ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

【DIY】ダンベルラックを約1000円で自作!木材を使ってラックを作成する方法

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
【DIY】ダンベルラックを約1000円で自作!木材を使ってラックを作成する方法

ダンベルって左右分のプレートが複数あるので結構かさばるんですよね。重い上にしかもジャマという…。しょうがないので床に置いておくことになるのですが、ごちゃごちゃして部屋が汚くなってしまいます。

dumbbell-rack_01

↑これはまだ良いほうですが、人によっては他の器具もあってマジでダンベルがスペースを圧迫していることもあると思います。

そこで、ダンベルを収納するためのラックを探してみたりもするわけですが…。個人でも使えそうなのは下のものくらいでしょうか。

いやいや高いよ!しかもそこまで本格的なものは望んでない!ダンベル40kgセット程度向けのダンベルラックは販売されてないし、仮に買おうものならかなりの出費になる…。というかこのダンベルラック自体がデカすぎてジャマ。

だったら安くてコンパクトで使えるやつを自作すればええねん!

そうです、自分が必要とするダンベルラックをDIYで適当に作っちゃえばアホみたいに高いラックを購入しなくて済みますし、希望通りの形に実現できます。

というわけで、ここでは1セットのダンベル用ラックをDIYで自作する方法をお伝えしていきたいと思います。ダンベルを床にぽいっと置きっぱなしにしていて部屋がなかなか片付かない!という人は参考にしてみてもらえれば良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

ダンベル用ラックを自作する方法

まずダンベルラックを自作するには材料と適当な工具が必要になりますので、予め用意しておきましょう。
その前に適当に設計図をババっと考えておきましょう。

ただ、木材を買ってきてから別の作り方があるかも…と思ったらそちらでも構いません。ぶっちゃけ材料を用意するまで図面とかは考えなくても良いような気も。

ダンベル用ラックの材料と必要工具

今回のDIYで使うのは以下の材料です。

・30mm×40mm 垂木(タルキ)
・直径25mmの丸棒
・一文字金具(L字金具もあれば◎)
・木ネジ(長めと短め両方)

これだけです。ざっくりですが材料費は1000円ほどあれば十分揃えられるんじゃないかなと思いますね。
木ネジと一文字金具(L字金具)はタルキを固定するのに使いますが、丸棒の取り付けには別で50~60mm程度の長めのものも必要になりますのでご注意を。

必要工具ですが、今回の作業で私が実際に使ったのは

・ノコギリ(折りたたみでもOK)
・電動ドリルドライバー
・メジャー

ですね。このあたりも購入するとなるとちょっと費用がかさみますが、それでも材料費込で5000円未満には抑えられるはず。私は下の電動ドリルドライバーを使っているのですが、手元にライトがついているのとコンパクトで重くないところが気に入っています。

全てホームセンターで揃えられるはずですので探してみましょう。

早速ダンベルラックを作ろう!

そして材料を揃えたら適当にプレートを配置しながらラックの設計を考えます。

dumbbell-rack_02

凝ったものは作る必要が無いので、こういう感じでベストな配置を考えます。最終的な案がこれ。

dumbbell-rack_03

シャフト用の穴に丸棒を入れておけば下のプレートが動くこともありませんし、丸棒の内側にダンベルをセットしておけば落ちる心配もありません。いちいちプレートを付け替える必要がなくすぐに使えるので、この案を採用しました。

設計図なんか要らなかったんです…。

木材をカットする

dumbbell-rack_04

適当に設計案が決まったら木材をカットします。30*40のタルキなのでツーバイフォー材よりもカットは簡単。必要な長さにどんどんカットしていきます。

dumbbell-rack_05

丸棒も適当な長さにカットし、位置の調整をします。

dumbbell-rack_07

ある程度遊びをもうけておかないとダンベルを取りにくくなるので注意。

木材を金具で固定する

サクサク作業を進めて土台となる部分を完成させました。写真は裏面です。

dumbbell-rack_08

4箇所を一文字金具で留めていますが、これだと裏面に向けて折り曲げる力を加えると簡単に曲がってしまいます。なので、できればL字金具で四隅を補強してあげるといいですね。

丸棒を取り付ける

そして次は丸棒を取り付けます。表面から大きめのスクリューで穴を開けて貫通させます。

dumbbell-rack_09

丸棒にも穴を開けます。結構深めに掘らないと木ネジが途中で入らなくなってしまい、下手するとネジの溝が潰れてしまいます。なので注意しておきましょう!

dumbbell-rack_13

そして裏面から木ネジを差し込み丸棒を取り付けたのがこちら!

dumbbell-rack_14

自作ダンベルラック完成!

dumbbell-rack_15

メチャクチャ簡素な作りですが、機能的には全く問題ありません!
ダンベル使用時は内側ではなく外側から持ち上げると取りやすいです。

dumbbell-rack_16

というわけで適当にゴチャッと放置していたダンベルですが、かなりキレイに片付けられるようになりました。

dumbbell-rack_17

このラックにキャスターを付けて取り回しし易いようにするのも楽しそうだなぁ…と思う今日このごろ。

あ、このダンベルラックの製作時間は1時間くらいですよ。大層なことはしてないので結構簡単に作れます。

ダンベルを床においておくのはジャマだしどうにかしたいと思っているのであれば、DIYなら結構お安くコンパクトにラックが作れるのでぜひ日曜大工として作ってみてもらえればなぁと思います。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top