ライフキッカーズ

美容健康・ダイエット・ランニング・自転車などがメインのWEBマガブログ

午前と午後では骨格筋率や体脂肪率が全然違う!計測時間を工夫し正しい数値を出すには

注意!
※この記事にて掲載している写真の無断転載、記事内容のリライト・無断転載・部分転載の一切を禁止します。詳しくはこちらを御覧ください。
午前と午後では骨格筋率や体脂肪率が全然違う!計測時間を工夫し正しい数値を出すには

ダイエットをしている人にとっては体重計(体組成計)は欠かせないツールなわけですが、計測する時間帯によってかなり数値が異なるんですよ。というのも、私はここ数ヶ月データ上は太り気味な傾向にあったんです。で、いつもは起床後すぐ測っていたんですが、とある日に数時間遅れて測ったことがあるんです。その時はただの誤差かな?とスルーしたわけですが、その後もずらした時間帯で計測するとあら不思議。

骨格筋率めっちゃ上がるし、体脂肪率めっちゃ下がる。

いやお前、これどれが正しい数値なんだよ!と戸惑ってしまいました。実際数値を見てみると「1日で変わりすぎだろ!」と思うはずなので、ここでは私の数値を見つつどの時間帯で計測すると正しい数値となるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

時間帯とタイミングで数値は変わる。正確に測るには?

というわけで早速私のデータでどれだけの変化があるのかを見ていきましょう。
以下のデータは9/14と9/15の2日間、複数回数値を取ったものです。

体重はほぼ変わっていないのですが、体脂肪率、骨格筋率が大きく変化していますね。体脂肪率は10%や15%などありえない数値もでてきています。いや実際これが正しい数値化も?と思って数時間後にまたは買ってみたらやっぱり20%台に戻っていたりと安定しません。

なのでオムロンの公式サイトからよくある質問ページをみたところ、この疑問に対する答えに近い情報が掲載されていました。

なぜ数値がこのように大幅に変化するのかというと、体内の水分量が関係しているようです。オムロンの体組成計の場合、電気に対する体の電気抵抗値をもとに各数値を出しているようで、脂肪が多い(水分が少ない)と電気抵抗値が大きく、逆に筋肉が多い(水分が多い)と電気抵抗値が小さいのだそうです。

その情報と事前に登録されている身長や体重、年齢性別といったデータから計算して各数値を出しているようですが、時間帯によって体内の水分量にばらつきがあるため算出される数値にもばらつきがあるようです。

ですから、体内に水分が多すぎたり少なすぎたりすると正確な数値が測れないわけですね。なので、水分量が安定した時間帯に絞って毎日計測するというのが推奨されているようです。

これはオムロンの体重計に限った話ではなく、タニタなんかの競合体重計も同じような原理で動作しているので計測時間についても同じように考える必要があるようです。

どの時間帯に計測するのが良いのか?

で、じゃあ正確に計測するにはどの時間帯が良いのかというと、これもオムロンの公式サイトに掲載されていましたので引用しておきます。


出典:http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf/guide/05.html

この図を見ると起床後と食後2時間経過以降とされていますね。時間帯で言うと朝昼版と3回程度おすすめされています。食前に計測すると骨格筋率や体脂肪率は自然と低い数値になってしまうので、数値にウソをつきたくないなら食後2時間経過後(朝昼晩のどこか)で計測するのが良いと思います。

食前はかなり数値が下がりますが、食後は水分量が安定するのか数値もいつも通りのものになります。起床後も割りと数値が安定しているので良いかなと思いますね。個人的なオススメ計測ポイントは起床後、夕食後になります。どちらの時間帯も忙しくないと思うので、余裕を持って計測できるはず。

あとは毎日決めた時間帯に計測することが大事でしょうね。いつもとは違う時間帯に計測して大きく数値が減ったりしたら体内の水分量がいつもの計測時と違うためだ、と知っていればすぐに時間をずらせばいいと気づくんですけどね。それがわからないと「あれ?ひょっとしていきなりダイエット成功した!?」なんて勘違いが生まれそうです(無いと思いますけど…)。

まとめ:正確に測るため体重は決まった時間帯に測ろう!

