ライフキッカーズ

ジョギング・ランニング・筋トレでダイエットし体を鍛えて体型維持改善をしたい人のためのサイトです。

背が低いなら体を鍛えておいて損はない理由。大事なものを守れる自信をつけろ!

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
背が低いなら体を鍛えておいて損はない理由。大事なものを守れる自信をつけろ!

あー、「背が高いヤツ羨ましいな~…」と思っている男の人って多いんじゃないですかね。
身長が平均前後かそれよりちょっと高いと、顔の良し悪しよりもスタイルの良さ、衣服の着回しの良さ、総合的な見た目の良さなどが際立ちますよね。はっきり言って男性にも女性にもモテると思う。

「うるせぇ!男は見た目じゃなくてハートだよ!」みたいな綺麗事言ってみたい気もするけど、冷静に考えるとやっぱり背の高い人は背の低い人よりも優位性があると思うんですよね。

何を隠そう私自身が平均身長に満たない人ですからね…うん、悲しいことに。
まあ身長に対するコンプレックスは中学生で卒業したのでもう正直どうでもいいのですが、それでもやっぱり背の高くてカッコイイ人を見ると「あぁ~カッコイイな~俺もあれくらいあればなぁ~」と無意識に感じてしまいます。

それくらい身長って男性にとっては重要なステータスの一部なんだと思います。自然界においては体の大きさがそのまま強さに変わるので、そりゃそうだろって話ですが。

まあそんな「背の低いやつは全て諦めろ」的な卑屈な話をここでしたいわけではありません。むしろ背が低いからこそできることをしっかりと行っていくべきだろうと私は常々意識しています。その一つが、そこそこ強そうな体型をつくることですね。

スポンサーリンク

背が低くてナヨっとした体…そんなので大事なものを守れる自信あります??

くさい話で恐縮ですが、ある程度年齢を経ると、誰だって守っていかなきゃいけないものってできるんですよねー。すっぽんぽんで好き放題荒れ地を走り回っていられるのも多分20代後半くらいまで。

30代が近づくに連れて、徐々に身の回りを固めていくでしょう。そして大抵の人は「自分という存在が自分だけのものではなくなっている」と思います。(まぁ今の時代そういう人ばかりでもないですが…)

極端な例ですがそういうタイミングで、大事なものに危険が迫っているとしましょう。あなたは自分の手でそれらを守りきる自信はありますか?

これは精神的な面だけの話ではなく、物理的にもそうですし、資力的な意味でもそう。体が大きい人は嫌でも骨格が大きくなって筋肉もつきやすいですし、精神的にも物理的に強い状態を維持できるでしょう。(資力面は知らん)

しかし体が小さい人はどうでしょうか。骨格が小さいので体につく筋肉も最低限。これでは精神的・資力的には強くても物理的な面では守りたいものを守りきれるか、ちょっと不安じゃないですか?私は不安でしょうがない。てか、体が小さいとそれだけで精神的にも安心はできないので、頼るべきは資力のみになってしまいます。でも資力もなければ…おい、何も守れねーじゃねーか!

…ってことになりかねないわけです。最近は自然災害も各地で相次いでいるし、いつ自分や家族に降り掛かってくるかわからない時代です。不確定な不安要素の備えて貯蓄をするというのは今や常識ですが、それだけでなくメンタル・体を鍛えて物理的に強くなることも視野に入れておくほうがより安心できるんじゃないか、と私は思うわけです。

特に背が低い人ほど筋力も少ないので、自分の背中に色々乗せ始めているのであれば、きちんとその重みに耐えきれるよう体もメンタルも、そして資力も鍛えていくべきではないでしょうか。

背が低い人が体を鍛えるメリットは2つ

そしてその中で一番手っ取り早く鍛えられて効用の大きいものは、やっぱり自分の体型なんですよ…。背の低い人が体を鍛えて物理的に強くなると、自分の弱点を克服できるというのが1つの大きなメリット。そして物理的な強さを手に入れたことによって自信を持てるというのが2つ目のメリット。

なんだかんだ言ってもね、やはり背の低いメンズはコンプレックスの塊みたいなもんなんですよ…。私の主観ですけど。だから、そのコンプレックスというか弱みを努力でねじ伏せ、ちょっとやそっとじゃヘタレない強い体型を作るべきだろうなと。

ちなみに私はちょい前まで強そうな人とすれ違ったら目線逸らすようにしてました。ダセェ。今は気にせず普通にすれ違います。前よりは意味のない腰の引け方はしなくなったかなぁ…。まあ基本臆病な性格なのは変わらないですけどね。臆病なくらいが無駄なトラブルを起こさず生きていきやすいですから。

あ、あとは単純にちょっと重い物を持ち運ぶ時に「重い」と感じることがなくなりました。これは純粋に鍛えててよかったな~と感じたことです。

人によってはもっとたくさんのメリットを感じられると思いますよ。

体を鍛えたら資力の向上にも繋がるかも?

