ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

食欲がありすぎて食べ過ぎる?食前に水やプロテインで食べ過ぎを防ぐ方法とコツ

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
食欲がありすぎて食べ過ぎる?食前に水やプロテインで食べ過ぎを防ぐ方法とコツ

今までは3月でも肌寒い状態でしたが、4月に突入したからか突然暖かくなってきたように感じるのは私だけではないでしょう。

暖かくなれば食欲も増しますよね。でも食べ過ぎはデブの元。いや、多少は太っていいという人はどんどん食べればよいのですが、ダイエットをしている状態であれば食欲はある程度抑えたいところでしょう。

そしてその旺盛な食欲をどうすれば抑えられるのか?についても関心が高いはず。というわけで、ここでは私が実際に実践している方法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

食欲が増すのは悪いことではない

最初にお伝えしておきたいのは、食欲が増すのは別に悪いことではないということ。一見すると食欲が増す=太るという図式に見えてしまうわけですが、食べて栄養を摂取し体を丈夫にするにするという意味では食欲が無いよりある方が明らかに健康的です。

それでも食欲を抑えたいなら

ただ、食べ過ぎると摂取した脂質や糖質が脂肪として体に蓄えられてしまうわけですが。肥満を避けるためにはある程度の食事制限や有酸素運動が必要になってきますが、簡単なのは食事制限の方と誰もが感じるでしょう。

とは言うものの、食欲が状態での食事制限はかなりきついんです…!
もうね、予想は運動>食事制限くらいの感覚でしょうが、実際にやってみると運動>>>>>>>食事制限って感じ。

習慣にするなら運動のほうが食事制限よりも何倍もラクです。そもそも食欲は人間の3大欲求の一つですので、コントロールするのが難しいのは当たり前。

しかし簡単に食べ過ぎを防ぐ方法もあったりします。それが以下で紹介する方法。結構簡単なので、どうしても食べすぎてしまうという方はチャレンジしてみてくださいな。

方法1:食前に水やプロテインを飲む

まず一つ目の方法ですが、食前に水やプロテインを飲んでおくことです。物理的にお腹を満たしてしまおうという方法ですが、これが物凄く効果がある。

実際おなかが程々に良い状態になれば、それほど食べたいという気持ちも湧きません。お腹が空いている状態なら確実に満腹以上に食べすぎてしまうであろう料理も、半分くらい水やプロテインでかさ増ししておけば強制的に満腹状態に持っていけます。

この方法のポイントは、水分でお腹を満たすことにあります。水であればエネルギーが全く無いので太る心配がありません。プロテインの場合、水よりも腹持ちが良いので食事量をセーブしやすくなりますよ。

無駄なエネルギーを摂取せずに食欲を満足させたい人におすすめの方法です。

方法2:集中力が必要なことを途中で放り出して食事を挟む

2つ目の方法として、集中力が必要な作業を途中で中断して食事をする…、というのも食欲を抑えられます。この場合、食事をする暇も惜しいと言うくらいの作業を突っ込む必要があるので結構大変だったりします。

資格試験の勉強中で一番大事なところだとか、工作の途中、あるいはテレビの録画を見ている最中なんかがあてはまるかも。

こういったタイミングでは食欲よりもそちらの方に意識を持っていかれるので、むしろ食事なんか適当でいいからさっさと続きを!という状態になりますね。

なのでほぼ強制的に食欲は抑えられると思います。

ただし、毎日は出来ないことですから基本は方法1になるかと思います。

方法3:食べたい気持ちを無視する

そして最後はとにかくひたすら食べたい気持ちを我慢する…というもの。アレも食べたい、コレも食べたい、もっともっと食べたい!でもガマン…。

コレが一番ストレスが溜まる方法です。

この方法は短期間なら効果的ですが、大抵の人はただひたすらガマンしているだけなので結局ストレスが溜まって暴食してしまうんですよ…。そうすると全く意味が無いわけで。

そうならないためにも、これらの方法だけでなく自分なりの方法を組み合わせて上手に食欲の波を乗りこなす…これが最も重要な事だと私は思います。

まとめ:食欲があっても腹八分で収めるのが重要!

食欲はあればあるほど良いですが、食べ過ぎは身を滅ぼしかねません。従って、適切な量にセーブしておくのが重要です。

昔の人は言いました。「どんなに美味しいものでも腹八分目にしておけよ」と。これって単純に苦しいからってだけでなく食べ過ぎる事によって、健康にも影響があるという意味も込められているのでしょう。

簡単に食欲を満たすには食前に水分を摂取することです。そしてゆっくり、よく噛んで食べることで満腹中枢を満たすことができます。

まあ最近私は早食い気味になってしまっているので、満腹中枢が満たせているかというとかなり怪しいですが…。

ともあれ、普通はそのようにすれば食欲は思ったよりも簡単に抑えることが可能です。毎日ごはんが美味しい!でも食べすぎて困る!という方はこれらの方法をぜひ今日からでもいいので試してみてもらえればと思います。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top