というわけで、なにやら突然計測数値がぶれまくったので原因を調べた結果、このようになりました。体内の水分量の増減が数値に関係しているとは思ってなかったです…。というか体組成計の原理も体に電気を通してその抵抗値から割り出しているというのも初めて知りました。

原理がわからなくても体重計は使えますけど、知っていなければ体脂肪率、骨格筋率などの急激な減少や上昇の理由がわからないですし対処法もわかりません

なので、疑問に思ったことはやはり色々と調べてみる必要があるなぁと改めて感じたのでした。まあ最近の人はわからないことはすぐ検索して調べる癖がついていると思うので(私含む)、きっとこの記事にたどり着いたのでしょう。

いずれにせよ、正確な体重を測るためには1日数回測ってみて平均値を出してみるのがベターですが正直面倒くさい。なので、一番水分量が安定していそうな起床後や食後2時間経過後あたりを狙って測るのをおすすめします。

ABOUT THE AUTHOR

KEI
当サイトでは私が実際に試したもの、こと、健康や美容、ダイエット関連の書籍等から得た知識を元に備忘録的に記事を作成しています。記事に記載している内容などは十分に注意していますが、本職は記事内容とは全く関係ございませんので専門知識を持っているわけではありません。ですので間違等あるかもしれません。ご注意くださいませ。ご意見、ご感想等ございましたらお問い合わせよりお願い致します。

こちらもおすすめ

レビュー記事一覧

ニッピコラーゲン100で関節や腰痛予防!無味無臭ですぐ溶け使いやすい

ニッピコラーゲン100で関節や腰痛予防!無味無臭ですぐ溶け使いやすい

たんぱく質と言うとプロテインとか筋肉のイメージがあるかもしれませんが、コラーゲンもたんぱく質の一種。たんぱく質という大枠の中にプロテインもコラーゲンも分類されます。 摂取したたんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、必要に応じてたんぱく質(筋肉...
More

私のダイエット記録

再開ダイエット記録430日目-体重が徐々に減少中

再開ダイエット記録430日目-体重が徐々に減少中

さて、いつの間にか再開ダイエット記録も430日目です。タイトルからネタバレですが、少しずつ体重が減ってきました。それに伴いお腹周りの脂肪も落ちてきたのも確認出来ましたよ! やはり有酸素運動を取り入れることで脂肪は落としやすくなりますね。もち...
More

ダイエットのコツ

午前と午後では骨格筋率や体脂肪率が全然違う!計測時間を工夫し正しい数値を出すには

午前と午後では骨格筋率や体脂肪率が全然違う!計測時間を工夫し正しい数値を出すには

ダイエットをしている人にとっては体重計(体組成計)は欠かせないツールなわけですが、計測する時間帯によってかなり数値が異なるんですよ。というのも、私はここ数ヶ月データ上は太り気味な傾向にあったんです。で、いつもは起床後すぐ測っていたんですが、...
More

ランニング

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

1年ぶりにランニング再開したら体力の落ちっぷりを実感

昨日の記事でランニング再開するという話をしたのですが、早速ランニング再開しました。思い切りがつくと行動に移すのは早い方です。なので前のようにサッと始められたのですが… 久しぶりのランニング…めっちゃきついぞ! まさか自分でもこんなにキツイと...
More

コラム的なもの

指を刃物で切って怪我した時の応急処置方法。痛みってどれくらいなの?

指を刃物で切って怪我した時の応急処置方法。痛みってどれくらいなの?

私はたまに野良仕事もするわけですが、そこで鎌を使うことが割りとあるんですよね。今まで使ってきて怪我したことなど一度もなかったのですが、ついにやってしまいました…。 勢い余って左手人差し指の甲に、鎌の先端がスパッと入っちゃいました…! うお~...
More
Return Top