ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

直接持っていけばOK!不要家電を家電量販店で引き取ってもらった話と注意点

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
直接持っていけばOK!不要家電を家電量販店で引き取ってもらった話と注意点

冷蔵庫やテレビなどの家電ってほとんど買い換える必要がなくそのまま10年以上使えるので、ずーっと何十年も使いっぱなしという人もいるでしょう。その一方で、新しいものに買い替えたから古いものは物置に置いていつか処分しようと思っているものなどあると思います。

しかし、処分しようと思っていても何も行動しなければその不用品はいつしか居住スペースを圧迫してしまうことになります。従って、要らないものはさっさと捨てるべき

特に昔の人は要らないものでも溜め込んでしまっていて捨てられずこの世を去ってしまった…そして相続した人がとんでもないゴミの処理に追われるなんて事になったら、たまったものではありませんよね、ゴミだけに。

スポンサーリンク

不要家電は家電量販店に持っていこう!リサイクル券も発行してくれる

私もゴミの相続なんてしたくないので、実家の不要物はできるだけ定期的に処分しているのですが、今までずっと処分できずにいたものがあります。それがこの冷蔵庫。

reizouko

これ、なんと30年以上前の冷蔵庫なんですよ…それが2台も物置に置いてありました。
現パナソニックがナショナル時代に製造した冷蔵庫で、容量は170リットルと240リットル。

haikibutsu_01

haikibutsu_02

こんなものがそのまま放置されているのが恐ろしい…。というわけで、この冷蔵庫を処分することに決めました。そしてそれから2年の月日が流れ、ようやく先日処分できました…。

えっ!?時間軸飛びすぎじゃない!?って思いましたよね?でもしょうがないんですよ…処分方法がわからなかったうえに調べる気がサラッサラなかったのですから…。

しかしいよいよこの冷蔵庫があることにしびれを切らしてしまって、即日処分することに決めたわけです。

事前知識として「郵便局で家電リサイクル券」を発行してもらって量販店に持ち込めばいいと思いこんでいたのですが、思い立ったのは土日。当然郵便局は開いていません。

即日処分がしたかったのでネットで調べて即日集荷&処分OKの広告を見つつ、2~3店舗くらいに電話をかけてみたらどこも「当日は無理です…」と言われました。とりあえず処分費用だけでもと思って話をしてみると、「それだと2万円になりますね~」という返答が。ごみ処理で2万円も取られてたまるか!ってことで、ネットによる処分依頼は却下。

平日に一人で冷蔵庫を運ぶのはどう考えても無理なので、どうにか土日のうちに処分してしまいたいと策を考えたわけですが、まだ家電量販店に直接話を聞いてないことに気づきました。

なので、家電量販店に出向いて店員さんに「冷蔵庫って持ち込んだら処分してもらえますか?」と聞いてみました。店員さんは微笑みながら「はい、できますよ!」と即答。私感動。

2年もズルズルと先延ばしにしてきたゴミの処分の目処がようやく立ったので、胸のつっかえが取れるような気持ちでした。費用についても聞いてみると分類表みたいなものを引っ張り出してきて「170リットル以上が2つで、分類は大になりますね。運搬料がそれぞれ必要ですが問題ないですか?」と聞かれました。

多少は目をつぶって費用総額を聞いてみると、2台で約1万千円でした。

haikibutsu_03

やっす!!ということで二つ返事でOKし、引き取ってもらうことにしました。
ネット広告で即日処分の広告を見かけることがありますが、家電量販店に持っていく方が明らかに安いことがわかり、ちょっとした闇を感じましたね…。

で、その後家にとんぼ返りして軽トラに冷蔵庫を乗せて家電量販店に持ち込み、処分完了となりました。いやー、2年くらい先延ばしにしていた問題が片付くとスペースだけでなく気分もスッキリですね!

レシートと一緒に受け取った家電リサイクル券がこちら。

haikibutsu_04

どうみてもただの荷物伝票です。まあ、家電量販店から地域指定の集積所に運んでくれるんだから荷物伝票ということは別におかしなことでもなんでもないですけど。名前が名前だけにもっと商品券ぽいものを想像してました。

冷蔵庫・冷凍庫やテレビの料金区分は?

上の家電リサイクル券の左下には処分できるものの料金区分が記載されています。
品目としては、以下の四つが家電リサイクルの対象となっています。

・エアコン
・テレビ(ブラウン管式・液晶・プラズマ式)
・冷蔵庫・冷凍庫
・洗濯機・衣類乾燥機

料金区分は、大・小・区分なしの3つしかありません。実にシンプルです。
料金はメーカーや料金区分により異なるので、家電量販店店頭に出向くか電話で直接伺うことをおすすめします。

私が冷蔵庫(170リットル以上)を引き取ってもらった時の料金は、1台が約4600円。運搬料として個別で約1000円ずつ上乗せとなりました。

ベーシックな家電製品はほぼ全て量販店で引き取ってもらえる

家電リサイクル券で引き取ってもらえるもの・もらえないものについて気になる方もいるかもしれませんが、基本的には上記の4品目が家電リサイクル券での引取対象となります。

小型の家電、例えばトースターだとかゲーム機、ミキサー・ミシン、ドライヤー、それからPCや携帯電話など上記4品目を除く家電製品はすべて小型家電リサイクルにより適正に処理が必要となります。まあこの場合も家電量販店に持ち込めば引き取ってもらえます。

料金は無料のものから1000円程度のものまで様々ですので、持ち込みを検討している量販店の公式サイトをチェックするか問い合わせてみてください。

ただし、家電は家電でもガス器具は注意が必要です。

ガス器具はガス屋へ!家電量販店では引き取ってくれない

私自身、普通に電化製品だと思っていたガスオーブン…残念ながらこれは家電量販店では引き取ってもらえません。ガス器具だからです。

なので、契約しているガス屋さんに引き取りに来てもらって下さい。長年契約しているところだと普通に無料で引き取ってもらえますし、別に長年契約して無くても特に問題なく引き取ってくれるはず。(新しいのをウチから買ってね!とは言われるかも…)

ガスコンロの場合はガス屋さん以外にも自治体で粗大ごみとして出せると思います。ただ、すぐにガスを使う予定がない場合はガス栓を処理しなければならないので、やはりガス屋にお願いしたほうが無難かもしれません。

まとめ:不要家電はさっさと家電量販店へ持ち込もう!

というわけで、使わなくなって十年以上経過した冷蔵庫をようやく処分できたという話でした。
なぜか家電リサイクル券を郵便局でもらってこなきゃいけないと思い込んでいたのですが、とんだ思い違いでした。

家電量販店なら土日でも問題なくリサイクル券もくれますし、不要家電を引き取ってくれます。ヤマダ電機やエディオン、ビッグカメラ、ヨドバシカメラなど主要な家電量販店は必要に応じて訪問回収もしてくれるようです。買い替えなどを同時に行う場合は回収費用が無料になるようですが、特にそういったことがなく回収のみして貰う場合はどこも有料のようです。

軽トラがある場合は自分で運べますが、ない場合は諦めて回収費用を出すしかないですね。ただ、「ネットで即日集荷」みたいなところより全然安く処分できると思いますよ。

ですので、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電リサイクル品目に該当するものがあれば最寄りのエディオンやヤマダ電機にさっさとお願いしましょう!

不要品を処分して広いスペースで過ごせるようになるといいですね。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top