うかもしれないので、必要に応じて予約などの対策をしておくほうが良いかもしれません

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top