妄想の範囲内ですが、体を鍛えたら資力が増えるかもしれません。いかにも脳筋な短絡思考なのでサラッと流してくれていいですが、体を鍛えることで自分に自信がでてくる(メンタルが安定する)というのは上でもお伝えしたとおり。これは筋トレすることでセロトニンが分泌促進されることに関係していますが、それがなぜ資力向上に繋がるのか?

よく考えてほしいのですが、お金を得るためには仕事が必要ですよね。では良い仕事はどのように得るか?人との関わり合いが大きいですよね。人との関わりで大切なのって、協調性とか交渉力だとか会話術だとか…ここでは語り尽くせないほどあると思うので他を当たって欲しいところですが、少なくとも人付き合いでは人当たりのよい人と一緒に仕事をしたいと思うのは普通ですよね。俗にコミュニケーション力だとか言われますが、とにかく仕事ができる人はマジでコミュ力も総じて高い傾向にあると私は思ってます。

当たり前ですが、仕事ができれば収入が大きくなるのは言うまでもない。コミュ力が学生の頃から人より頭2つ分くらい抜けていて、就活時期に複数の会社から社長直々にオファーをもらっていた友人がいますが、結局地元に帰ってその地域で頑張ってます。

彼はマジで転職したほうがもっと収入増えるんじゃねーかなとよく思います。まあ人のことなので言いませんが、彼も私と同じくそれほど背は高くなく、日々アパートの自室でほどほどに筋トレして体を鍛えていたことは記憶に新しいです…。彼とは長い付き合いで本当は相当根暗なやつだというのは知っているんですが、それでもあそこまでいろんな企画をポンポン出せたりコミュ力があったりと不思議なヤツでした。

彼は今現在大きな収入を得ているわけではないものの、そのうち大化けするんじゃないかなと密かに期待してます。

まあ何の因果関係もない話ですが、体を鍛えてメンタルを向上させればそのうち資力もあがるんじゃねーの?という脳筋話でした。

背が低いのは仕方ない。卑屈になるのではなく強みに変えればいい

で、まあ最終的に何が言いたいのかというと、背が低いことを言い訳にして弱いままでいる…そんな自分に納得してていいの?ってことです。

将来年金がもらえないかもしれない、勤めている会社がなくなるかもしれない…そんな不安は百も承知で生きているはずですけど、それだけのリスクにとどまらず、家族が増えたり自分の両親の将来のことを想定するとどうでしょう?もっと怖くないですか?

その怖いという気持ちを抑えるために、貯蓄をしたりして備えるわけです。しかしそのお金はどこから出てくるのか?会社が払ってくれる…なんてのは模範解答で、実際は自分が働いて生み出すんですよ。「体が資本」なんてよく言いますけどあれはマジです。

その体が弱々しかったりすぐに病気になる…自分でも「俺って頼りねぇよな…」って感じるのはクソすぎるでしょ?だからこそ、まずは自分自身を守れる程度にはしっかりと体を鍛えておいて損はないと思うんですよ。

特に30代を目前にした人であれば、見た目や見栄ではなく、健康面を特に重要視した上で程々(実用的なレベル)に鍛えておくのが望ましいでしょうね。

私はHMBサプリも活用してだいぶ鍛えられたので、そちらもぜひチェックしてみてもらえればと思います。

背の低い人にとって背の高いヤツは敵…そう思っていた時期が私もありました…。実際は敵なんかでもなんでもないです。本当に戦うべきは弱っちい自分。

そんな弱いクソ野郎の自分はねじ伏せてやる!という勢いで、自分に自信を持てるようしっかりと筋トレで鍛えてみてはどうでしょうか?私は全力でおすすめしときます。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

Return Top